スポンサードリンク
無料ブログ作成サービス JUGEM
人気ブログランキング くつろぐ ブログ王
■ Mobile
qrcode
マジで刑罰に「去勢」必要だ
大阪府南部で平成19年以降、若い女性が性的暴行や強制わいせつの被害を受ける事件が約10件相次ぎ、大阪府警が4月、うち1件に関与したとして、住居侵入と強姦(ごうかん)の疑いで、アルバイト、○○容疑者(58)を逮捕していたことが25日、捜査関係者への取材で分かった。すでに強姦罪などで起訴されている。時効直前の事件を含め、複数現場の遺留物から渡辺被告のDNA型が検出されており、府警は渡辺被告が一連の事件に関与した可能性が高いとみて捜査している。…捜査関係者によると、渡辺被告は逮捕当初から容疑を認め、「何年も前から他にも何件かやった」などと、一連の事件への関与もほのめかしているという。
起訴状などによると、渡辺被告は、26年8月中旬の未明、府南部のアパート1階の一室に無施錠の窓から侵入。住人の20代女性の口をタオルケットでふさいで「静かにしてたら殺さへん」などと脅し、女性に性的暴行を加えたとされる。
19年夏以降に発生した約10件の事件はいずれも、男がマンションやアパートの低層階の部屋を狙い、未明に無施錠の玄関やベランダから侵入し、就寝中の女性を襲う手口が共通していた。…府警は同一犯の可能性が高いとみて調べたが、目撃情報が乏しい上、1〜2年ごとに発生することもあり、捜査は難航していた。ところが、今年1月下旬、20代の女性が同様の手口で暴行されそうになる事件があり、周辺の防犯カメラ映像を調べたところ、現場付近から立ち去る自転車の男が写っていたことが判明。この映像などから渡辺被告の関与が浮上し、4月下旬に逮捕した。
強姦事件の公訴時効は10年で、19年夏の事件は今年夏に時効を迎える。府警は今後、渡辺被告を再逮捕するなどし、19年夏の事件についても立件に向けて捜査を進める方針。…(産経新聞 http://www.sankei.com/west/news/170526/wst1705260016-n1.html)

明らかになっているのは実際の犯行のほんの一部なのかも知れない。
10年ほど?いや、実際にはもっと長期間かも知れないし、犯行件数は何十件、いや、何百件かも知れない?

こういう輩は残念ながら同種の犯罪の再犯率が高い。
いつの日にか社会に舞い戻ってきたらまた繰り返す可能性、危険性は高いだろう。
悪質な性犯罪を繰り返す奴に有効な対処=刑罰は「去勢+GPS義務装着」しかないでしょ?
人権派と称される弁護士などは批判すると思うが・・もし仮にパートナーや自分の娘が同じような被害を受けても同じことが言えるのか?

法律の存在意義・目的はの主たるものは犯罪の抑止=社会の治安維持の効果だと思う。
善良な一般市民が犯罪被害者になる事こそが最大の権利喪失だ。
被害者はやられ損、犯人が高笑い・では困るのである。
犯罪は抑止されなければならない。
自由と権利を守る為にこそ法律は機能しなければ、その存在する意味がない。

刑罰で「去勢+GPS義務装着」・・法制化を進めるべきだ。
| 愛アース | 法律 | comments(0) | trackbacks(0) | pookmark |
立てこもり犯は原則射殺すべきだ
25日午後5時45分ごろ、東京都台東区浅草のマンションで「女性が『助けて』と出てきた後に包丁を持った男が出てきた」と110番があった。男がこのマンションに住む女性(55)を人質に立てこもったが、午後9時ごろ警視庁捜査1課の特殊捜査班(SIT)が突入、逮捕監禁致傷容疑で現行犯逮捕した。女性は胸や背中を切られるなどしたが意識はあるという。警視庁によると、男は職業不詳の自称○○容疑者(21)=鹿児島県姶良市=。自分で胸を刺したとみられ、意識がない。
SITは二手に分かれて玄関とベランダから室内に入った。女性は縛られておらず、居間に堤容疑者と並んで倒れていた。突入の数分前、女性の「助けて」という小さな声が聞こえたという。
堤容疑者は4月ごろまで女性の20代の娘と交際していた。女性の携帯電話を通じ、警察に「娘を連れてこい」などと要求していた。堤容疑者は24日に娘が1人暮らしをする中野区のマンションを訪れ、管轄する野方署から近づかないよう警告を受けた。25日に女性が娘のマンションに荷物を取りに行ったところ堤容疑者がおり、一緒に台東区のマンションまで来たという。(時事通信 http://www.jiji.com/jc/article?k=2017052501347&g=soc)

やはり被害者出たか、せめて傷つく人が無ければと願っていたが・・お気の毒に。
身勝手すぎる糞野郎。
んなこったから、テメェの思い通りに行かないと凶行に及ぶなどクソ人間だから娘との交際も上手くいくはずねぇだろ。
恐らく金もねぇだろうし不幸にも国費投入して延々と裁判して結審しム所に何年かして娑婆に戻ったら・・また同じような愚行蛮行重ねるだろうな・・残念ながら現実には。
日本の法律は余りに犯人に優しすぎる。
特に凶悪事件には厳罰をもってあたるしかない。
一般の善良な国民を守る為に、治安を守る為に法律という制度は存在していると思うのだが・・機能不全に近い状態になってしまっている。




| 愛アース | 法律 | comments(0) | trackbacks(0) | pookmark |
やってるのは事実なのに手続き云々で無罪って納得できない
覚醒剤取締法違反(所持、使用)と大麻取締法違反の罪に問われた栃木県芳賀町の30代男性の裁判で、宇都宮地裁(二宮信吾裁判長)は無罪判決を言い渡した。判決は22日付。
男性の弁護士によると、昨年8月、県警が男性の採尿のため地裁に請求した令状のうち、「任意の採尿をかたくなに拒否した」と記した点などについて、地裁は「明らかな虚偽と評価できる」とした。尿からは覚醒剤反応が出たが、手続きが違法だとして証拠調べ請求を却下した。その後の捜査で明らかになった大麻取締法違反事件などに関しても、最初の手続きが違法だったため、無罪とした。男性はこの裁判で、無罪になった事件とは別に自動車運転死傷処罰法違反(過失運転致傷)など四つの罪に問われていて、懲役10カ月の実刑判決を言い渡された。(朝日新聞 http://www.asahi.com/articles/ASK5T5FL2K5TUUHB00C.html)

むしろ、そういうルールの方が変なんじゃないの?
| 愛アース | 法律 | comments(0) | trackbacks(0) | pookmark |
希望通り死刑にするべきだ
平成27年11月、東京都江戸川区の自宅アパートに同区の高校3年、岩瀬加奈さん=当時(17)=を誘い込み、首を絞めて殺害し現金を奪ったなどとして、強盗殺人と強盗強姦未遂の罪に問われた無職、○○被告(31)の裁判員裁判の判決公判が23日、東京地裁で開かれた。島田一裁判長は「被告の欲望のために将来を断たれた被害者の無念は察するに余りある」などと述べ、求刑通り無期懲役を言い渡した。
弁護側は「自首しており、懲役30年が相当だ」と主張。青木被告も最終意見陳述で「出所後に償いをするためにも有期懲役にしてほしい。実質的な終身刑となる無期懲役は嫌です」などと述べていた。
一方、加奈さんの両親は「今後、二度と加奈のことを思い出させなくしたい。償いや反省はいらない。極刑にしてほしい」などと意見陳述していた。
島田裁判長は「自己の性的嗜好(しこう)を満たすために、女性を絞殺して乱暴する目的の犯行だったと認められ、身勝手極まりない。いまだに犯行原因を他人のせいにする傾向がある」と指弾。一方、「極刑を望む遺族の心情も十分理解できるが、被害者が一人で自首が成立し、前科・前歴がないことなどを考慮すると、死刑しか選択肢がないとはいえない」と述べた。…(産経新聞 http://www.sankei.com/affairs/news/170523/afr1705230017-n1.html)

テメェ、偉そうに希望など言える立場か!??

平成27年11月、東京都江戸川区の自宅アパートに同区の高校3年、岩瀬加奈さん=当時(17)=を連れ込み、首を絞めて殺害し現金を奪ったなどとして、強盗殺人と強盗強姦未遂の罪に問われた無職、○○被告(31)の裁判員裁判の初公判が16日、東京地裁(島田一裁判長)で開かれた。同日午後には弁護側の被告人質問が行われ、青木被告は「連続殺人をして、死刑になろうと思っていた」などと述べた。…(産経新聞 http://www.sankei.com/affairs/news/170516/afr1705160029-n1.html)

希望は死刑になりたいだったよね。
死刑の希望かなえてやれよ。
それほどの残虐行為で死刑にならないなんてありえないでしょ?
| 愛アース | 法律 | comments(0) | trackbacks(0) | pookmark |
裁判員制度、やめるべきだ
裁判員裁判で市民裁判員が下した一審判決を、プロの裁判官のみで審理する高裁(控訴審)判決で破棄する割合(破棄率)が高まっている。2016年に控訴審を終えた376人中、約13%の49人で一審が破棄された。10年と比較すると約8・4ポイント上昇した。裁判員制度は21日で開始から8年。市民感覚が反映された一審判決を、控訴審でどこまで尊重すべきかが課題となっている。最高裁の司法統計によると、裁判員裁判の控訴審での破棄率は、10年が4・6%。11〜13年も1桁台だったが、14年に11・3%、15年には14・2%にまで上昇し、16年は約13%だった。一方、一審が通常裁判の控訴審判決では、11〜15年の破棄率は9%台で推移し、16年は11・2%に上った。
最高裁の司法研修所は裁判員制度スタート前年の08年、「裁判員による判決を二審もできる限り尊重すべき」との見解を示しているが、控訴審での破棄率は、14年から3年連続で通常裁判を上回っている。
今年は大阪高裁が3月、神戸市の小1女児殺害事件の君野康弘被告(50)と大阪・ミナミの通り魔殺人事件の礒飛(いそひ)京三被告(41)に対し、裁判員裁判で審理された一審の死刑判決をいずれも破棄し、無期懲役とした。控訴審は計画性の程度や従来の量刑との公平性を重視した。…(Yahoo!ニュース https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20170521-00000001-kobenext-soci)

一般的な国民感情を反映させるのが目的とか大上段を構えて仰々しくスタートしたものの裁判員の判断を軽視し従来の判例に沿うだけなら、裁判員制度など要らんだろが。
精神的など裁判員には負担を強いる。
裁判員制度なんて、即刻やめるべきだ!
| 愛アース | 法律 | comments(0) | trackbacks(0) | pookmark |
無線LAN無断使用、合法or違法どっち?
隣人の無線LANのパスワードを解読して使ったことが電波法違反にあたるかが争われ、東京地裁が4月に無罪判決を出したことに絡み、総務省は12日、「同様の事例は電波法違反にあたる」との見解を示した。パスワードの解読のために通信を傍受して悪用することが、電波法が禁じる「無線通信の秘密の窃用(盗んで使うこと)」にあたるという。裁判では、パスワードそのものが通信の秘密にあたるかどうかが争われた。判決は、パスワードは通信されていないため通信の秘密にあたらないと判断され、電波法上は無罪とした。
総務省によると、今回解読されたのは「WEP」という古い方式の暗号で、解読する機器が出回っているという。利用者のパソコンなどが無線LAN機器に送っている通信を傍受し、それを複製して無線LAN機器に送ることでデータを入手、これを分析してパスワードを解読する仕組みだ。
この行為は電波法109条第1項に違反し、1年以下の懲役または50万円以下の罰金が科せられるという。…(朝日新聞 http://www.asahi.com/articles/ASK5D329WK5DULFA004.html)

判決は・・違法ではない
総務省は・違法
結局どっちなの?

それに、無防備にもともと暗号化を設定していない無線LANの場合、当然解析など不要で接続できると思うんだけどそういうケースは総務省としては違法ではない、違法、どっちと判断しているの?
| 愛アース | 法律 | comments(0) | trackbacks(0) | pookmark |
無線LANただ乗りは無罪
他人の無線LANに無断接続する「ただ乗り」は電波法違反に問えないとして、無罪とした東京地裁判決について、東京地検は11日までに控訴しないことを決めた。無線LANの接続パスワードの無断使用を無罪とした判断が確定した。
検察側は、他人の無線LANに無断接続した松山市の無職、○○被告(32)が入手したパスワードについて、電波法が無断使用を禁じる「無線通信の秘密」に当たると主張。しかし地裁は4月27日、「第三者が計算しても求められる」などとし、同法違反は成立しないと判断した。
その上で、金融機関のサーバーに侵入した不正アクセス禁止法違反などの罪を認め、懲役8年を言い渡した。被告側は判決を不服として、10日に控訴している。(時事通信 http://www.jiji.com/jc/article?k=2017051101264&g=soc)

出先で無線LANのただのり利用しようと思ったことはあった。
だけど、ヤバイかヤバくないか自分でも判断つかずに結局断念したことがあった。

そうすると、法的には可ということか。
まぁ、法的に罪に問えないとしても余り喜ばしい歓迎すべきことではないかも。

無線LANの利用は無罪としても、その男は不正送金とかやってるんでしょ?
悪質すぎる。
それなのに判決不服なのか?
どこまで身勝手なんだ。

…被告は遠隔操作ウイルスなどを利用して、複数企業のインターネットバンキングにログインし不正送金させたと指摘。「さまざまなサイバー攻撃を行っており悪質。常習性も顕著で強い非難に値する」と述べた。…(2017/04/27 時事通信 http://www.jiji.com/jc/article?k=2017042701325&g=soc)
| 愛アース | 法律 | comments(0) | trackbacks(0) | pookmark |
心理的に抵抗できなくし、6年間プレハブ小屋で少女2人に性的虐待・福井
抵抗できない状態にあった福井県内の10代少女2人を暴行したなどとして、準強姦などの罪に問われた元コンビニ店経営の無職○○被告(62)=福井市=が、少女に対して小学校低学年のころからそれぞれ約6年にわたり性的虐待を加えていたことが9日分かった。同被告の公判が同日、福井地裁であり、被告人質問で本人が明らかにした。
検察側は追加の冒頭陳述を行い、少女2人に対して小学校低学年のころから性的虐待を加えた上で、親に言わないよう口止めしていたと指摘。少女の前で親やコンビニ店員を大声で怒鳴り、殴るなどしたことで抵抗できない状態になっていたとし、抵抗できないことは被告も未必的に認識していたと述べた。
被告人質問では、少女それぞれに5〜6年、6〜7年にわたって性的虐待を加えていたと八木被告が語った。
起訴状などによると、同被告は2015年9月ごろ、経営していた福井市内のコンビニ店敷地内のプレハブ小屋で、少女2人に対しそれぞれ、性的虐待などにより抵抗できない状態にあることに乗じて暴行したり、わいせつ行為をしたりしたとされる。
同被告は、強姦罪や強制わいせつ罪、スマートフォンで動画を撮影したなどとする児童買春・ポルノ禁止法違反(製造)罪などにも問われている。(Yahoo!ニュース https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20170510-00010001-fukui-l18)

トンデモねぇ鬼畜の所業
2人の少女の心を殺したに等しい蛮行。
可能なら、合法的に即死してほしい。
こういう奴のチ○ポ刑罰でチョン切れるように法改正をするべきだ。

| 愛アース | 法律 | comments(0) | trackbacks(0) | pookmark |
「キチガイの凶行=無罪」という理不尽な法制度は改正すべき
…「バーベキューしただけで刺されて殺されるって、そんなことありますか」
おととい日曜日の7日(2017年5月)に岐阜県瑞浪市の自宅の庭でバーベキューをしていた会社員大脇正人さん(32)が刃物を持ってきた男(26)に腹などを刺され死亡した。兄が涙ながらに無念を語る。
兄は語る。「弟は少年野球のコーチをやっていて、午前中に勝って、嬉しくて、嬉しくて、バーベキューを始めていた。きっと、子どもたちを守ろうと思ったのだろう。最後の野球のコーチだった」
バットの素振りにもクレーム
殺人未遂の現行犯で逮捕されたのは隣に住む無職の男(26)で、これまでも何度も言いがかりをつけていたという。兄によると「子どもが外でバットの素振りをするだけで文句を言ってくるような人でした。"ご近所トラブル"と言ってほしくない」。
男は1人で暮らしていたという。刺したことは認めているが、「殺意は持っていない」といっている。
司会の小倉智昭「一家団欒、バーベキューの最中、お子さんがみている前で、父親が刺されて殺されたんでしょう」
山中章子アナが「ゴールデンウイークの最終日に、こんなことが起きてしまいました。刺した男は、警察によりますと精神的トラブルで通院したこともあったといいます」と説明する。男は大脇さんが自宅の庭でバーベキューをしているところに「音がうるさい」とクレームをつけて来た。大脇さんが道路に連れて行くと、いきなり腹部を刺したという。
小倉「子どものバットの素振りだけでクレームをつけるって、考えられない」
楽しいバーベキューが突然の惨劇になるとは。…(livedoor ニュース http://news.livedoor.com/article/detail/13037067/)

年に一度のGWを友人(家族?)と楽しんでいたであろうに・・一気に暗転し奈落の底へ。
容疑者は精神病院への通院歴があると一部のメディアが伝えていた。
だから、どうした?
精神なんたらという理由で不起訴や裁判で無罪や減刑など加害者側の都合でしかない。
愚行蛮行をやらかした奴が精神的に健全でも非健全でも被る被害の悲惨さは同じ。
法曹界や自称法律専門家の御託はたくさんだ。
この事件については今後、捜査や裁判がどのように進むのか不明だが。
不起訴や無罪で被害者(ご遺族)が納得できるわけねぇだろ。
もし、法的(刑法上)な責任を問うことがもしできないのであればソイツらみたいなヤツは一生社会へ出すべきでない。
何の罪もなく非もない普通の人々が無益に被害を受けることの無い治安上健全な社会が維持されたよう改変を進めるべきだ。
| 愛アース | 法律 | comments(0) | trackbacks(0) | pookmark |
無線LAN「ただ乗り」は無罪・電波法違反の成立否定、東京地裁判決
他人の家の無線LANを勝手に使う「ただ乗り」をしたとして、電波法違反などの罪に問われた松山市の無職、○○被告(31)に、東京地裁(島田一裁判長)は27日、ただ乗りは無罪とする判決を言い渡した。不正アクセス禁止法などの罪は認め、懲役8年(求刑懲役12年)とした。
事件は、無線LANのただ乗り行為が立件された初のケースだった。
判決によると、被告は2014年6月、無許可で無線局を開設し、近所の男性方の無線LAN電波を盗用してインターネットに接続した。このほかに14年2〜6月、銀行の偽サイトに誘導するメールを不特定多数に送信し、取得したIDやパスワードを使って別口座に計約500万円を不正送金した。(産経新聞 http://www.sankei.com/affairs/news/170427/afr1704270024-n1.html)

屋外にノートPC持ち出した時にインターネット接続したくて、接続できそうなのが見つかったんだけど
個人のだと繋ぐのはまずいかもと思い断念したことがあった。
一応法的に電波法違反には問われ無さそう。
まぁ、勝手に流用してタダ乗りはいずれにせよ道義的に好ましくはないだろうけどね。

『銀行の偽サイトに誘導するメールを不特定多数に送信し、取得したIDやパスワードを使って別口座に計約500万円を不正送金』などの不正行為は当然ながら厳罰に処すべき悪事だけどね。
| 愛アース | 法律 | comments(0) | trackbacks(0) | pookmark |
4 7 10 13 16 19 22 25 28 31 34 37 40 43 46 49 52 55 58 61 64 67 70 73 76 79 82 85 88 91 94 97 100 103 106 109 112 115 118 121 124 127 130 133 136 139 142 145 148 151 154 157 160 163 166 169 172 175 178 181 184 187 190 193 196 199 202 205 208 211 214 217 220 223 226 229 232 235 238 241 244 247 250 253 256 259 262 265 268 271 274