スポンサードリンク
無料ブログ作成サービス JUGEM
人気ブログランキング くつろぐ ブログ王
■ Mobile
qrcode
トヨタ、レアアース使用量を大幅に削減できる「省ネオジム耐熱磁石」開発
トヨタは2月20日、レアアース希土類元素)であるネオジム使用大幅削減し、高温環境でも使用できるネオジム耐熱磁石」を発表した。
電気自動車EV)やロボットなどでモーター需要増す、レアアースの調達リスク低減役立ついう
従来のネオジム磁石は、耐熱向上せるため大量のネオジムに加えてレアアースの中でも希少テルビウムTb)やディスプロシウムDy)を使用している
開発の磁石は、TbやDyを使わないだけでなく、ネオジムの一部をレアアースの中でも安価豊富ランタンLa)とセリウムCe)に置き換えた。
そので磁石を構成する微細や、粒の表面の2構造化により効率良くネオジムの磁力活用しつつ耐熱性を向上。
さらにLaとCeを混ぜても磁石の特性悪化させない“特定配合”を発見したという。
トヨタは「ネオジムを最大50%削減しても従来のネオジム磁石と同レベルの耐熱性能持つ磁石を開発することできた」としている。
今後はEVやロボット、発電モーターなど幅広い用途への応用目指し商品適用評価量産技術の開発を進める。…(産経新聞 http://www.sankei.com/economy/news/180221/ecn1802210030-n1.html)

イイネ!
メッチャ、素晴らしい!!
| 愛アース | 科学技術 | comments(0) | trackbacks(0) | pookmark |
環境に優しい・・「土に還る」電池開発
NTTは19日、あらゆるモノインターネット接続され、相互情報やりとりするモノのインターネット(IoT)の発展見据え自然残されたままでも環境への負荷低いツチニカエルでんち」(還る電池)を開発したと発表した。
IoTの農業などへの活用各種センサー屋外にも配置れるようなれば、搭載された電池が自然に悪影響与える事態考えられるためで、NTT今後、「土にるセンサーや回路」とあわせ商品目指す
ツチニカエルでんちは材料に、肥料として使われるミネラル生物由来材料を採用し、従来の電池で使われ、環境への悪影響が考えられるレアメタル除外した。
また、電極固めるために使われるフッ素樹脂も、環境への負荷を考慮して使っていない。
NTTは開発にあたって、ツチニカエルでんちと従来のボタン電池を粉砕し、それぞれ土壌混ぜコマツナ生育調査した。
その結果、ツチニカエルでんちの順調成長したのに対して、ボタン電池の鉢は極端発育悪かったという
IoTは建物工業製品などでの普及だけでなく、農地取り付けたセンサーで土壌の温度管理をするなど、屋外での活用も見込まれている
しかしセンサーに搭載された電池が自然界で放置され、回収されないままでいると、レアメタルなどが土壌や生物に悪影響を及ぼす可能ある
NTTはこの課題解決のため、自然に悪影響を与えない電池の研究進めている。
担当は「今後、センサーがありとあらゆる場所ばらまかれる時代来るが、すべてのセンサーや含まれる電池は回収できるのか」と指摘
われわれ究極にはディスポーザブル使い捨て)なセンサーを目指している」と話している。…(Yahoo!ニュース https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20180220-00000056-san-bus_all)

電池は現代社会になくてはならないものだけど材料や成分に環境汚染してしまうのではないかという不安を持っていたから。
こういう電池が実現できたのは良いですね。
| 愛アース | 科学技術 | comments(0) | trackbacks(0) | pookmark |
多孔性金属錯体を基に高性能消臭剤開発
京都大北川教授らが開発した「多孔金属錯体PCP)」をに、京都中小企業高性能の消を開発した。
たばこなど従来残りがちだった臭い効率除ける
商品れれば、国内では初めてのPCPの実用化になるとみられる
先端知見持つ京大と、長年販売実績ある中小企業がタッグ組んだ。
化学薬品メーカーの「大原パラヂウム化学」(京都市上京)が、PCPの開発によりノーベル候補言われる北川教授の研究する樋口雅一協力て開発した。
PCPは、一辺ナノメートル以下立方体ジャングルジムよう連なっ構造を持つ。
金属イオンが各頂点あり、臭いのもととなる物質引き寄せて立方体取り込む
同社によると、従来の活性炭などに比べて臭いを吸着できるが数なり消えにくいたばこ臭や排せつ臭をほぼ完全取り除けるいう
特殊樹脂混ぜて、さ約1ミリシートなっいる
同社で技術部門統括する齋藤公一さんが2014年7月ごろ、PCPを使っはじく機能材料を北川教授らが開発したという新聞記事読み、樋口助教に連絡取ったのがきっかけ
PCPの構造を知り、「消臭剤にも使えるはず」とひらめいた。
樋口助教から技術指導受け、15年4月から1年かけ消臭剤を完成させた。
現在、消臭剤を使った空調フィルターなどを手がける業者と協力して、商品開発を進めている。…(京都新聞 http://www.kyoto-np.co.jp/environment/article/20180220000046)

へぇー、そんなに画期的なんですか。
応用範囲が広がりそうですね。
| 愛アース | 科学技術 | comments(0) | trackbacks(0) | pookmark |
傷ついた仲間を手当てするアリ
アフリカ生息するマタベレアリ学名Megaponeraanalis)は、狩り襲撃負傷した仲間アリ傷口手当てするとの「驚くべき」研究結果が14日、発表された。
衛生」のアリは仲間が回復するまで看護するという
学術専門英国王立協会紀要ProceedingsoftheRoyalSocietyB)」に掲載された研究論文よると、負ったマタベレアリは仲間によって運ばれ、そこで手当受けるとされる
仲間のアリたち傷ついたアリの傷口をなめるため集合し、衛生兵の役割果たす
この行動は、負傷した兵隊アリのを約80%から10%程度にまで低下せることが、今回の研究で観察された。
ビュルツブルク大学UniversityofWuerzburgバイオセンターの研究チームは、こうした看護行動を人以外動物確認したのは今回の研究が初めてだと主張している
論文の共同執筆で、現在スイスローザンヌ大学(UniversityofLausanne)に所属するエリックフランクErikFrankは「これは、多くの動物において知られている自己治癒ではなく、同じ巣の仲間による手当の行動だ。傷口を集中になめることで、感染防ぐことができる可能高い」と話す
世界最大のアリの一種マタベレアリは、どう猛性格で人をかむこともあるが、負傷したアリを手当てするために巣まで運ぶ、その強力あご役に立つ
アフリカ南部好戦的なマタベレMatabele)の人々ちなん命名されたこの昆虫は、自分より大きなシロアリ捕食する。
狩りの際には200〜600個体縦列組みを襲撃する。
こうした狩猟方式原因で、多くのアリが傷を負う。…(AFP http://www.afpbb.com/articles/-/3162558)

びっくり、虫の世界にも社会性がある。

| 愛アース | 科学技術 | comments(0) | trackbacks(0) | pookmark |
「だらだら食べ」が肥満予防に?
食いなりがちな人は、食べ物よくかん休めながら食事すること減量できる可能あるとする九州大学KyushuUniversity)の研究論文が13日、発表された。
医学ブリティッシュメディカルジャーナルBMJ)のオンライン「BMJOpen」に掲載されたこの研究は、日本人約6万人を対象食べる速度体重増減との関連調べた。
九大の研究チームは論文で、食事の速度は肥満体格指数BMI)の腹囲影響すると指摘し、「食べる速度を遅くすることを目的とした治療介入は、肥満予防や肥満関連の健康リスク低減効果とみられる」と結論づけた。
BMIは身長と体重から算出され、体重が適正範囲どうかを判断する用いられる。
研究チームは、肥満などがきっかけ成人発症する2糖尿診断された患者ら5万9717人の医療保険データ分析
被験者は2008年から2013年にかけて定期受けおり年齢性別、BMI、腹囲、血圧食生活飲酒喫煙有無などを調べた。
その結果、食事の速度がゆっくりグループの4192人は当初から腹囲の平均値が小さく、BMIの平均値は標準範囲内の22.3、肥満割合全体の21.5%だった。
これに対し、早食いのグループの2万2070人では肥満者の割合は44%で、BMIの平均値も肥満気味とされる25だった。
研究チームは、こうした結果は「食べる速度を遅くすることで肥満の減少やBMI値の低下つながることを示唆している」と述べている。…(livedoor ニュース http://news.livedoor.com/article/detail/14295542/)

経験上、だらだら食べていると食欲低下するよな。
食事量が減るからね。
| 愛アース | 科学技術 | comments(0) | trackbacks(0) | pookmark |
アリは人間のための「製薬工場」になるか?
…アリは細菌や真菌類に対する強力殺菌自ら生成しているとの研究論文このほど発表された。
研究は、働き者昆虫であるアリ人間ため製薬工場として利用可能かを調べる目的行われた。
アリの持つ優れた「製薬能力」に関する今回発見は、人類過去100年間開発した有効抗生物質持ちが細菌耐性強化直面して徐々に少なくなっているで発表された。
英国王立協会RoyalSociety)のオンライン科学「ロイヤルソサエティー・オープンサイエンス(RoyalSocietyOpenScience)」に掲載された論文によると、アリ20用い実験では、12種から抗菌物質が見つかったという
論文の共同執筆で、アリゾナ州立大学ArizonaStateUniversity)のクリント・ペニックClintPenickは、AFP取材に「新しい抗菌性化合探すで、アリがその調査対象適していることが今回示された」と語った。
アリはある特殊分泌で抗菌性化合物を生成する
この分泌腺をめぐっては、アリの「化学工場」とも呼ばれている。
「アリはこの腺の分泌物で体の表面覆っおり、中には人が部屋の中で殺菌洗浄剤を利用するのと同じように抗菌性物質を周囲まくアリもいる」とペニック氏は説明する。
研究チームは、アリが作り出した化学物質を表皮ブドウ球菌Staphylococcusepidermidis)で試験した。
人の皮膚表面の常在である表皮ブドウ球菌は、通常無害な細菌だ。
異なる種のアリが生成した化合物には細菌を殺傷する有効性にがあることも分かった。
今回見つかった化学物質で、人の病気引き起こす細菌を対象とした試験はまだ行われていない。
これまでに記録されているアリの種は1万5000種以上上りそれぞれが抗菌作用を持つであろう多種多様な化合物を生成する可能性が高いことを指摘しておくことは重要だ」…(AFP http://www.afpbb.com/articles/-/3162208)

蟻には迷惑な話しだろうけど、人間目線では上手く進んで欲しいと願っている。
虫を含めた動植物の獲得した機能、能力って凄いものだ。
| 愛アース | 科学技術 | comments(0) | trackbacks(0) | pookmark |
不妊化した蚊を大量放虫、米フロリダ州マイアミ
…米フロリダマイアミ保健当局デング熱などの感染媒介する減らすため細菌不妊したネッタイシマカ大量放つ試み進めいる
8日、報道陣向け実演説明行われた。
同地では外来であるネッタイシマカは、デング熱やジカチクングニア熱などを媒介する。
2016年、ジカ熱の拡大受け世界保健機関WHO)は「国際懸念れる公衆衛生緊急事態」を宣言し、同年11月に解除していた。
フロリダ州当局は、殺虫空中地上散布実施してきたが、住民から健康被害効果のなさを指摘する上がっていたため、州は、保健推進するネッタイシマカの不妊化プロジェクトに410万ドル(約4億5000万円)の予算承認した。
されるネッタイシマカは遺伝子操作されているわけではなく、同種の蚊のだけを不妊化する共生細菌「ボルバキア」に感染させてある
開発した企業モスキートメートMosquitoMate)の担当パトリックケリーPatrickKellyは、「生物的な方法で、環境にも非常優しく昆虫人体ペットへの影響ない」と説明。
AFPに対して、ネッタイシマカは外来種であるため、根絶されたとしてもフロリダの生態乱すことはないと述べた。
ブラジルリオデジャネイロでも昨年8月、同じ細菌に感染させたネッタイシマカを大量に放す試みが行われた。…(AFP http://www.afpbb.com/articles/-/3161942)

ブラジルでは半年くらい経過しているけどどんな具合なんだろう?気になる。


| 愛アース | 科学技術 | comments(0) | trackbacks(0) | pookmark |
南海トラフ発生確率「70〜80%」に引き上げ
政府の地震調査委員委員=平田なおし東京教授)は9静岡から九州太平洋延びる南海トラフ今後30以内にマグニチュード(M)8〜9の巨大地震発生する確率を「70〜80%」に引き上げたと発表した。
調査は、毎年1月現在発生確率計算して公表している
時間経過伴い、2014発表した「70%程度」から確率が高まった。
13までは「60〜70%」だった。
今後10以内発生確率これまでの「20〜30%」から「30%程度」に引き上げた。
50以内確率は「90%程度、もしくはそれ以上」に据え置いた。
南海トラフでは、おおむね100〜150おきにM8海溝地震発生してきた。
地震は様々パターン起きることなどを考慮し、調査平均発生間隔を88・2仮定している。…(読売新聞 http://www.yomiuri.co.jp/science/20180209-OYT1T50102.html)

明日起きても不思議ではない。
どうか、備えてください!
| 愛アース | 科学技術 | comments(0) | trackbacks(0) | pookmark |
乳がん転移、アミノ酸制限で減少・マウス実験
ごくありふれアミノ酸体内生成食物からの吸収量を抑えると、乳がん転移阻止できる可能あることマウス使っ実験判明した。
研究結果が7日、発表された。
がん細胞その他臓器拡散し、腫瘍形成する「転移」は、がんつながる作用として知られている
研究チーム今回の研究成果を通じて、がん細胞が女性の胸部発生部位から拡散するのを防ぐ方法もたらされる可能性に期待寄せている。
研究チームによると、マウスを使った今回の実験では、非必須アミノ酸の「アスパラギン」が乳がん拡散でのカギなっている可能性があることが明らかになったという
研究論文科学ネイチャーNature)に発表された。
タンパク質構成単位であるアスパラギンは、がん細胞を含む人体内のあらゆる細胞で生される牛肉乳製品鶏肉魚介アスパラガス大豆などの食物から吸収される。
論文の主執筆である英ケンブリッジがん研究所CancerResearchUKCambridgeInstitute)のグレッグ・ハノン(GregHannonは、マウス実験で「腫瘍細胞のアスパラギン生成能力変化せるか、体内でアスパラギンの可用性低下させる薬剤でマウスを治療する、もしくはからアスパラギンを除去するかのいずれかの方法で、転移を減少させることができた」と説明する。
ハノン氏はAFP取材に、マウスに与える餌に含まれるアスパラギンを減らすと転移が半減したと語った。
また、アスパラギンを制限するその他の方法と組み合わせることで、転移は約20分の1に抑えられたという。…(AFP http://www.afpbb.com/articles/-/3161627)

アスパラギンを除去することが乳がんの転移抑制に繋がりそう。
まだマウス段階だけど、ヒトの乳がんの転移を予防する方法の確立に繋がって欲しいと願っています。
| 愛アース | 科学技術 | comments(0) | trackbacks(0) | pookmark |
1万年前の英国人、黒い肌か?
英国の洞窟見つかった約1ヒトから採取したDNA解析した結果現在英国当時住んでいたヒトがかっ青いで、は「浅黒いから黒い」だったこと明らかなった。
ロンドン自然博物館が7発表した。
研究チームは、英国にいたヒトが白いなったのは、これまで考えられていたよりずっと時代だった可能ある分析している
博物館ユニバーシティ・カレッジ・ロンドンのチームは、1903南西チェダー渓谷見つかった「チェダーマン」の遺伝子調査
チェダーマンは中石器時代狩猟採集で、ほぼ完全見つかっ人骨としては英国最も古い
解析の結果、チェダーマンのには、サハラ砂漠以南アフリカ通常られるよう色素沈着特色あり髪の毛浅黒い巻きだった。
男性身長は166センチ、20代とみられる。…(産経新聞 http://www.sankei.com/world/news/180208/wor1802080031-n1.html)

肌の色はともかくとして。
最近、NHKスペシャルで人体を特集しているけど・・つくづく人体ってうまくできているものだなぁと思うよ。
様々な必要な器官、機能、メカニズム・・どれも驚異的。
長い年月を要したとはいえよくぞここまで進化したよ。
| 愛アース | 科学技術 | comments(0) | trackbacks(0) | pookmark |
4 7 10 13 16 19 22 25 28 31 34 37 40 43 46 49 52 55 58 61 64 67 70 73 76 79 82 85 88 91 94 97 100 103 106 109 112 115 118 121 124 127 130 133 136 139 142 145 148 151 154 157 160 163 166 169 172 175 178 181 184 187 190 193 196 199 202 205 208 211 214 217 220 223 226 229 232 235 238 241 244 247 250 253 256 259 262 265 268 271 274