スポンサードリンク
無料ブログ作成サービス JUGEM
人気ブログランキング くつろぐ ブログ王
■ Mobile
qrcode
ガの幼虫がプラスチックを完全に消化・・ごみ処理問題に有用の可能性
ふだんは釣り餌として養殖されているガの幼虫が、耐久性の高いプラスチックを食べることを発見したとの研究論文が24日、発表された。世界的な問題となっているレジ袋などのプラスチックごみによる環境問題への対策に、この幼虫が一助となる可能性があるという。
論文は、米科学誌カレント・バイオロジー(Current Biology)に掲載された。共同執筆者の英ケンブリッジ大学(University of Cambridge)のパオロ・ボンベーリ(Paolo Bombelli)教授は、「今回の発見は、ごみ処理場や海洋に蓄積しているポリエチレン製のプラスチックごみ除去に寄与する重要な手段となる可能性がある」としている。
レジ袋などに使われるポリエチレンは、生物分解するのに長い年月を要し、リサイクルされない場合、海洋生物を筆頭に環境への影響は大きい。
今回の発見で注目されたのは、ハチノスツヅリガ(学名:Galleria mellonella)の幼虫だ。成虫がミツバチの巣に卵を産み付け、幼虫がこれを餌とする。
論文の主執筆者であるスペインの研究施設「Institute of Biomedicine and Biotechnology of Cantabria」の生物学者、フェデリカ・ベルトッチーニ(Federica Bertocchini)氏が、幼虫が湧いてしまったハチの巣をプラスチック袋に入れておいたところ、多くが穴を開けて外に這い出しているのに気づき、これが研究のきっかけとなった。
研究では、幼虫数百匹をレジ袋の上に乗せて実験を行った。40分後には複数の穴を確認することができ、さらに12時間後には、92ミリグラムが食べられていた。そのスピードは、真菌や微生物よりも格段に速い。
研究チームは、続けて行った実験で、幼虫がプラスチックを完全に消化したことを確認。化学成分を分解していたことが分かった。
今回の研究結果を受けベルトッチーニ氏は、多数の幼虫を使ってプラスチック袋を分解させることは現実的でないとした上で、プラスチック分解物質を環境に害を与えない液体として開発し、プラスチック処理施設で使用するという方法が考えられると説明した。(AFP http://www.afpbb.com/articles/-/3126291)

多数の幼虫でプラスチックを食べさせるという直接的な方法でなくても・・メカニズムの研究により機械的な処理方法の開発へ繋がらないかな?・・期待。
| 愛アース | 科学技術 | comments(0) | trackbacks(0) | pookmark |
不倫発覚のゲス・ペンギンを周りがボコボコに制裁
メスと交尾中だったペンギン(夫)が、その妻や他のペンギンたちにみつかり、ボコボコにされる映像が大きな話題になっている。これ人間の話ではなく、本当に南極にいるあの鳥のこと!
この話題の動画は、今月17日のYouTubeに「When Penguin Gets Caught Cheating」というタイトルで投稿されたもの。
映像を観ると、動物園の飼育舎の片隅で、2匹のペンギンがちょうどおさかんに愛を育んている最中。するともう一匹のペンギンが近づいてきて、その様子を見て唖然…。すると唸り声をあげはじめ、修羅場がはじまるのだ! 首根っこを抑えてボッコボコ、さらには他のペンギンたちも近づいてきて…もう大変。…(excite.ニュース http://www.excite.co.jp/News/entertainment_g/20170420/Mogumogunews_5063.html)

マジか?
ペンギンの世界でそんなことが起きているとは。
ペンギンの世界も厳しいね、人間のようにゲスだらけなんだろうか。
意外にペンギンの知性は高度なのかも?御見逸れしやした。
| 愛アース | 科学技術 | comments(0) | trackbacks(0) | pookmark |
BGMを流す人は無能・・という記事見掛けたが
ある研究チームがBGMの影響を認知テストをさせて確認したところ、
BGMを聞いたグループは成績が低く
無音状態のグループは最も成績が高かったとのこと。
記事に「仕事中にBGMを流す人は無能!英大学の研究で判明」といタイトルがついていた。

もし、BGMで能率が低下するとしても「無能」はひどすぎるんじゃないかな。
無能って能力がないということでしょ。
どっちもヒドイと思うけど・・低能の方がまだマシなんじゃないか。
っていうか、それだけで能力云々は飛躍し過ぎなんじゃないかな。
個人の能力とは別でしょ。
まぁ、そういう作業環境を選択したという時点で劣っていると言えなくもないけど。

行われた実験の詳細はわかりかねる。
同一グループでBGM条件を変えてやったみたのか?
BGMの曲にもよると思う。
要素はアップテンポやスローテンポという違いだけではないと思う。
個々人によって能率が異なるのかも、又、好きな曲とそうでない場合も関係するのかも。
そもそも、その認知テストがどんなものなのか?
まぁ、科学的に意義のある実験方法を用いたとは思うが。

自分の経験上では、繊細なテーマや深く思考するような作業、文章の推敲などの場合は確かに好きな曲も含め一切のBGMは邪魔(効率低下を認識する)に感じる。
大して深く考える必要もない軽い計算や単純作業などでただやたらとボリュームが大きいような作業では好きな曲がBGMで自分としては能率が落ちているとは全く感じない。
仮に嫌いな曲調だと低下しそう。
軽作業の場合でもラジオのように話しが主体の音では聞き入ってしまい多少の能率低下はありそう。

深い思考の場合はもともとBGM聞かないよ。
研究結果が真理だとしてもBGMを聞きたい時は聞くと思う。
その人から見れば「無能」に見えるかも知れないけどね。
| 愛アース | 科学技術 | comments(0) | trackbacks(0) | pookmark |
ツキノワグマのリスク減らす、追い払いロボに期待
東北6県で昨年度、ツキノワグマの出没が7000件を超え、市街地でも目撃事例が目立った。秋田県内では鹿角市で山菜採りの男女4人が相次いでクマに襲われ、死亡する事故が起きた。出没件数の増加や事故の背景には、臆病とされるツキノワグマが人を恐れない「新世代グマ」に変容しつつあると指摘する専門家もいる。クマを巡る環境や社会の変化を探るとともに、被害防止に向けた県内の取り組みを紹介する。最長7メートルになるステンレス製の腕を伸縮させ、ガシャガシャと音を立てて4本の脚で移動する。動きも音も派手なロボットは、秋田県立大システム科学技術学部の斎藤敬准教授(47)=医療工学=が、クマなど鳥獣被害の軽減を目指して開発に取り組む「動物型ロボットかかし」だ。
実用化後は1人乗りの電動シニアカー程度の大きさを想定し、集落や農地周辺、里山を無人で巡回する。その行動は、マタギがクマを銃で威嚇して追い返す「追い払い」に近い。…(Yahoo!ニュース https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20170422-00000034-khks-soci&p=1)

東北地方に限らずクマの出没件数が増加、それに伴ってクマに襲われ死傷する事故も増えている。
人がパトロールするのは危険を伴うので実現を期待したいところ。
でも、山村や里山は道も狭いし結構なワインディング路面だったりすると思う。
結構なヘビーデゥーティさも求められそう。
これは車の自動運転にも通じる技術じゃないのかな。
| 愛アース | 科学技術 | comments(0) | trackbacks(0) | pookmark |
ダイエット飲料飲む人、脳卒中・認知症リスク3倍
人工甘味料入りのダイエット飲料を飲む習慣がある人は、飲まない人より脳卒中や認知症に約3倍なりやすい――。こんな分析結果を米ボストン大などの研究チームが20日付の米心臓協会の専門誌に発表した。理由はわかっていないが、研究者は「毎日飲むなら水を勧める」としている。
研究チームは、砂糖や人工甘味料が入った飲み物の健康への影響をみるため、米マサチューセッツ州フラミンガムで継続して調べている住民のデータを分析した。脳卒中は45歳以上の男女2888人、認知症は60歳以上の1484人を対象に、食生活などの詳細を聞いた後、10年以内に脳卒中を発症した97人と認知症になった81人を調べた。
性別や喫煙習慣、遺伝などが発症に与える影響を差し引くと、人工甘味料入りのダイエット飲料を1日1回以上飲んでいた人は全く飲まない人より約3倍、それぞれ脳卒中や認知症になる確率が高かった。砂糖入り飲料を飲んでいる人では、目立った影響は見られなかったという。
人工甘味料の摂取が発症リスクを高めるのか、発症しやすい体質や生活習慣の人がダイエット飲料を好んで飲んでいるのかは現時点でわからないという。研究チームは「裏付けと原因分析のための研究が必要だ」としている。…(朝日新聞 http://www.asahi.com/articles/ASK4P44GGK4PUHBI01L.html)

えー、どうして?
メカニズムや原因を解明していただきたいです。
それじゃダイエット飲料飲まない方が良いのだろうか?
| 愛アース | 科学技術 | comments(0) | trackbacks(0) | pookmark |
科学技術予算、年3000億円増・2020年度まで
政府は21日の総合科学技術・イノベーション会議で、科学技術予算を2020年度までに4兆4000億円に増やす方針を決めた。17年度予算より9000億円の増加となる。6月にもまとめる「経済財政運営と改革の基本方針」(骨太の方針)に盛り込む。
米欧中などは科学技術予算を伸ばしているのに対し、日本の科学技術予算は近年、3兆5000億円程度(17年度当初予算)で横ばいとなっている。政府は20年頃までに、技術革新の推進などにより国内総生産(GDP)を600兆円に増やす目標を掲げているが、最近は日本の科学技術力の低下も懸念されている。
このため政府は、各省の事業で技術革新を積極的に後押しするため、18年度から3000億円ずつ予算を増やし、20年度には9000億円の上積みを目指す。
増額分の一部は、内閣府が新たに創設する「科学技術イノベーション官民投資拡大推進費」に充てる。予算を集中配分する重点分野を選び、各省の予算に上乗せする費用で、18年度は〈1〉人工知能(AI)やビッグデータ〈2〉センサーやロボット〈3〉道路などのインフラの維持管理や防災・減災――を重点分野にする方針だ。(読売新聞 http://www.yomiuri.co.jp/science/20170421-OYT1T50076.html)

いっすね!大賛成です!

| 愛アース | 科学技術 | comments(0) | trackbacks(0) | pookmark |
食べたくなる気持ち・・脳内神経回路が原因
食べものを見ただけでつい衝動的に食べたくなる気持ちは、目で見た情報を食欲に転換する脳内の神経回路が原因になっていることを、国立遺伝学研究所の武藤彩(あきら)助教らのグループが熱帯魚のゼブラフィッシュの稚魚を使った実験で明らかにした。こうした食欲の衝動は、本能なのか生後の経験なのか解明されていなかった。赤ちゃんが何でも口にくわえたがる行動や、ダイエットがなかなか成功しない理由も、こうした神経回路が原因になっている可能性がある。20日付の英科学誌ネイチャー・コミュニケーションズ電子版に発表した。
グループは、特定の神経回路が興奮すると光るようにゼブラフィッシュを遺伝子操作し、その稚魚にえさのゾウリムシを近づけたところ、興奮して光る脳内の神経回路が新たに見つかったという。
この回路は、視覚をつかさどる部分から食欲をコントロールする部分につながっており、偽のゾウリムシを映像で見せても光った。遺伝子操作でこの神経回路を働かないようにすると、稚魚はゾウリムシに興味を示さず何も食べなくなったことから、経験ではなく神経回路が作用していることが分かったという。…(毎日新聞 http://mainichi.jp/articles/20170421/k00/00m/040/002000c)

過食を抑制するような方法や薬の開発などに繋がると良いですね。
| 愛アース | 科学技術 | comments(0) | trackbacks(0) | pookmark |
核融合研、1億度超えるプラズマ生成
物質同士が融合する核融合反応で生じるエネルギーを利用した発電の実現を目指す自然科学研究機構核融合科学研究所(岐阜県土岐市)は21日、実用化に必要とされる1億2千万度に近づく、1億度を超える高温のプラズマを作り出すことに成功したと発表した。
プラズマは、原子を作る原子核と電子が超高温下でバラバラになって飛び回る状態。この状態で原子核同士が衝突し、別の重い原子核になる反応が核融合で、核融合発電はその際に出たエネルギーを利用する。
研究所は、大型ヘリカル装置(LHD)と呼ばれる高さ約9メートル、直径約13・5メートルの実験装置で水素などを加熱してプラズマを生成。2013年に軽水素を用いた実験で9400万度を達成した。今年3月からは、より高温状態を作り出せる重水素を用いた実験を始め、同15日に初めて1億度を超えたという。…(産経新聞 http://www.sankei.com/west/news/170421/wst1704210044-n1.html)

進展ですね。
将来、人類の力で制御可能な核融合装置は実現可能なのかな。
人類の未来に大きくかかわると思う。
死ぬまでに可否だけでも知りたいものだ。
| 愛アース | 科学技術 | comments(0) | trackbacks(0) | pookmark |
土星探査機カッシーニ、13年間の活動終える
米航空宇宙局(NASA)の土星探査機カッシーニが近く、土星に落下する軌道に入り、13年間にわたった観測を終える。カッシーニはこれまで、土星の輪や表面のしま模様の詳細な画像や、衛星エンケラドスに生命が存在可能な環境があることを示唆するデータなどを地球に送ってきた。NASAによると、カッシーニは22日午前(日本時間同日午後)、衛星タイタンに約980キロまで接近。タイタンの重力を使って軌道を変え、26日には、土星の表面と最も内側の輪の間を通る軌道に入る。その後、土星を22周し、9月15日に表面を至近距離から観測しながら落下し、役割を終える。
カッシーニは、1997年10月に打ち上げられた。2004年に土星軌道に入り、本格的な観測を開始。当初予定した4年間の役回りを終えた後、2度にわたり期間を延長した。燃料が少なくなっており、制御不能になる前に処分する。
エンケラドスなどに落下すると、機体に付着している可能性がある地球の微生物が環境を汚す恐れがあり、それを避ける目的もあるという。(朝日新聞 http://www.asahi.com/articles/ASK4N2C5WK4NUHBI002.html)

>燃料が少なくなっており、制御不能になる前に処分する。
エンケラドスなどに落下すると、機体に付着している可能性がある地球の微生物が環境を汚す恐れがあり、それを避ける目的もある
→なるほど!


長い間、ご苦労様、そして、ありがとう!
| 愛アース | 科学技術 | comments(0) | trackbacks(0) | pookmark |
白内障の進行を抑える効果がある試薬発見
福井大の研究グループは20日、ラットを使った実験で、白内障の進行を抑える効果がある試薬を見つけたと発表した。白内障の治療は現在、濁った水晶体を人工レンズに置き換える外科手術にほぼ限られる。グループは今回の成果を基に、白内障を抑える目薬の開発を進める。
白内障は水晶体が白濁し、視力が低下する病気。症状が進めば、失明する恐れもある。加齢によって発症率は高まるが、40、50代の比較的若い年齢でも糖尿病が原因で発症することもある。
福井大の沖昌也准教授(分子生物学)と高村佳弘准教授(眼科学)らのグループは、糖の培地に浸して人工的に白内障を発症させたラットの水晶体に、特定の遺伝子の働きを妨げる26種類の試薬を別々に加え、水晶体の変化を比較した。試薬は全て研究用に市販されているものを使った。…(毎日新聞 http://mainichi.jp/articles/20170421/k00/00m/040/102000c)

『試薬は全て研究用に市販されているもの』なら実用化まで低コストで実現に繋がるのではないだろうか。
期待できそうですね。
| 愛アース | 科学技術 | comments(0) | trackbacks(0) | pookmark |
4 7 10 13 16 19 22 25 28 31 34 37 40 43 46 49 52 55 58 61 64 67 70 73 76 79 82 85 88 91 94 97 100 103 106 109 112 115 118 121 124 127 130 133 136 139 142 145 148 151 154 157 160 163 166 169 172 175 178 181 184 187 190 193 196 199 202 205 208 211 214 217 220 223 226 229 232 235 238 241 244 247 250 253 256 259 262 265 268 271 274