スポンサードリンク
無料ブログ作成サービス JUGEM
人気ブログランキング くつろぐ ブログ王
■ Mobile
qrcode
末期乳がん、免疫療法で完治・世界初
進行乳がん患い化学療法効かずにがん細胞臓器広がっていた女性患者に対し、免疫働きかける実験治療施しところ、がんが治したとの研究結果を、米国の研究チームが4日発表した。
女性は2年間にわたりがんのない状態維持しており、研究チームはこの結果を末期乳がんに苦しむ患者の治療における「新たな免疫療法アプローチ」と説明
研究に関わっていない専門からは、「躍る」結果だとの上がっいる
免疫療法はこれまで、肺がん子宮がん、白血病メラノーマ悪性黒色)、膀胱がん患者の一部効果あること示されていたが、がんや乳がん、卵巣がんでは突破口開けていなかった。
医学ネイチャー・メディシンNatureMedicine)に掲載された論文よると、当時49だった患者の女性は、従来の治療が失敗したことを受け臨床試験参加
研究チームは、女性から免疫細胞の一であるリンパ取り出し調整を施した体内戻す治療を施した。
研究チームは、女性の腫瘍から取り出したリンパ球を調べ、がん細胞に反応するリンパ球の種類特定
特定されたリンパ球は研究で再活性され、の種類のがんに対する治療で効果が示されている免疫治療「免疫チェックポイント阻害」と共に体内に戻された。
この方法により、「個人合わせた」抗がん治療を実現し、「完全な腫瘍の退」につながったと、研究チームは述べている。…(AFP http://www.afpbb.com/articles/-/3177222)

凄いね、画期的だ。
免疫療法は期待された治療法、益々期待が高まる。

| 愛アース | 科学技術 | comments(0) | trackbacks(0) | pookmark |
JAXA、ISSから超小型衛星を放出する事業を三井物産など2社に開放
宇宙航空研究開発機構JAXA)は29日、国際宇宙ステーションISS)から超小型衛星放出する事業三井物産と宇宙利用ベンチャースペースBD(東京中央)に開放すると発表した。
超小型衛星はインフラ監視通信向け世界需要広がり年間約300投入されている
衛星を載せ打ち上げるロケットビジネスへの国内外企業参入相次ぐなか、宇宙空間にもビジネスの舞台広がってきた。
宇宙飛行若田光一JAXA理事は「民間ならでは発想独自のビジネスにつなげもらいたい」と語った。
超小型衛星はさが100キログラム以下で、1トン超える従来の衛星よりはるか小さい
カメラ民生部品進化し、億円かかっ製作も数億円で済む
JAXA国産ロケットで打ち上げる以外に、2012年から日本の無人輸送こうとり」や米国の無人輸送機に積んでISSに届け、日本の宇宙実験「きぼう」の装置で宇宙空間に送り出している。
きぼうからは、フィリピンブラジルといった国々国内大学地球観測など向けに作った28基を投入してきた。
今後は、JAXAが有償で放出してきた事業を2のビジネスに委ねる
JAXAは輸送や宇宙での作業には関わるものの、放出事業は国際協力目的などに限る方針だ。…(日経新聞 https://www.nikkei.com/article/DGXMZO31099390Z20C18A5000000/)

日本の宇宙開発事業にも民営化の流れと言う事か。
有益で夢があることだけど、事業の採算制ではどうなのかな。


| 愛アース | 科学技術 | comments(0) | trackbacks(0) | pookmark |
京大、臨床用ES細胞作製成功
再生療用ES細胞細胞)の作製成功したと、京都大ウイルス・再生医科学研究所が22日、発表した。
7月以降研究機関提供始める
ヒト受精卵由来するES細胞には倫理課題あるが、iPS細胞(人工多能性幹細胞)と並び再生医療新た選択肢ともなり得る
グループ昨年6月臨床のES細胞作製が政府認められた。
今回の作製を文部科学厚生労働相に届け出て、受理見通したったいう
足立病院京都中京)での不妊治療過程生じる受精した胚のうちカップル破棄意思示していたから、あらためて同意た分の提供を受けた。
ES細胞は安全性に配慮し、iPS細胞と同様培養条件で作製した。
今後備蓄して「ストック」を構築していく。…(京都新聞 http://www.kyoto-np.co.jp/environment/article/20180522000081)

倫理的に心配な点が無いわけではないが、研究には期待したい。
無制限であってはマズいと思うけど線引きが難しい。
治験の全段階では広く検討が必要かも知れないが現時点では研究の範囲なら制限はすべきではない気がする。
| 愛アース | 科学技術 | comments(0) | trackbacks(0) | pookmark |
世界初、月の裏側探査に挑む中国 中継衛星の打ち上げに成功
…中国は21日、月の裏側送る探査地球とのでの通信可能する中継衛星打ち上げ成功した。
年内予定されている月の裏側での探査は、世界ミッションなる
中国国家CNSA)によると、中継衛星「Queqiao)」は同国南西西Xichang)衛星発射センターから、同日未明に打ち上げられた。
国営新華社Xinhua)通信は中継衛星プロジェクト代表が、「今回の打ち上げは、月の裏面に探査機を送っ軟着陸させ、探査を実施する世界初のになるという目標達成ためとなる一だ」と話したと伝えている。
中国は年内に、中国神話登場する月の女神ちなん名付けられた月面探査機「嫦娥Chang¥'e)4」を月の裏側に送る。
今回打ち上げられた衛星は、地球管制および嫦娥4号との間での通信を可能にする。
月の裏側は、地球からは直接見えること決してなく、1959年以降撮影行われてきたが、探査が行われたことはない。…(AFP http://www.afpbb.com/articles/-/3175473)

率直に凄いと思うよ。
上手く行って月の裏側の新しい知見が得られれば良い。
中国の宇宙技術はなかなかハイレベル。

| 愛アース | 科学技術 | comments(0) | trackbacks(0) | pookmark |
京都府警科捜研、犯人の年齢を唾液DNAで速く安く
…殺人事件など犯罪現場残された血液唾液DNAから、半日ほどの短時間年齢推定する手法京都府警科学捜査研究所浜野也専研究(31)が開発した。
現状平均誤差上下約6で、1回当たり程度と低コスト特長
たばこ吸い殻付いた唾液など少量でも判定できる
初動捜査で犯人絞り込むこと役立ち実用期待れる
科捜研よると、DNAによる年齢推定は大学や研究機関学術研究として行われてきた。
ただ、1回当たり数十万円で約1〜2週間かかるため鑑定資料多く迅速さが求められる捜査の現場では使われていない。
DNAでは構造一部に「メチル化」と呼ばれる化学変化起き、年齢によってDNAの特定箇所でメチル化違いある
浜野さんは、捜査でDNAが人か動物かを見分ける日常的に使う融解分析」という技術活用
DNAの二らせん構造を高温分離させ、簡便にメチル化率を測ることに成功した。
現時点では、推定年齢の誤差は若年で数歳、高齢では最大約20歳。
調べるDNAの箇所を現在の2カ所から増やすことで、さらに誤差を小さくできるという
殺人や強盗犯罪などが起きた場合、犯人像の見立ては捜査方針影響与える
浜野さんは「遺留から年齢を推定でき冤罪えんざい防止にもつながる」と期待する。
浜野さんは広島出身
テレビドラマ「科捜研の女」などをて警察の仕事興味持っていたといい東京大学院修了、2012年に京都府警に採用された。
科捜研ではにDNA鑑定に携わる一方、13年から勤務時間京都大大学院・法医学講座通って研究し、今回の手法を考案した。
研究は学界でも高く評価され、論文科学「サイエンティフィック・リポーツ」などに掲載
今年3月には京都大から医学博士授与された。…(Yahoo!ニュース https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20180520-00000004-mai-soci)

牛丼チェーンじゃないけど、速く安くは良いですね。
京都府警科捜研って「科捜研の女」のマリコが活躍するところでしょ?
素晴らしい、犯罪捜査の分野でマリコをも凌ぐ貢献となるかも。
| 愛アース | 科学技術 | comments(0) | trackbacks(0) | pookmark |
ネズミが結核や地雷をにおいで特定か?
貧しい人々救うネズミたち−。
アフリカ東部タンザニアの非政府組織NGO)「アポポ」が、嗅覚優れたネズミを使い結核検出地雷探知取り組んいる
これまで世界中で約10万の地雷・不発見つけ、約1万3千人の結核患者突き止めた。
災害現場での行方不明捜索など、新た可能探り始めている。
「ネズミのおかげ助かった」。
タンザニアの最大都市ダルエスサラームで、女性露天商サベラ・コンバさん(45)が笑み浮かべた。
4年せき止まらず、結核を疑い公立診療訪れたが、2回続け陰性診断された。
原因分からないまま症状悪化し、寝たきりに。
その後コンバさんのたんがアポポの施設送られてネズミが陽性特定適切治療受けることでき回復した。
農作物食い荒らすネズミの悪いイメージ変わった」と力説した。
アポポのネズミはアフリカ原産で、体長平均30〜40センチ大型だ。
結核疑いの人たちのたんを付着させたプレパラート並べ、ネズミがその周り素早く走り回る
結核特有におい察知する立ち止まりぴくぴく動かし知らせる
約9カ月トレーニングで、大半がこうした能力付けるという。…(産経新聞 http://www.sankei.com/life/news/180517/lif1805170008-n1.html)

へぇー、凄い。
そんな能力があるとはびっくり。
| 愛アース | 科学技術 | comments(0) | trackbacks(0) | pookmark |
抗菌薬、乳幼児に使用でアレルギー発症率1.7倍
ペニシリンなどの抗菌を2までに服用した乳幼児は、ぜんそくアトピー皮膚など免疫異常によって起こるアレルギー疾患発症リスクが、服用経験ない乳幼児と比べ1.4〜1.72なるとの調査結果を、国立成育医療研究センターチームまとめた。
抗菌薬は疾患によって必要ケースあるが、効果薄いウイルス性の風邪にも使われ、社会問題している
チームは「不適切使うと、子ども健康損なう恐れがある」と指摘する
調査は、2004年3月〜06年8月生まれ日本人の乳幼児を対象実施
2歳までに抗菌薬を服用した436人と、服用経験のない466人を5歳時点で比べ、アレルギーのぜんそくや鼻炎、アトピー性皮膚炎の発症にがあるかを調べた。
抗菌薬を服用した乳幼児は、服用経験のない乳幼児より、ぜんそくで1.72倍▽鼻炎で1.65倍▽アトピー性皮膚炎で1.4倍−−リスクが高かった。
中でも、多種類細菌効くタイプの第3世代セファロスポリン薬は、効く細菌の種類が少ないペニシリンと比べ、ぜんそくで1.63倍、鼻炎で3.14倍高かった。
詳細不明だが、抗菌薬によって免疫の制御重要細菌がいったん死滅するため、チームは「悪化した腸内環境がアレルギー疾患の発症につながっている可能性がある」とみている。
抗菌薬を巡っては、多用することで薬の効かない耐性出現やすくなるほか、湿疹や食物アレルギーのリスクが高まるとする海外の研究報告もある。
は抗菌薬の適正使用推進する行動計画を16年4月発表し、20年までに使用を13年で33%減らす目標掲げている。…(Yahoo!ニュース https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20180502-00000006-mai-soci)

>抗菌薬によって免疫の制御に重要な腸内細菌がいったん死滅するため、チームは「悪化した腸内環境がアレルギー疾患の発症につながっている可能性がある」

なるほど。
抗菌薬の不適切な使用を控えるべきでしょうね。
| 愛アース | 科学技術 | comments(0) | trackbacks(0) | pookmark |
がん招く肥満、原因一部解明
…肥満になると、がんなりやすくなる―。
統計知られていた事実について、北大遺伝子制御研究所研究グループは24日、原因一部解明したと発表した。
肥満状態マウスに抗炎症アスピリン投与して脂肪細胞の炎症を抑えると、がん細胞の発生そのもの抑えられること分かり、研究グループは「がんを発症するの人に、予防的な治療行える開けるかもしれない」と話す
…研究グループによると、肥満が膵臓すいぞう)がんなどの発症確率高めることは統計学的に示されていたが、原因は分かっていなかった。
研究グループはこれまでの研究で、がん細胞が発生するかなり前の段階で「がん予備の細胞」が周囲正常な細胞によって押し出され、体外排除れる仕組み証明していた。
今回は「肥満になると、この仕組みが働きにくくなるのではないか」との仮説立て検証した。
実験では高脂肪の与えてマウスを太らせ、「がん予備軍の細胞」をさまざま部位に発生させた。
すると、膵臓と小腸で「がん予備軍の細胞」を体外に押し出す仕組みが抑制され、体内残った。
特に膵臓では増殖し、1カ月に小さな腫瘍なった。
「がん予備軍の細胞」は、その細胞ミトコンドリア機能低下し、体外に排除されやすくなる。
しかし、脂肪が増えると、ミトコンドリアの機能が低下せず、体外に排除されにくくなることを確認した。…(Yahoo!ニュース https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20180425-00010000-doshin-sctch)

「がん予備軍の細胞」が体外に排除されにくく・・
がんの発症を予防することができたら良いですね。
研究の進展に期待。
| 愛アース | 科学技術 | comments(0) | trackbacks(0) | pookmark |
衣服に貼り付け可能な太陽電池を開発
化学研究所理研)、東レ東京大学カリフォルニア大学サンタバーバラ早稲田大学らの国際共同研究グループは4月17日、耐熱エネルギー変換効率両立した「超薄型有機太陽電池」を開発したと発表した。
溶ける接着による接着プロセス用いた「ホットメルト手法」で衣服直接貼り付けることできる
今回開発した超薄型有機太陽電池は、基板からまで全て合わせた膜が3マイクロメートルながら最大エネルギー変換効率10パーセント達成
100加熱でも素子劣化無視できるほど小さく高い耐熱性を備えたという
また、大気環境で80日間保管性能劣化も20パーセント以下抑えた。…(日経新聞 https://www.nikkei.com/article/DGXMZO2952291018042018000000/)

発電できる電力の大きさはどうなんだろうか。
流石に大電力ではないだろうけど医療用などに使われていくのではないだろうか・・。
| 愛アース | 科学技術 | comments(0) | trackbacks(0) | pookmark |
がん検査、尿で手軽に
日立製作所は16日、尿用いがん検査実証実験今月から始める発表した。
尿に含まれる物質解析により、小児がんや成人胆道がんなどの有無検出する
医療機関血液採取する従来手法比べ手軽に検査が受けられる利点ある
がんの種類によっても異なるが、早ければ2020年代はじめ実用目指す
日立は尿に含まれる物質を用いたがん検査の技術を15年から研究している
尿千種類の物質から、がんの目印なる物質「バイオマーカー」を数種類抽出し、解析してがんを見分ける
実証実験では半年かけて、尿検体搬送時の温度管理やがんの目印となる物質の測定精度などを検証する。…(日経新聞 https://www.nikkei.com/article/DGXMZO29430500W8A410C1XB0000/)

診断精度がどうなのかわからないけど、血を抜く時の痛さが無いのは良いね。
ローコストで健康診断でも導入できるようになれば良いけど。
| 愛アース | 科学技術 | comments(0) | trackbacks(0) | pookmark |
4 7 10 13 16 19 22 25 28 31 34 37 40 43 46 49 52 55 58 61 64 67 70 73 76 79 82 85 88 91 94 97 100 103 106 109 112 115 118 121 124 127 130 133 136 139 142 145 148 151 154 157 160 163 166 169 172 175 178 181 184 187 190 193 196 199 202 205 208 211 214 217 220 223 226 229 232 235 238 241 244 247 250 253 256 259 262 265 268 271 274