スポンサードリンク
無料ブログ作成サービス JUGEM
人気ブログランキング くつろぐ ブログ王
■ Mobile
qrcode
批判するだけなら幼稚園児でもできる
社民党の又市征治幹事長は21日の記者会見で、安倍晋三首相が臨時国会冒頭で衆院を解散する方針を固めたことについて「北朝鮮の核・ミサイル危機をあおるだけあおって、選挙を行うのは大丈夫だということで、支離滅裂だ」と批判した。
又市氏は朝鮮半島周辺での米韓合同軍事演習中止を首相に働きかけるよう求める考えも示した。又市氏は「挑発しておきながら、北朝鮮が身構えると『けしからん』といって追及するのは筋が通らない」と述べた。(産経新聞 http://www.sankei.com/politics/news/170921/plt1709210052-n1.html)

筋が通らない?

じゃ、どうすりゃーいいの?
対案=打開策、提案してみてくださいよ。
誰かを批判するだけなら3歳児でもできる。


批判だけして対案示さないのは筋が通らないと思うんだが?

話し合いが無駄なことは既に証明されている。
対案示してみろよ。
批判するのなら。

| 愛アース | 政治・行政 | comments(0) | trackbacks(0) | pookmark |
一院制に大賛成!
膨大な国費を投入してまで、参議院を存続させるほどの意味は無いと思う。
主観だが・・参議院には政治的見識も能力も疎い下らなさそうなヤツが多い。
任期が6年でアホや愚行、微犯罪が明らかになっても一旦当選してしまうと容易に罷免することはできないし・・そうなると税金泥棒を放っておくしかない。
国会議員は少数精鋭で良い。

存続するのは衆議院、ひとつだけでいい。
| 愛アース | 政治・行政 | comments(0) | trackbacks(0) | pookmark |
教育の充実は大賛成だが・・
安倍晋三首相は20日午前(日本時間同日深夜)、米ニューヨークの証券取引所で演説した。首相は、新たに政権が掲げる「人づくり革命」について、「実現には大きな財源が必要となる。この問題から逃げることなく答えを出す」と述べ、消費税率10%への引き上げに伴う増収分の使途を見直すことを念頭に、財源を確保する考えを強調した。
首相は「幼児教育の無償化を進め、子育てしやすい環境を整備する」と述べた。一方、大学などの高等教育の無償化に関しては、「所得の低い世帯の真に必要な子どもたち」が対象となるよう所得制限が必要との認識を表明した。(時事通信 https://www.jiji.com/jc/article?k=2017092000762&g=eco)

『幼児教育の無償化を進め、子育てしやすい環境を整備する』
⇒賛成!


『所得の低い世帯の真に必要な子どもたち」が対象となるよう所得制限が必要』
⇒賛成!やはり所得や学力意欲などの対象制限は必要。


『消費税率10%への引き上げに伴う増収分の使途を見直すことを念頭に、財源を確保』

1000兆円超える累積に加えて単年度で大赤字(赤字国債大刷中)。
原則として、赤字分の穴埋めが原則
10%分をまるまる新規事業施策に使ってしまったら財政は全く改善しない。
省庁のボーダーレスに無駄を極限まで極小化。
高齢者の世代も不満はあるだろうけど、世代間で相対的に見た場合若年層より高齢者は手厚く優遇されている。
これからは資産や収入の高い場合は高齢者にも負担増えるのも致し方ないと思う。

未来を担う若者の力を伸ばしてやるのは現役世代、高齢世代の役目。
選挙の集票という見地では逆行するだろうけどしっかり説明すればわかってくれると思う。
| 愛アース | 政治・行政 | comments(0) | trackbacks(0) | pookmark |
「加計問題を説明せず解散・・理解できない」
河野洋平元衆院議長は20日、東京都内の日本記者クラブで記者会見し、臨時国会冒頭での衆院解散について、「安倍首相は(加計かけ学園問題などを)丁寧に説明すると言ってきたのに、一度も丁寧な説明をしないで冒頭で解散する。理解できない」と述べ、首相を批判した。
河野氏はまた、野党が憲法53条に基づいて臨時国会の召集を要求してきたことに関し、「要求された臨時国会をずっと開かず、冒頭に解散する。(首相は)議会制民主主義の本旨を踏まえてほしい」と苦言を呈した。…(読売新聞 http://www.yomiuri.co.jp/election/shugiin/20170920-OYT1T50123.html)

>首相は(加計かけ学園問題などを)丁寧に説明すると言ってきたのに、一度も丁寧な説明をしないで冒頭で解散する。理解できない
>要求された臨時国会をずっと開かず、冒頭に解散する。(首相は)議会制民主主義の本旨を踏まえてほしい」と苦言
→この点に関しては河野氏と全く同意見。
国民が納得できるような説明はない=説明責任を放棄している。
結局、追及を逃れるための誤魔化しにしかみえない。
又、暴投で解散するのなら何でわざわざ臨時国会開くのか、折角開催にこぎつけたというのに。



ただ、別件だが国連での安倍首相の演説はまずまず良かったと思う。

| 愛アース | 政治・行政 | comments(0) | trackbacks(0) | pookmark |
日本も核配備検討すべき、韓国に戦術核再配備協議
マティス米国防長官は18日、米軍の戦術核兵器の韓国への再配備について、韓国側と協議していることを明らかにした。米側が協議している事実を認めたのは初めて。核・ミサイル開発を強行する北朝鮮を強くけん制したものとみられる。
マティス氏は18日、記者団に「我々は同盟国と、彼らが協議したい、あらゆる事柄について率直に対話する」と語り、再配備を巡る意見交換をしていることを認めた。米軍が北朝鮮に対し先制攻撃した場合、北朝鮮が報復し、韓国の首都ソウルに甚大な被害を出すとされているが、北朝鮮による報復攻撃を封じる作戦についても、米軍は実行できるとの認識も示した。
韓国の戦術核兵器は1990年代に撤去されたが、北朝鮮情勢の緊迫化を受け、韓国の宋永武ソンヨンム国防相は検討の必要性を表明。マティス氏との8月末の会談でも、再配備を求める声が出ていることを伝えていた。(読売新聞 http://www.yomiuri.co.jp/world/20170919-OYT1T50056.html)

日本が通常兵器を含め他国へ先制攻撃=軍事的行動に出ることは無い。
又、未来永劫ないと信じている。
しかし、日本が全く望んでいなくとも軍事的状況に巻き込まれる可能性は排除できないし、喫緊にも高まりつつある。
先制攻撃はしない。
しかし、不幸にして先制攻撃を受けてしまった場合は報復せざるをえない・・やられっぱなしというわけにはいかない。国の存亡にかかわるのだから。
だから、報復能力は備えなければならない。それも圧倒的な強さの。
核の攻撃を受ければ相応以上の報復をしなければならない。
核配備の議論を避けるべきでない。
知らないふりしている内に通り過ぎていくとは限らない。

| 愛アース | 政治・行政 | comments(0) | trackbacks(0) | pookmark |
再三、その危険性を指摘されていたにも関わらず・・
原子力規制委員の審査に合格した九州電力川内1、2号機鹿児島)など5原発周辺火山が大規模噴火して原発外部電源失われた場合、非常用ディーゼル発電が使えなくなる可能あることが18規制などへの取材分かった。
最悪ケースでは原子冷却できなくなる恐れある
噴火想定れる火山灰濃度従来比べ最大100程度高くなることが審査判明
電気事業連合会によると、5原発では、発電吸気フィルター詰まりせずに機能維持できるとされる濃度上限超えている。…(中日新聞 http://www.chunichi.co.jp/s/article/2017091801001687.html)

噴火のリスクは以前から、各方面から指摘されていた。
考えたくもないけど、ミサイル被弾のリスク・・今ではゼロではない。

安全に原発を稼働し続けるなんて・・無理なこと。
| 愛アース | 政治・行政 | comments(0) | trackbacks(0) | pookmark |
解散なんてやってる場合じゃねぇだろっ!!
…安倍首相が臨時国会の冒頭にも踏み切ることを検討している衆議院の解散について、民進党の前原代表は17日、「自己保身のための解散に走っている」と批判した。
前原代表は「『自己保身解散』に走ってるとしか言えない」、「(仕事人内閣が)仕事するまえに解散するというのは、何の成果が出ているのか。まさに、森友・加計の疑惑隠しで、とんずら、自己保身、北朝鮮の危機については国民をほったらかし、まさに無責任そのもの」と述べた。…(FNNニュース https://www.fnn-news.com/news/headlines/articles/CONN00370758.html)

民進党・・まったく支持はしていない。
だが、本気で解散・選挙するつもりなら・・前原代表に完全に同意。
自己保身
自民党の党利党略

戦後最大の未曾有の危機の中、国民第一に考えているとはまったく思えない。

『自己保身解散』という見方に完全同意。
| 愛アース | 政治・行政 | comments(0) | trackbacks(0) | pookmark |
尋常でない狂人国家存在する現実踏まえ、核含む日本の攻撃力の高度化を熟考すべき
非核三原則の見直しを検討するよう求めた自民党の石破茂元幹事長の問題提起に対し、政府・自民党の反応が鈍い。目立った賛同者は出ておらず、核武装を訴える声は皆無だ。憲法上は核兵器保有が認められているが、これまで非核政策の見直しを唱えた政治家が激しい批判にさらされてきたことが自由な議論を阻んでいる。浮かんではたたき潰されてきた核論議は、封印が解かれる兆しが見えない。…「現実的に北朝鮮の挑発が次から次へと拡大している中で、党内でさまざまな議論がされるのは自然なことじゃないか」
菅義偉官房長官は今月7日の記者会見で、米軍核兵器の国内配備を求める石破氏の発言について、好意的な姿勢を示した。非核三原則の維持を強調してはいるが、政権幹部が核論議を促したのは異例だ。
だが、自民党内の議論は低調なままだ。岸田文雄政調会長は「米国の核抑止力を信頼している。非核三原則を維持した上で考えるべきだ」と石破氏の提言を否定した。防衛相経験者も「米国はちゃんと核の傘を提供している。落としどころのない議論をしちゃだめだよね」と距離を置く。これまでも核武装や非核三原則の見直しを求める議論はあったが、その都度「言葉狩り」の餌食となってきた。
平成11年10月には、小渕恵三内閣の防衛政務次官だった西村真悟氏(旧自由党)が週刊誌で核武装について「国会で検討してはどうか」と発言し、辞任に追い込まれた。安倍晋三首相も官房副長官時代の14年5月に講演で「核兵器を保有することは憲法の禁ずるところではない」と述べただけで、野党や一部マスコミが問題視した。
第1次安倍政権時代の18年10月には、自民党の中川昭一政調会長(当時)が「核保有の議論はあっていい」と発言すると、野党は首相に対して中川氏の更迭を求めた。当時の米国のブッシュ大統領も「中国の懸念を知っている」と過敏に反応し、急遽来日したライス国務長官が「核の傘」の提供を明言して日本の核保有を牽制した。
ただ、核武装を論じることさえタブーとなったのは米ソ冷戦が終わってからのことだ。安倍首相の祖父、岸信介元首相は昭和32年5月、参院予算委員会で「核兵器と名前がつけば憲法違反かというと、憲法の解釈論としては正しくない」と答弁し、核兵器保有は合憲との認識を示している。
42年12月に佐藤栄作元首相が非核三原則を表明し、45年2月には日本が核拡散防止条約(NPT)に署名したことで政策判断として核保有は否定された。しかし、自身も核武装論者だった中曽根康弘元首相は回顧録で、自民党ハト派の代表格・宏池会(現岸田派)の池田勇人元首相が核兵器保有が必要だと語ったことを明かしている。
冷戦時代は米ソによる核戦争の可能性が現実味を帯び、こうした危機感が核武装を論じる余地を与えていた。だが、冷戦終結から30年近く経過した現在、国際的に孤立する北朝鮮が核開発を進め、国際秩序の見直しを図る中国は大量の核兵器を保有している…(産経新聞 http://www.sankei.com/politics/news/170917/plt1709170006-n1.html)

話し合うことさえタブー視することは言論、論理的観点から逸脱することだ。
不愉快な話しはできることなら聞きたくもない。
しかし、臭い物に蓋をしただけでは臭い物は残り続ける。
耳障りの悪い現実から目をそらしただけでは不都合な現実がそのまま変わらない、否、多くの場合は事態がさらに悪化する。
日本の将来の幸福度を向上させるためには、厳しくとも現実から目をそらすべきではない。

日本に自衛隊はあるがディフェンスに主眼を置くものでオフェンス力=攻撃力は極めて貧弱。
悪意の第三国がミサイル攻撃を仕掛けたとする。
日本の領土に被害を及ぼすことなく100%迎撃できればいいだろうがそんなことは夢物語。
同時に複数攻撃を受けたり想定外の軌道で飛んできたりした場合はさらに迎撃精度が落ちるだろう。
迎撃に成功したとしても破壊したミサイルや迎撃ミサイルの破片などの落下は避けられない。

つまり、ディフェンス能力を備えただけで国を守ることは不可能。
ディフェンス能力を向上させる為にこそ攻撃力は必須。
万一、攻撃された場合に相手が報復を恐れる状況を作っておかなければ相手の思うがままに此方は破壊尽くされるだろう。
だから、日本として高い攻撃能力を備えるべきなのは明白。
此方が攻撃力を持つことで相手側の攻撃マインドを抑止することに繋がる。
更にできることなら考えたくもないが・・日本が核攻撃を受けた場合に相手に対しアメリカが核兵器で報復するのかということ。それがいわゆる核の傘ということになるのだが、それが本当に機能しないということなら独自の核兵器開発も選択肢としては持つべきだ。
「平和」「平和」…と呪文のように念ずれば平和な日本が持続できるわけではない。
平和を維持するための努力が必要。
少なくとも現時点でも国産ミサイルの高性能化を推進するべきだ。

日本から戦争を仕掛けることは未来永劫にないと信じている。
しかし望まなくても不幸にして巻き込まれてしまうリスクはある。
巻き込まれてしまった場合の被害を極小化する為に潜在的に高度な攻撃力を内包する必要がある。
現実を鑑みれば好むと好まざるとにかかわらず・・そこに帰結する。

タブー視なんて百害あって一利なし。
本当に必要な議論であれば見て見ぬふりや先延ばしではなく真正面から論議すべきだ。
現時点での大人達には、子どもたちに平和で幸せ感じる日本を譲り渡す責任がある。

| 愛アース | 政治・行政 | comments(0) | trackbacks(0) | pookmark |
衆議院解散なんてやっている場合じゃない!!
安倍晋三首相は年内に衆院を解散する検討に入ったと与党幹部に伝えた。28日召集の臨時国会冒頭で踏み切ることも視野に、北朝鮮情勢などを見極めて最終決断する。報道各社の世論調査で内閣支持率が回復基調にある中、民進党は離党騒動で混乱しており、局面打開の好機と判断。衆参各院で3分の2を持つ現在の改憲勢力で憲法改正の発議をめざす戦略から方針転換する。…複数の政権幹部が明らかにした。選挙戦ではアベノミクスの成果と継続を訴える見通しだが、国民に信を問う大義は幹部間でも共有されていない。野党の召集要求にようやく応じた臨時国会冒頭での解散は、森友学園・加計学園問題を隠すものだとして野党からの反発は必至。北朝鮮の核実験や弾道ミサイル発射が続く中、政治空白をつくることへの懸念もあり、首相は時期を慎重に見極める考えだ。
解散時期は複数検討しており、最も早い場合は臨時国会召集日の28日。この場合は、10月10日公示〜22日投開票、または17日公示〜29日投開票の日程を想定している。…(朝日新聞 http://www.asahi.com/articles/ASK9J6G3NK9JUTFK00K.html)

先行き不透明で戦後最大の危機に直面するかも知れないというのに・・
北朝鮮があんな状況なのに解散なんてやってる場合じゃないだろっ!
森友学園・加計学園問題に強制幕引きを図る為なのか!?
国や国民じゃなくて、自己保身ばかりだな。呆れ果てる言動だ。

衆議院解散なんてやっている場合じゃない!
| 愛アース | 政治・行政 | comments(0) | trackbacks(0) | pookmark |
原発のミサイル対策なんてできていないでしょ?
電気事業連合会の勝野哲会長は、ミサイルが原発に撃ち込まれても「大量の放射性物質は出ない」と発言しました。
電気事業連合会・勝野哲会長:「ミサイルが(原発に)着弾して建物等に大きな被害が出たとしても、(放射性物質を)冷やす、閉じ込めるという措置はできる限りできるのではないかと」
電気事業連合会の勝野会長は、原発の新たな規制基準が「航空機の突入にも対応できる」とされていることを引き合いに、ミサイルが撃ち込まれても「放射性物質が大量に放出されない」と述べました。しかし、電事連によりますと、原発にはミサイルに特化した対策はされていないということです。(テレ朝news http://news.tv-asahi.co.jp/news_economy/articles/000110141.html)

『(放射性物質を)冷やす、閉じ込めるという措置はできる限りできる』・・「できる限り」がどれほどのものかは?なのだが、何を根拠に楽観視しているのか全く理解不能。
ミサイルは貫通弾で地中深くまでぶ厚いコンクリートを貫通するタイプかも知れない。
爆発の威力もどれほどのものか?
その際には物理的に施設のかなりの部位を破壊される。
言うまでもなく原発の燃料は365日24時間常時水を循環させて冷やし続けなければ熱暴走を起こしメルトダウンしいてはメルトスルーというコントロール不能の状態に陥り最悪の毒物をまき散らす。
外部・内部の配管や電力送電線も破損のリスク、
内部の制御系も同様、
非常用の発電機や装置類も破損のリスク。
ミサイルが通常の爆弾ではなく、生物化学兵器だったら?
考えたくはないけど・・核搭載していて核爆発だったら?・・本気でコントロールできると思っているの???
そんな場所で誰が運転(稼働)させるというの?
津波に襲われた福島第一原発以上に悲惨で厄介な状況になるだろう。


北がこの先どんな行動を起こすのか予想もできないというのに「原発」を更に再稼働したがるとは狂気の沙汰としか思えない。

| 愛アース | 政治・行政 | comments(0) | trackbacks(0) | pookmark |
4 7 10 13 16 19 22 25 28 31 34 37 40 43 46 49 52 55 58 61 64 67 70 73 76 79 82 85 88 91 94 97 100 103 106 109 112 115 118 121 124 127 130 133 136 139 142 145 148 151 154 157 160 163 166 169 172 175 178 181 184 187 190 193 196 199 202 205 208 211 214 217 220 223 226 229 232 235 238 241 244 247 250 253 256 259 262 265 268 271 274