スポンサードリンク
無料ブログ作成サービス JUGEM
人気ブログランキング くつろぐ ブログ王
■ Mobile
qrcode
国内初のワクチン治験開始、新型コロナウイルス
世界競争なっいる新型コロナウイルス感染ワクチン開発で、医療新興企業アンジェス大阪茨木市)は30日、承認得るために人へ投与して安全効果確かめる治験始めたと発表した。
国内でも製薬大手などが開発に乗り出しているが、治験まで進むのは初めて
大阪市立大病院で30人に接種する計画で、2021年以降実用目指す
ワクチンは、接種することで、体内にウイルスの働き抑える抗体でき、感染や重症化を防ぐとされる
早期の実用化が新型コロナウイルスの感染収束つながる期待…(livedoor ニュース https://news.livedoor.com/article/detail/18497738/)

うまく行ってほしい!
供給まで考えれば、やはり日本のワクチンがほしい
| 愛アース | 医学・医療・健康 | comments(0) | - | pookmark |
長時間座り続けるとがんリスクが高まる可能性?
長い時間座り続けいるがんリスク高まる可能あるとの研究結果医学JAMA発表された。
報告主筆で、テキサス大学MDアンダーソンがんセンターでがん予防携わるスーザン・ギルクリスト教授は「動かないこととがんによる死亡の強い関連明らかにみられ最初の研究だ」と述べた。
一方で、少なくとも30分間肉体運動置き換えることで、リスクを低減できるとしている。
ギルクリストは「我々の研究は、座る時間を少なくし、動く時間を増やすということの重要性について補強するものだ」と述べた。
研究では2009年から13年の間、約8000人の参加起きている時間について7日間連続追跡装置装着してもらった。
調査開始時でがんをわずらっていた参加者はいなかった。
参加者は全員、2003年から07年に行われていた3万人の45以上の米成人対象に行われていたより大規模脳卒中に関する研究にも参加していた。
年間の追跡調査を行い、研究者は、最も座りがち人々は、年齢性別疾病状態勘案しても、最も座らない人たち比較して、がんで死亡するリスクが82%高いことを発見した。
に行われた研究では健康的な食事や運動、禁煙といった健康的なライフスタイル選ぶことで、がんによるは50%以上予防可能だということが示されている。
しかし、座ることとがんについて、過去の研究では自己申告であり客観的なデータではなかった。
今回の研究では追跡装置を装着することで、より正確に運動が及ぼす影響について推計することができた。
研究では、座っている時間30分をウォーキングなど軽度な運動に置き換えることでがんになるリスクを8%軽減できることがわかった。
の運動でも31%リスク軽減につながるという。…(livedoor ニュース https://news.livedoor.com/article/detail/18454307/)

からだに良くないだろうとは思っていた。
長い時間座り続け・つまり運動不足に繋がり、肥満、血中脂肪の増加、動脈硬化で脳梗塞や心筋梗塞に繋がるんじゃないかと。
まさかガンのリスクとは意外だった。
やはり適度な運動は必要なんだね、わかっていても実践するのがなかなか…
| 愛アース | 医学・医療・健康 | comments(0) | - | pookmark |
塩野義など、25分で新型コロナ検査
塩野義製薬は22日、新型コロナウイルス新た検査実用向け、日本など3大学ライセンス契約締結合意したと発表した。
専門技師検出機器不要で、唾液などの検体採取から25分程度判定可能なるいう
現在用いられいるPCR検査と同程度の高い精度で、早期実用化を目指す
新たな検査法は「革新核酸増幅法(SATIC法)」と呼ばれ、日本大と東京医科大群馬大共同研究チーム開発
95で約2分間熱した唾液を試薬入れる検査で、コロナを検出する変わり目視感染有無確認できる
同社によると、実用化されれ国内という。
粘液からウイルス特有遺伝子配列検知するのはPCR検査と同じだが、専用装置で遺伝子を増幅する工程必要ないため操作簡単時間手間減らすことができる。
同社は医療機関海外からの渡航の検査への活用想定
具体的な時期未定だが、「早期実用化を目指す」としている。
唾液を使ったPCR検査キットは、タカラバイオシスメックスなどが手がける。…(産経新聞 https://www.sankei.com/economy/news/200622/ecn2006220014-n1.html)

迅速なのもいいし、専門の技師や検出機器不要というのも画期的。
早期の実用化を期待!
| 愛アース | 医学・医療・健康 | comments(0) | - | pookmark |
朝型人間と夜型人間はそもそも脳の特徴が違う?
型は遺伝子関係している考えられているほか性格にも影響あると考えられています。
生活さまざま違い出る朝型/夜型ですが、そもそもにも違いがあることが、3700人以上の脳スキャンから明らかなりました。
…脳は・白質・脳脊髄という3つの組織タイプ分けられ、一般には灰白質は情報処理行い、一方で白質は脳の異なる場所情報共有するための『道路』の役割果たすと考えられています。
共感高い人と低い人では、脳の灰白質の密度質量が異なると、これまでの研究示されてきました。
新たな研究で、イギリスブルネル大学心理上級講師務めるレイノーベリー博士UKバイオバンクからた3730人の脳スキャン画像比較
3730人のサンプルアンケート調査により明確に朝型/夜型と判断されており、ノーベリー博士は朝型/夜型といった行動形式と、脳の特徴関連があるかを調べました。
…この結果、ノーベリー博士は、夜型の人は前部呼ばれる大脳側面にある脳回において、灰白質の体積大きいことを発見しました。
メタ分析過去研究から、社会的な人間関係を築く必要な脳機能にとって灰白質が重要なのはわかっていました。また、楔前部の体積が小さいことは共感・協調協力と関係していることも示されています。これらは、朝型が夜型に比べより社会的行動を取りやすいという考えとも結び付きます」「人がどれだけ同調的なのかを測定することはできませんが、脳にある灰白質のがこれを示していると考えられます」とノーベリー博士はコメント
なお、2013年の研究で、夜型の人はナルシスト精神病質の傾向が高いことも示されています。…(livedoor ニュース https://news.livedoor.com/article/detail/18452634/)

夜型人間は、情報処理を担うとされる灰白質の体積が大きかったというのは意外だった。
有益な作業なら良いけどゲームにはまってしまったりとかに関係はあるのかな。
夜型人間はナルシスト・精神病質・目的のためなら手段を選ばない傾向がある・・ナルシスとなのはいいとして病気や「目的のためなら手段を選ばない」というのは凄く困るよね。
| 愛アース | 医学・医療・健康 | comments(0) | - | pookmark |
うつ病発症の「引き金」物質を確認
過労強いストレスが、なぜうつ病引き起こすのか。
この答え握るウイルス由来たんぱく質を、東京慈恵会医大研究チーム確認した。
このたんぱく質はうつ病の発症リスク大幅高めるいい、このたんぱく質の存在が確認された人は、そうでない人に比べ12・2うつ病になりやすかった。
研究チームはうつ病の血液検査開発や発症の仕組み調べる手がかりなる期待している
慈恵医大の近藤一博教授(ウイルス)らは長年疲労とウイルスの関係調べ、疲労が蓄積する唾液(だえき)に「ヒトヘルペスウイルスHHV)6」が急増すること突き止めていた。
HHV6は、赤ちゃん病気である突発発疹原因ウイルスで、ほぼ全ての人が乳幼児感染し、以降ずっと体内潜伏感染している。
普段休眠しているが、疲れると、HHV6は目覚め弱っ宿主から逃げだそう」と、唾液中にくる
その一部から逆流するで、におい感じる中枢嗅球きゅうきゅう)」に到達し、再感染を起こしていた。
近藤教授らは、再感染すると、嗅球で「SITHシス)1(ワン)」というたんぱく質が作られ、この働きで脳細胞カルシウム過剰流れ込み死んいくことを培養細胞やマウス実験で突き止めた。
さらに、嗅球の細胞によって、記憶つかさどる海馬での神経再生抑制されていた。
ストレス状態置かれたマウスが、状況から逃げる行動あきらめるまでの時間計るうつ状態モデル」とされる実験では、嗅球でこのたんぱく質が作られるようにしたマウスは通常のマウスより早くあきらめ、抗うつ与えると、通常マウス並み戻った。
また、計166人の血液で、このたんぱく質があることの証明になる「抗体」を調べるとうつ病患者の8で確認され、健常人に比べ、うつ病患者で極めて多かった。
これら結果から、研究チームは、過労やストレスからうつ病が発症する経緯を(1)過労などでHHV6が唾液に出る(2)嗅球に再感染し、SITH1を作る(3)SITH1によって嗅球や海馬などで脳細胞の状態が激変する(4)意欲減退などが起きる――という流れではないかと推論している。…(gooニュース https://news.goo.ne.jp/article/asahi/world/ASN6F5VHZN65PPZB00D.html)

なるほど、発症メカニズムを
>(1)過労などでHHV6が唾液に出る
(2)嗅球に再感染し、SITH1を作る
(3)SITH1によって嗅球や海馬などで脳細胞の状態が激変する
(4)意欲減退などが起きる
で説明できそうですね。
新型コロナ禍以降ストレスが高じて鬱っぽい方も増えているかも。
定量的なうつ病の診断や治療薬や治療法の開発に繋がると良いですね。

| 愛アース | 医学・医療・健康 | comments(0) | - | pookmark |
マスク着用で大幅な感染流行抑制効果か
…新型コロナウイルス対策マスク着用により、イタリアで7万8千人、ニューヨーク市で6万6千人以上大幅感染防止つながったとする推計を、米テキサスA&Mなどのチームが11日、米科学電子発表した。
マスクでしぶき空気粒子運ばれるウイルスの減るとみており流行抑制最も効果だと主張している
チームは流行の中心なったイタリア、ニューヨーク市の1月下旬から5月上旬までの感染状況導入された対策を分析
イタリアでは流行が深刻だった北部で、4月6日に公共でのマスク着用を義務、ニューヨーク市でも同17日に義務化した。
その後に感染増加ペース落ちた。
それぞれ3月都市封鎖外出自粛他人から約2メートル以上離れる対策などを導入したが、感染のペースはあまり落ちなかった。…(SankeiBiz https://www.sankeibiz.jp/econome/news/200613/ecb2006130744002-n1.htm)

スゲェ!日本が対処法として正解だった
新型コロナの流行当初海外では日本のマスク文化を小馬鹿にするような余り意味ない等否定的意見が多かった気がするけど最も効果的?おぉ嬉しきお言葉(笑)
ただマスクをぽい捨てして新たなゴミ問題化している国もあるみたい。きちんと捨てましょう

| 愛アース | 医学・医療・健康 | comments(0) | - | pookmark |
iPS網膜の臨床研究了承 厚労省、網膜色素変性症
厚生労働省専門部会は11日、人の人工多能細胞iPS細胞)から作っシート網膜組織を、進行性の難病「網膜色素変性」の患者移植する神戸市立神戸アイセンター病院臨床研究実施了承した。
iPS細胞を使っ再生医療の臨床応用認められたのは国内8
iPS細胞を使った目の病気の臨床研究は、網膜に障害起き視力低下する滲出しんしゅつ変性や、角膜濁る角膜上皮幹細胞疲弊症で実施されている
今回新た計画が認められたことで、さらに研究が加速すると期待れる
同病院の平恭彦院長は11日、「了承され、ひとまず安心している。今後の実施は社会情勢考慮し、安全優先しつつ慎重検討していく」とコメントした。
網膜色素変性症は感じる網膜の細胞が徐々になくなり暗いところもの見えにくくなったり、視野狭くなったりする。
その後、視力が落ちいき失明することもある
国内の推定患者は約4万人で、確立した治療はない。
計画によると、京都大備蓄された他人のiPS細胞から、光に反応する視細胞を含んだ網膜の組織をシート状にして目に移植する。
視野がかなり狭くなった重症の患者が対象で、移植した細胞が異常増えないかどうかといった安全性を1年間かけ検証する。
目が光を感じられるようになったかどうかも確認する。
網膜は目の位置する薄いで、光は視細胞で電気信号変換され視神経通じ伝わる
治療によって視細胞や視神経の機能取り戻すことを目指すが、劇的な視力向上にはさらなる技術革新必要になるという。…(日経新聞 https://www.nikkei.com/article/DGXMZO60250510R10C20A6CR8000/)

網膜色素変性症はまだ治療法が確立しておらず視野狭窄視力低下、最悪失明することもあるという難病とのこと。
大きな治療成果が得られることを期待している。
iPS細胞を使った再生医療の進展に期待している。
| 愛アース | 医学・医療・健康 | comments(0) | - | pookmark |
ロート製薬、幹細胞で新型コロナ治療
…新型コロナウイルス患者に「細胞」という細胞を使っ治療しようとする臨床試験治験)をロート製薬大阪市)が計画している
東京都内で10日にあっ国会議員有志会合で、計画の概要明らかにした。
医薬品医療機器総合機構PMDA)に近く、計画を届け出る
新型コロナで幹細胞を使った治験は国内初めていう
新型コロナの重症は、免疫かかわるたんぱく質暴走し、細胞を傷つけるサイトカインストーム」が関係しているとされる
今回使う間葉系幹細胞は、過剰な免疫反応によって誤っ自分攻撃されてしまうこと抑える効果期待されると、ロート製薬は説明している。
計画では、他人脂肪組織からつくった細胞を使う。
対象人工呼吸装着するなどした重症
1回、1億の細胞を計4回静脈点滴する。
大阪大病院入院した患者を中心に6人で安全有効性を調べる
この細胞は、新潟大病院で肝硬変の患者を対象にした治験ですでに使われており、安全性は確認されているとしている。…(livedoor ニュース https://news.livedoor.com/article/detail/18399450/)

>今回使う間葉系幹細胞は、過剰な免疫反応によって誤って自分の体が攻撃されてしまうことを抑える効果が期待される

大丈夫だとは思うけど、安全性も重視で。
期待通りの効果が出てほしい。




| 愛アース | 医学・医療・健康 | comments(0) | - | pookmark |
免疫獲得の可能性は?新型コロナ
…新型コロナウイルス感染COVID-19)では、軽症でも免疫獲得する可能あるとの研究結果が26日、発表された。
軽度の感染症にかかっ病院職員対象としたフランスの研究で、初期な結果だが免疫は週間持続すると考えられるいう
論文査読まだ完了していないが、新型コロナウイルスに対する免疫機構についてはその詳細解明されていないため今回の結果は「励みなる」と研究チーム述べいる
特に軽症に関してはほぼ不明状態にあるという。
ストラスブールStrasbourg)の大学病院と共同で今回の研究を実施した仏パスツール研究所InstitutPasteur国際保健部門アルノー・フォンタネArnaudFontanetは、「この感染症の重症にかかった患者では症状発現から15日以内抗体作られることすでに明らかなっていた」と説明する。
これが軽症型の患者にも当てはまるということが、今回の研究で明らかになった。ただ、抗体発生比較的低いと考えられる」…研究はストラスブールにある二つの病院の職員を対象に実施された。
COVID-19検査陽性反応示し、軽度の症状を発症していた160人で、過去の感染を調べることを目的とする2種類血清(抗体)検査では、ほぼ全員(160人153人、160人中159人)に、感染症の発症から15日以内に抗体ができていることが示された。
研究ではまた、抗体の感染阻止確認するためのの検査により、対象者の約98%が感染の最初兆候以降28〜41日にわたり免疫を獲得していたことが明らかになった。…(livedoor ニュース https://news.livedoor.com/article/detail/18327453/)

>重症型にかかった患者では症状の発現から15日以内に抗体が作られることはすでに明らかになっていた
>軽症でも免疫を獲得する可能性がある
>ただ、抗体発生率は比較的低いと考えられる

軽症でも免疫を獲得するとしたらGood newsだけど、その持続期間が気になる。
抗体発生率は比較的低い・というのは残念

だから、有効なワクチンの開発が待たれる!!
| 愛アース | 医学・医療・健康 | comments(0) | - | pookmark |
2度検査し「陰性」…経過確認で入院中に「再陽性」
埼玉川口市は23日、新たに同市のパート女性(20代)が新型コロナウイルス感染したこと確認されたと発表した。
県内の感染累計999人となった。
さいたま市は、4月に感染が判明し、いったん陰性となった同市の女性(80歳代)が、再陽性になったと発表した。
2人とも重症はしていないという
さいたま市の発表によると、再陽性となった女性は、発熱などの症状あり4月5日に入院し、同10日に感染が確認された。
症状が改善したため5月上旬に2検査をしたところ、陰性だったという。
その後も、経過を確認するため入院を続けていたところ、20日に発熱し、再検査で22日に再陽性が判明した。
県によると23日現在指定医療機関の入院者は36人、一般医療機関の入院者は54人、ホテル療養は10人、自宅療養は4人。
医療機関の退院やホテル・自宅療養の終了者は848人となっている。…(livedoor ニュース https://news.livedoor.com/article/detail/18307744/)

この病気・感染症の厄介な点の一つ。
陰性になったはずなのに少し時間が経過してから再陽性化。
その症状も含めて効果のある治療薬できると良いのだが。

| 愛アース | 医学・医療・健康 | comments(0) | - | pookmark |
4 7 10 13 16 19 22 25 28 31 34 37 40 43 46 49 52 55 58 61 64 67 70 73 76 79 82 85 88 91 94 97 100 103 106 109 112 115 118 121 124 127 130 133 136 139 142 145 148 151 154 157 160 163 166 169 172 175 178 181 184 187 190 193 196 199 202 205 208 211 214 217 220 223 226 229 232 235 238 241 244 247 250 253 256 259 262 265 268 271 274