スポンサードリンク
無料ブログ作成サービス JUGEM
人気ブログランキング くつろぐ ブログ王
■ Mobile
qrcode
スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

| スポンサードリンク | - | - | - | pookmark |
←prev entry Top next entry→
なんで、1審破棄?
・「完黙」被告、2審は無期懲役 裁判員裁判の死刑判決、初めて破棄 東京高裁
妻子に対する殺人罪などで20年間服役し、刑務所から出所半年後に、見ず知らずの男性を殺害したとして、強盗殺人などの罪に問われた無職、伊能和夫被告(62)の控訴審判決公判が20日、東京高裁で開かれた。村瀬均裁判長は「1審判決は前科を過度に重視しすぎた」として、死刑とした1審東京地裁の裁判員裁判判決を破棄、無期懲役を言い渡した。
裁判員裁判の死刑判決が破棄されるのは初めて。
弁護側は「被告が犯人との証明はされていない」と無罪を主張。伊能被告は捜査段階から黙秘し、控訴審でも被告人質問に答えなかったが、判決は犯行を認定した。
平成23年3月の1審判決は、殺害現場から伊能被告の掌紋が見つかったことや、被告の靴に男性の血液が付着していたことなどから、男性方へ侵入したと認定。「刑を決める上で前科を特に重視すべきだ」として、求刑通り死刑を言い渡していた。
1審判決によると、伊能被告は昭和63年、妻を刺殺した後、自宅に放火し、子供を焼死させたなどとして懲役20年の判決を受け、服役した。出所から半年がたった平成21年11月、東京・南青山の飲食店店長、五十嵐信次さん=当時(74)=方に強盗目的で侵入。五十嵐さんの首を包丁で刺して殺害した。(産経新聞)

・裁判員の死刑、初めて破棄=完全黙秘の男、二審は無期−東京高裁
2009年に東京都港区のマンションで男性を殺害したとして強盗殺人などの罪に問われ、一審東京地裁の裁判員裁判で死刑とされた無職伊能和夫被告(62)の控訴審判決が20日、東京高裁であった。村瀬均裁判長は「一審は人の生命を奪った前科を重視し過ぎた誤りがある」と述べ、一審判決を破棄し、無期懲役を言い渡した。控訴審が裁判員裁判の死刑判決を覆したのは初めて。弁護側が控訴していた。
一審判決は、現場から採取された伊能被告の掌紋などから犯人と認定。その上で、伊能被告が過去に妻子を殺害し、20年間服役したにもかかわらず、出所後半年で犯行に及んだことから、死刑はやむを得ないと判断していた。
控訴審判決で村瀬裁判長は、被害者が1人で死刑とされた過去の強盗殺人罪の被告は、似たような前科で無期懲役とされ仮出所中の場合などだと指摘した。
その上で、伊能被告の前科は浮気を疑い妻を刺殺し、一家心中を図って自宅に火を付け次女を焼死させた事案で、強盗殺人とは異なると指摘。同被告は満期出所しており、更生の可能性があるとした。
村瀬裁判長は「一審は裁判員と裁判官が評議で議論を尽くした結果だが、前科を重視して死刑を選択するのは疑問があり、破棄は免れない」と述べた。
伊能被告は捜査、一審を通じて完全黙秘し、控訴審にも出廷しなかった。(時事通信)

>平成23年3月の1審判決は、殺害現場から伊能被告の掌紋が見つかったことや、被告の靴に男性の血液が付着していたことなどから、男性方へ侵入したと認定。
>被告は完全黙秘。

>村瀬裁判長は「一審は裁判員と裁判官が評議で議論を尽くした結果だが、前科を重視して死刑を選択するのは疑問があり、破棄は免れない」
→社会正義を考えて判決を出しているのだろうか?
前科などの履歴はその人物の特性の一部を示しているので、決して無視できない。
前科を軽視するから、凶悪事件の犯人が出所後同じような事件を繰り返すケースが多いんじゃないの?
反省しているなら被告は完全黙秘という態度ではなく、もっと捜査に協力するだろう。
殺害現場に被告の掌紋があった件や被告の靴に被害者の血液が付着した件についての合理的な供述があったのか?

法曹家でもない一般の人を裁判員と強制的に指名して、PTSDになる人が出るほど辛い思いをさせてまで出した結論を無視。
裁判員は法律家じゃない、法的知識も豊富じゃないし法廷テクニックも高くない。
国民感覚を取り入れたかったんじゃないの?
「前科を重視して・・」云々と批判的な論調は国民感覚を無視している。
前科を重視するのが一般的な国民感覚ということ。
それなら、最初から裁判員制度なんてやるべきでない。
それほど1審を軽視するなら、裁判員制度なんていう巨大で無駄なシステムは速やかに廃止すべきだ。

破棄する理由としては不充分で納得できない。
| 愛アース | 法律 | comments(0) | trackbacks(0) | pookmark |
スポンサーサイト
| スポンサードリンク | - | - | - | pookmark |
Comment
name:
email:
url:
comments:
Trackback
http://aiearth.jugem.jp/trackback/10088
4 7 10 13 16 19 22 25 28 31 34 37 40 43 46 49 52 55 58 61 64 67 70 73 76 79 82 85 88 91 94 97 100 103 106 109 112 115 118 121 124 127 130 133 136 139 142 145 148 151 154 157 160 163 166 169 172 175 178 181 184 187 190 193 196 199 202 205 208 211 214 217 220 223 226 229 232 235 238 241 244 247 250 253 256 259 262 265 268 271 274