スポンサードリンク
無料ブログ作成サービス JUGEM
人気ブログランキング くつろぐ ブログ王
■ Mobile
qrcode
←prev entry Top next entry→
「撤回が妥当」、東大論文に改ざん・捏造43本
東京大分細胞生物研究所加藤茂明元教授らが発表した論文に多数改ざんや捏造があり、43本は「撤回妥当」とする予備調査報告書を東大がまとめことが25日、東大関係への取材分かった。
加藤元教授分子生物学研究の第一人者で、公的資金を使った研究も多かった。
取材に対し「改ざん捏造あったのは事実」と認め、指摘された論文は撤回すると語った。
国内では近年、論文不正相次いでおり、対策が求められそうだ。
東大は外部からの指摘受け、1996〜2011年に加藤教授関わっ論文165調査
同一画像使い回し多数見つかったほか、画像に反転などの加工をした画像として使っていたケースもあった。
報告書は「明らか意図改ざん捏造」「悪質」などと批判。
加藤教授直接作成関わっていないにせよ東大学術研究に対する社会的な信用損なう事態を招き若い研究者の将来に悪影響を与えた。
重大責任を負うべき」と指摘している。(産経新聞)
特に東大だけに、余計にガッカリだな。
そんなことしたらいずれバレると予想できただろうに。
しっかりしてくれよ。
| 愛アース | 科学技術 | comments(0) | trackbacks(0) | pookmark |
スポンサーサイト
| スポンサードリンク | - | - | - | pookmark |
Comment
name:
email:
url:
comments:
Trackback
トラックバック機能は終了しました。
4 7 10 13 16 19 22 25 28 31 34 37 40 43 46 49 52 55 58 61 64 67 70 73 76 79 82 85 88 91 94 97 100 103 106 109 112 115 118 121 124 127 130 133 136 139 142 145 148 151 154 157 160 163 166 169 172 175 178 181 184 187 190 193 196 199 202 205 208 211 214 217 220 223 226 229 232 235 238 241 244 247 250 253 256 259 262 265 268 271 274