スポンサードリンク
無料ブログ作成サービス JUGEM
人気ブログランキング くつろぐ ブログ王
■ Mobile
qrcode
スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

| スポンサードリンク | - | - | - | pookmark |
←prev entry Top next entry→
杉並の親子強殺事件、東京地裁で初公判
東京都杉並区で今年一月、無職野元富恵さん=当時(86)と、長男の会社員新一郎さん=同(61)=が自宅で刺殺された事件で、強盗殺人の罪に問われた元大学生志村裕史被告(22)の初公判が二十一日、東京地裁(青柳勤裁判長)で開かれた。志村被告は「殺意は抱いていませんでした」と殺意を否認した。
弁護側は心神耗弱を主張し、刑事責任能力を争う姿勢を示した。

検察側は冒頭陳述で、金銭を奪うことが動機だったと指摘。
取り調べを録画したDVDを使って立証すると述べた。
法廷でプロジェクターを使って犯行現場を図解で示したり、犯行に至るまでの行動をパネルに掲げたりし、裁判員制度を意識した立証を展開した。

弁護側は冒頭陳述で、新一郎さん殺害について「もみ合った際にナイフが左胸に刺さった」と主張。
犯行を認めた供述調書についても「検察官から圧力をかけられた」とし、任意性を否定した。

検察側の冒頭陳述によると、志村被告は一月二十五日午前三時ごろ、自宅近くに住む野元さん宅で富恵さんと新一郎さんをナイフで刺殺し、現金約四万七千円やクレジットカードなどを奪った。

犯行後にいったん帰宅したが、同日午後四時ごろに再び野元さん宅に侵入し、室内を物色した。(東京新聞)

「弁護側は心神耗弱を主張」→また始まったよ。常套手段。

犯行を認めた供述調書についても「検察官から圧力をかけられた」→取り調べを録画したDVDで確認すれば明確になるでしょ。
| | 法律 | comments(0) | trackbacks(0) | pookmark |
スポンサーサイト
| スポンサードリンク | - | - | - | pookmark |
Comment
name:
email:
url:
comments:
Trackback
http://aiearth.jugem.jp/trackback/1442
4 7 10 13 16 19 22 25 28 31 34 37 40 43 46 49 52 55 58 61 64 67 70 73 76 79 82 85 88 91 94 97 100 103 106 109 112 115 118 121 124 127 130 133 136 139 142 145 148 151 154 157 160 163 166 169 172 175 178 181 184 187 190 193 196 199 202 205 208 211 214 217 220 223 226 229 232 235 238 241 244 247 250 253 256 259 262 265 268 271 274