スポンサードリンク
無料ブログ作成サービス JUGEM
人気ブログランキング くつろぐ ブログ王
■ Mobile
qrcode
←prev entry Top next entry→
配列のように扱う方法
同種のコントロールを複数使いたい時に有効。
例えば、テキストボックスがtxtコード01、txtコード02などと複数ある場合

For lngW1 = 1 To 10
strW1 = Format(lngW1, "00")
varW1 = Me("txtコード" & strW1).Value
・・・
ループの毎に
varW1には「me.txtコード01.Value」、「me.txtコード02.Value」、…、「me.txtコード10.Value」
がセットされる。

配列ではないが、配列に近い使い方ができる。
| 愛アース | 備忘録・ACCESS | comments(0) | trackbacks(0) | pookmark |
スポンサーサイト
| スポンサードリンク | - | - | - | pookmark |
Comment
name:
email:
url:
comments:
Trackback
トラックバック機能は終了しました。
4 7 10 13 16 19 22 25 28 31 34 37 40 43 46 49 52 55 58 61 64 67 70 73 76 79 82 85 88 91 94 97 100 103 106 109 112 115 118 121 124 127 130 133 136 139 142 145 148 151 154 157 160 163 166 169 172 175 178 181 184 187 190 193 196 199 202 205 208 211 214 217 220 223 226 229 232 235 238 241 244 247 250 253 256 259 262 265 268 271 274