スポンサードリンク
無料ブログ作成サービス JUGEM
人気ブログランキング くつろぐ ブログ王
■ Mobile
qrcode
スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

| スポンサードリンク | - | - | - | pookmark |
←prev entry Top next entry→
裁判員制度、廃止すべきだ・差し戻し続く裁判員裁判
東京都三鷹平成25に起きたストーカー殺人事件控訴で、東京高裁が1判決を破棄し、東京地裁審理差し戻した。
リベンジポルノを過大した判決を不当と判断した今回東京高裁判決を含め、1審裁判裁判を高裁破棄して地裁差し戻しケースは、平成21から昨年まで10
制度開始から間もなく6を迎える高裁最高裁からは、評議のあり方量刑に対する考え方など、裁判裁判への注文続いており、「裁判官がどんなこと重視しているのかについて、裁判積極説明しようという姿勢の表れではないか」とのある
昨年7月最高裁が、傷害致死事件検察求刑の1・5懲役命じ裁判裁判追認した2審判決破棄した際には、「過去の大まかな量刑傾向共通認識として評議深めいくこと求められいる」と、刑事裁判前提である量刑の公平性を重視した。
そので、先例とは大きく違う量刑言い渡すには「根拠具体説得示すべきだ」とした。
また、裁判裁判での死刑判決控訴無期懲役とされた2の強盗殺人事件に対する決定最高裁今月死刑言い渡すに「各要素総合評価し、公平確保踏まえ議論深める必要ある」とした。
最高裁判断いずれも、裁判官が判決を検討するの考え方を裁判員に示しただ。
裁判制度に関する情報発信行う裁判ネット」代表理事大城聡弁護士(40)は「制度開始比べ最高裁高裁は、1判決なぜ破棄するのかという理由を、判決裁判に対しても積極説明しようとしている姿勢がみえる」と指摘
「裁判官がどんなことを重視しているのかを国民伝えることが、国民参加の制度では必要だ」とみる
一方で、今回高裁判決については、「非公開行われる公判前整理手続き問題浮かび上がった」とする
大城弁護士は「裁判が関与できない公判整理手続き理由判断否定されれば、裁判には『自分たち話し合っことだったのか』と疑問が出るだろう」とす。(産経新聞 http://www.sankei.com/affairs/news/150206/afr1502060064-n1.html)
裁判員制度を廃止すべき。
| 愛アース | 法律 | comments(0) | trackbacks(0) | pookmark |
スポンサーサイト
| スポンサードリンク | - | - | - | pookmark |
Comment
name:
email:
url:
comments:
Trackback
http://aiearth.jugem.jp/trackback/17709
4 7 10 13 16 19 22 25 28 31 34 37 40 43 46 49 52 55 58 61 64 67 70 73 76 79 82 85 88 91 94 97 100 103 106 109 112 115 118 121 124 127 130 133 136 139 142 145 148 151 154 157 160 163 166 169 172 175 178 181 184 187 190 193 196 199 202 205 208 211 214 217 220 223 226 229 232 235 238 241 244 247 250 253 256 259 262 265 268 271 274