スポンサードリンク
無料ブログ作成サービス JUGEM
人気ブログランキング くつろぐ ブログ王
■ Mobile
qrcode
←prev entry Top next entry→
エイズ感染、80歳でわかる人も
広島は25県内の保健所の医師や保健カウンセラー向け研修会を県立総合技術研究所保健環境センター開いた。
広島大エイズ医療対策室長の藤井輝久教授講師となり、県内エイズウイルスHIV感染数やエイズ患者の推移や治療などについて講義した。
2013年の調査では、人口10当たりエイズ患者は0・528で全国4位と高い
14感染と患者は計26(前年10減)だった。
今年から、広島中心大型スクリーンなどを使った広報活動入れる
また、感染や患者はいずれほとんど男性で、対象絞っ呼びかけ課題なっいる
昨年感染患者うち24男性で、感染理由別にみると、▽同性性行為20異性性行為不明
年齢では20〜49ほとんどだが、藤井教授によると、80で感染がわかったいるという。(読売新聞 http://www.yomiuri.co.jp/national/20150527-OYT1T50150.html)
80歳で感染発覚した方の場合はどのような感染経路だったのだろう?
>患者数は計26人…24人が男性…同性間の性行為20人
→約8割が同性間での感染。やはりそのケースがリスク高いようだな。
| 愛アース | 医学・医療・健康 | comments(0) | trackbacks(0) | pookmark |
スポンサーサイト
| スポンサードリンク | - | - | - | pookmark |
Comment
name:
email:
url:
comments:
Trackback
トラックバック機能は終了しました。
4 7 10 13 16 19 22 25 28 31 34 37 40 43 46 49 52 55 58 61 64 67 70 73 76 79 82 85 88 91 94 97 100 103 106 109 112 115 118 121 124 127 130 133 136 139 142 145 148 151 154 157 160 163 166 169 172 175 178 181 184 187 190 193 196 199 202 205 208 211 214 217 220 223 226 229 232 235 238 241 244 247 250 253 256 259 262 265 268 271 274