スポンサードリンク
無料ブログ作成サービス JUGEM
人気ブログランキング くつろぐ ブログ王
■ Mobile
qrcode
←prev entry Top next entry→
空き家、18年後には2千万戸か
野村総合研究所は6までに、住むのいない住宅有効活用撤去といった適切な対策が進まなければ、全国空き家は18年後の2033年には2千超えるとの推計まとめた。
現状の2以上で、住宅の新築制限も含めた抜本対策提言している
算出には、国立社会保障人口問題研究所世帯に関する推計や各種の統計調査を活用した。
住宅新設今後減少するものの、総住宅は増加の見通し
人口減少世帯減るのに伴い空き家増えいく予測した。
推計よると、13に6063戸だった総住宅は、23に6637戸、33には7107万となる。
空き家数は、13の820全体の13.5%)が、231394万(21.0%)、332147(30.2%)に急増
住環境の悪化や行政コスト増大などさまざま問題生じる可能ある」と警鐘を鳴らした。(産経新聞 http://www.sankei.com/economy/news/150706/ecn1507060033-n1.html)
空家急増は都市部も地方も問題になっているようだね。
一方で土地や住宅を有効に利用することができれば良質な居住環境をローコストで・・という理想的な時代が来ないだろうか。
| 愛アース | 経済 | comments(0) | trackbacks(0) | pookmark |
スポンサーサイト
| スポンサードリンク | - | - | - | pookmark |
Comment
name:
email:
url:
comments:
Trackback
トラックバック機能は終了しました。
4 7 10 13 16 19 22 25 28 31 34 37 40 43 46 49 52 55 58 61 64 67 70 73 76 79 82 85 88 91 94 97 100 103 106 109 112 115 118 121 124 127 130 133 136 139 142 145 148 151 154 157 160 163 166 169 172 175 178 181 184 187 190 193 196 199 202 205 208 211 214 217 220 223 226 229 232 235 238 241 244 247 250 253 256 259 262 265 268 271 274