スポンサードリンク
無料ブログ作成サービス JUGEM
人気ブログランキング くつろぐ ブログ王
■ Mobile
qrcode
スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

| スポンサードリンク | - | - | - | pookmark |
←prev entry Top next entry→
ソープランドの稼ぎさえ貢がせられた壮絶人生、尼崎連続変死事件に巻き込まれ
兵庫県尼崎市の連続変死・行方不明事件で、男女3人への殺人や詐欺などの罪に問われた○○元被告=自殺、当時(64)=の義妹、□□被告(62)。一連の事件の関係者の中でも、爛侫.潺蝓辞瓩鯲┐い深麕甜圓箸気譴觚吉鏐陲里修个北鵤苅闇間、寄り添い続けた「事件のキーマン」とも言える人物だ。風俗で稼いだ約3円ものを「疑似家族」の家計に回しお腹痛めて産んだ息子まで差し出す…。
これまでの公判で明らかなったのは、ときに元被告への「殺意」をに秘めながらも、想像を絶する忠誠ぶり示してきた悲惨で壮絶な人生だった。
2人の出会いは、幼少ころまでさかのぼる。
昨年11月21に開かれた元被告次男、優太郎受刑(28)=殺人罪などで懲役17年の判決確定=の公判に証人出廷したの三枝子被告の証言などによると、三枝子被告家族が、元被告母親の家を間借りしたことが2の特殊な関係の始まりだった。
「物事はか黒、好きか嫌いか、イエスかノーか」。
若いから口癖のように話し、中途半端なことを極端に嫌ってきた元被告。
三枝子被告は18歳から共同生活を始めたがなじめず、約1両親のもとに戻った。
その後、元被告から両親とともにののしられ続けた。
元被告の激しい怒りをおさめるには、共同生活戻るしかなかった。
これに2人の主従関係が決定づけられた。
それから人生歯車大きく狂い始める。
20歳のころから売春始めた。
25のときには約1年間、横浜市内のソープランドで働いた。
すべては元被告の派手な生活を支えるためだ。
知人には「ラウンジで働いている」とうそをつき続けた。
1カ月あたりの仕送り額は生活差し引いた120万〜150円。
稼ぎの大半を元被告に渡していた。
被告は受け取った金を着物宝石旅行代などに充てていた。
このときの元被告の様子について、三枝子被告は「自分しか持っていないもの持つことに満足感じていた」と証言した。
身を削って稼いだ金を、こうした派手な暮らし加え、パチンコなどのギャンブル遊興費にも使われる理不尽な生活。
だが、それでも当時、元被告のいる尼崎市から離れられて「ほっとしていた」という。
その後尼崎市に戻ることなったが、そこでも風俗の仕事続け、48歳ごろまでの間、稼いだ金の全額を元被告に渡した。
これまでに貢いだ総額は約3億
被告事件の他の被告、被害との「疑似家族」の生活を支え続けた。
28歳のころ三枝子被告はある「賭け」にことがある。
風俗の客と結婚し、角田離れようと試みたのだ。
当時、角田家には約1千円の借金があった。
風俗客とのに恋愛感情はなかった。
借金も自身がつくっものではなかったが、「借金は返すので結婚させてほしい」と角田を抜け出したい一心で元被告に頼み込んだ。
しかし、元被告からの返答は「ノー」だった。
おかげで働いている思っいるのか」と怒りだす始末で、普通の生活に戻りたいというかすか希望ついえた。
今年5月14開かれた自身の公判の被告人質問では、元被告が20代のころから、三枝子被告の子供をほしがっていたことを明かした。
「うちは学校の成績悪いし、も不細工やから、自分の子はほしくない」。
ことあるごとに強く迫ってきたという
その後、三枝子被告は元被告方に集金に来ていた行員との間に優太郎受刑を身ごもり、元被告の指示を断れず、元被告になりすまし病院出産した。
33ときだ。
出生母親として記載されたのはもちろん、元被告の名前だった。
「内心はすごく嫌だった。
初めて美代子を殺そうと思った」。
お腹を痛めて産んだわが子を差し出すことにはやはり抵抗があったが、「逆らったら太郎危害が加えられる」と思った。
息子の身を案じ自分は「同居するおばさん」に徹し生きた。
その後は「疑似家族」の借金ふくれあがりにも会えず、元被告から離れられない人生…。
これまでに何自殺考えたという。
「自分が死ねば、美代子も死んでくれるのではないか」の狙いを伏せ、自身掛けられた保険で借金を返済することを提案したが、元被告はこう言い放った。
自殺では出えへんねんで。
おらんようなったら困るやろ」。
もくろみはもろく崩れた。
三枝子被告は45歳になる平成10年、養子縁組により元被告の妹となり、13年には元被告の勧めで、沖縄毛から転落させられ死亡した角田久芳さん=当時(51)=と入籍した。
生命保険金約5の受取人となり、久芳さんの死亡保険金を受け取って元被告差し出した。
「元被告殺したいと思ったこともある」と殺意を抱き一時は自殺も考えながらも、切っても切れないと思い込んでいた元被告との関係
が、248月に三枝子被告親族の年金を無断で引き出したとして窃盗容疑で逮捕されたことで、状況は一気に変わった。
三枝子被告はこのとき警察の調べに対し、尼崎民家下に数人の遺体埋めたと供述し、一連の事件を自供したとされる。
ほぼ毎日つけていた日記集団生活の内容が詳細につづられ、事件を立証する重要証拠となった。
三枝子被告をはじめ、元被告養子で長男、健太郎(33)、元被告の内縁の夫、△△(65)の両被告の計3人の公判は5月13日から始まった。3人は被害者3人への殺人罪について「殺そうとも、死んでもいいとも思ったことはない」と述べるなど起訴内容の大部分を否認した。裁判員の在任期間が過去最長の140日となる見通しで、判決は9月半ばになる予定だ。(産経新聞 http://www.sankei.com/west/news/150611/wst1506110008-n1.html)
極めて特異な事件だった。
まさに生き地獄というやつか。
傍からみれば何でそんなことに?といぶかしく思えてしまうのだが。
恐怖支配やマインドコントロールなど周到な人心掌握で反発や抵抗できない状況に追い込まれてしまったのかな。
既に一生分なんてもんじゃないほど存分に自分自身は享楽に興じたであろうし多くの人を不幸に陥れた最悪な首謀者は自分で楽になってしまったしな。
最後まで身勝手で悪の権化みたいだ。
それにしても・・在任期間が過去最長の140日ともなるような裁判員制度、問題あり過ぎだ。
定職に就いている人じゃ実際のところ対応無理だろ。
| 愛アース | 社会 | comments(0) | trackbacks(0) | pookmark |
スポンサーサイト
| スポンサードリンク | - | - | - | pookmark |
Comment
name:
email:
url:
comments:
Trackback
http://aiearth.jugem.jp/trackback/22143
4 7 10 13 16 19 22 25 28 31 34 37 40 43 46 49 52 55 58 61 64 67 70 73 76 79 82 85 88 91 94 97 100 103 106 109 112 115 118 121 124 127 130 133 136 139 142 145 148 151 154 157 160 163 166 169 172 175 178 181 184 187 190 193 196 199 202 205 208 211 214 217 220 223 226 229 232 235 238 241 244 247 250 253 256 259 262 265 268 271 274