スポンサードリンク
無料ブログ作成サービス JUGEM
人気ブログランキング くつろぐ ブログ王
■ Mobile
qrcode
←prev entry Top next entry→
年金機構所有の宿舎7棟で居住ゼロ・・15億円分放置
日本年金機構全国所有する土地建物のうち、3以上入居がいない職員宿舎が7あるなど、帳簿価格で約15相当の不動産が有効に活用されていないことが、会計検査院調べわかった。
機構不動産もともと国有財産だったが、遊休しても納付するため法令がなく放置されていた。
検査機構所管する厚生労働省に対し、国庫返納制度を整備するよう求める。
機構今年3月現在全国各地年金事務所職員宿舎など、簿で約1034相当土地建物所有する
検査がその利用状況調べたところ、北海道東京千葉沖縄ある職員宿舎計7(計170戸)では、少なくとも2014年度までの3年間入居もいなかったこと判明した。(読売新聞 http://www.yomiuri.co.jp/national/20151014-OYT1T50182.html)

>機構の不動産はもともと国有財産だったが、遊休化しても国に納付するための法令がなく放置されていた。検査院は機構を所管する厚生労働省に対し、国庫返納の制度を整備するよう求める。
→だったら、はやくやれよ、厚生労働省。

それにしても・・何度も組織変わったり名前変わったりするが、どこまでも国民の足を引っ張る無駄の巣窟。
| 愛アース | 政治・行政 | comments(0) | trackbacks(0) | pookmark |
スポンサーサイト
| スポンサードリンク | - | - | - | pookmark |
Comment
name:
email:
url:
comments:
Trackback
トラックバック機能は終了しました。
4 7 10 13 16 19 22 25 28 31 34 37 40 43 46 49 52 55 58 61 64 67 70 73 76 79 82 85 88 91 94 97 100 103 106 109 112 115 118 121 124 127 130 133 136 139 142 145 148 151 154 157 160 163 166 169 172 175 178 181 184 187 190 193 196 199 202 205 208 211 214 217 220 223 226 229 232 235 238 241 244 247 250 253 256 259 262 265 268 271 274