スポンサードリンク
無料ブログ作成サービス JUGEM
人気ブログランキング くつろぐ ブログ王
■ Mobile
qrcode
←prev entry Top next entry→
国土交通省、「自動ブレーキ」格付けへ
国土交通省は2016年度から、と歩行衝突避ける自動ブレーキ」を搭載している市販を審査、格付けする。
結果を公表して消費選び参考にしてもらうことで、メーカー自動ブレーキ普及と機能向上を促し、歩行巻き込まれる死傷事故減少つなげたい考えだ。
自動ブレーキ衝突危険高まる警報ブザー画面表示知らせブレーキかかる装置
車体前方取り付けカメラレーダーで、や歩行との距離を測るが、比べて歩行動き複雑で検知が難しいとされる
電柱や街路検知するおそれある
市販搭載されている自動ブレーキには、対人事故防止効果ないもの含まれている。
格付けは、国交省が実施している自動車アセスメント制度の「予防安全性能評価」。
現在は▽後方死角解消装置車線はみ出し防止装置自動ブレーキとの追突防止機能−−の3項目を審査している。
14年はレクサスLSトヨタ)やスカイライン日産)、レヴォーグ富士重工業)などが満点を獲得した。
16年度から自動ブレーキ対人事故防止効果を審査項目に加え直近1年以内販売台数多い25車種程度を調べる予定だ。
…歩行の飛び出しによる死亡事故目立つため、歩行見立て人形使っ明るい場所走行方向から飛び出す場面を想定して審査する。
時速10〜60キロ速度変え走行繰り返し停止できるかを調べる。
審査結果は車種ごとに公表される
高性能自動ブレーキ価格高く現在高級限らがちだが、各メーカーは格付けで高評価得ることで安全アピールできるようになる。
国内の自動ブレーキ搭載は13年に65万3000台だったが、との追突防止機能が審査対象なった14年は179万8000台に増えた。
国交省は審査項目を追加することにより、人事防止自動ブレーキ大衆に広がると期待している。
ただ、追突防止機能の審査では、低速では停止できても、時速30キロ以上では減速間に合わずに追突する目立った。
国が自動ブレーキ搭載促す背景には、高齢ドライバーによる事故が増えていることもある。(毎日新聞 http://mainichi.jp/articles/20151221/k00/00e/040/178000c)

事故防止に繋がり良いことだと思うが・・また特殊法人増えるんだろうなぁ。
飛出しは、自動ブレーキを搭載していたとしても防ぐことは難しいかも。
高齢者に多いアクセルとブレーキ踏み間違いによる急発進を防げればいいなぁ。
| 愛アース | 政治・行政 | comments(0) | trackbacks(0) | pookmark |
スポンサーサイト
| スポンサードリンク | - | - | - | pookmark |
Comment
name:
email:
url:
comments:
Trackback
トラックバック機能は終了しました。
4 7 10 13 16 19 22 25 28 31 34 37 40 43 46 49 52 55 58 61 64 67 70 73 76 79 82 85 88 91 94 97 100 103 106 109 112 115 118 121 124 127 130 133 136 139 142 145 148 151 154 157 160 163 166 169 172 175 178 181 184 187 190 193 196 199 202 205 208 211 214 217 220 223 226 229 232 235 238 241 244 247 250 253 256 259 262 265 268 271 274