スポンサードリンク
無料ブログ作成サービス JUGEM
人気ブログランキング くつろぐ ブログ王
■ Mobile
qrcode
←prev entry Top next entry→
VBA 動的配列について
○固定配列の宣言例
要素数が既知の場合…

Dim strAr_name(3) As String

後に要素数を追加できない。


○動的配列の宣言
要素数が不明の場合…

・要素数を決めずに宣言
Dim strAr_name()

・後に再定義することができる
ReDim strAr_name(3)

strAr_name(0)="日本太郎"
strAr_name(1)="大和花子"

ReDim strAr_name(5)
更に再定義を繰り返すことはできるが
セットされていた値は保持されない(この例では添え字0〜2の要素の値は初期化される)

? strAr_name(0) ⇒ ""

「Preserve」を付けて
ReDim Preserve strAr_name(5)

と再定義を記述すれば、元の状態を維持したまま増設」される

前の例では
? strAr_name(0) ⇒ "日本太郎"
| 愛アース | 備忘録・EXCEL | comments(0) | trackbacks(0) | pookmark |
スポンサーサイト
| スポンサードリンク | - | - | - | pookmark |
Comment
name:
email:
url:
comments:
Trackback
トラックバック機能は終了しました。
4 7 10 13 16 19 22 25 28 31 34 37 40 43 46 49 52 55 58 61 64 67 70 73 76 79 82 85 88 91 94 97 100 103 106 109 112 115 118 121 124 127 130 133 136 139 142 145 148 151 154 157 160 163 166 169 172 175 178 181 184 187 190 193 196 199 202 205 208 211 214 217 220 223 226 229 232 235 238 241 244 247 250 253 256 259 262 265 268 271 274