スポンサードリンク
無料ブログ作成サービス JUGEM
人気ブログランキング くつろぐ ブログ王
■ Mobile
qrcode
←prev entry Top next entry→
一般財源化は?極限までムダを排除する覚悟あるのか?暫定税率復活へ
・ガソリン税暫定税率、来月1日復活…前日に衆院再可決へ。
政府は、ガソリン税の暫定税率を復活させる租税特別措置法改正案の施行日を、5月1日とすることを決めた。
政府筋が24日、明らかにした。
政府・与党は参院で審議中の同法案を30日に衆院で再可決し、成立させる方針だ。政府は30日に閣議を開き、4月1日の施行日を5月1日に改める政令を決定する予定だ。福田首相は、再可決の必要性を国民に説明するための記者会見を30日に開く方向で検討している。
政府筋は「国民に理解を求めることはしなければいけない。暫定税率をさかのぼって徴収することはない。施行日をきちんとすることではっきりさせる」と述べた。(読売新聞)

暫定という形での復活なのか?
何十年もやってて「暫定」も無いだろう。やるなら・・本当に必要なら、恒久でやるべきだろう。

一般財源化するのか?
だったら課税対象がガソリンなどの揮発油というのはおかしい。

ガソリン価格を下げるのは、環境保護に逆行するとか言っていた輩がいたが、逆だ、これまでが不当にパーセンテージの高い税率で放置されていたのだ。
本当に、環境対策を考えるなら、環境税こそ創設するべきだ。

復活させたとして、また無駄(に限りなく近い)な道路を延々と作り続けるのか?
道路と言うものは、一旦作れば半永久にメンテナンスフリーで維持できるものではない。
そのクオリティ、利便性を維持するためには膨大なランニングコストを要する。
現状のを維持するだけでも巨額。
そこまで考えているの?

先日のNHKスペシャルで「大返済時代」、内容は地方の財政的な窮状、サービスの低下に嘆く住民などの姿を追ったもので地方の借金が200兆円とかって言っていた。
(あくまでオレの記憶上なので、記述は正確ではないかも、あくまでアバウトだが、そのような意味合い)
よく、知られるところでは、国の借金は800兆円。
それとあわせてトータル、借金1000兆円。
(自慢ではないが、国地方合わせて、1000兆円位の借金があるのではないかという見方を
収益性を無視した新幹線整備に反対する
などで述べてきた。だが、実際は最終的に国が面倒をみなければならない特殊法人みたいなもの(恐らく財政赤字のところ多いのでは?)の分も合わせれば更に増大では?)

「道路作って欲しいと言う地方の声を無視するのか」
とか、地方出身の代議士、(道路)族議員、知事とかが声高に主張しているが・・・
もう、いい加減にしてくれ。

オレは、ド田舎在住だけど、
道路は要らない!
(というか、あればそれに越したこと無い・・が、それは、あくまで資金が潤沢で余裕があれば・・の話し)
それよりプライオリティの高いもの、分野、本当にカネが必要な対象があるだろ!
医療、福祉、そして教育

後期高齢者医療制度で保険料を徴収されたとかないとか騒いでいるが
金のある老人には払ってもらわねばなるまい。
今後、少子化が進み、勤労(労働者)人口が減少、老人は増大。
今でさえ、1000兆円の借金。
更に、働き手が減少、養われる方が増大。
働き手にしても、正社員じゃない人のパーセンテージ高くなっている。
というのが実情なのだから。

特殊法人、ゼロベースで、存廃考えるべき。
「理化学研究所」のように多岐にわたって成果を挙げているような中身のあるところは勿論評価する。
一方で、業務は丸投げ、お役人のOBを理事だかなんと言うポストか知らんが天下らせて、一日新聞見たりパターの練習したり(それどころか月に数日しか出勤しない)で、高い月給とウン千万円のバカでかい退職金で渡りを繰り返すためのような法人、ぶっつぶしてくれ。丸投げするんだから存在意義ないだろ!
| | 政治・行政 | comments(0) | trackbacks(0) | pookmark |
スポンサーサイト
| スポンサードリンク | - | - | - | pookmark |
Comment
name:
email:
url:
comments:
Trackback
トラックバック機能は終了しました。
4 7 10 13 16 19 22 25 28 31 34 37 40 43 46 49 52 55 58 61 64 67 70 73 76 79 82 85 88 91 94 97 100 103 106 109 112 115 118 121 124 127 130 133 136 139 142 145 148 151 154 157 160 163 166 169 172 175 178 181 184 187 190 193 196 199 202 205 208 211 214 217 220 223 226 229 232 235 238 241 244 247 250 253 256 259 262 265 268 271 274