スポンサードリンク
無料ブログ作成サービス JUGEM
人気ブログランキング くつろぐ ブログ王
■ Mobile
qrcode
スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

| スポンサードリンク | - | - | - | pookmark |
←prev entry Top next entry→
最高裁長官、裁判員制度に「理解得るため全力」と述べる
・裁判員制度施行まで一年、最高裁長官「理解得るため全力」。
島田仁郎・最高裁長官は3日の憲法記念日を前に記者会見し、市民が刑事裁判に参加する裁判員制度について「来年5月21日の施行まで1年あまり。国民の理解と協力を得られるよう全力を挙げたい」と述べた。
最高裁が今年1、2月に実施した裁判員制度に対する市民の意識調査で、約6割が「参加してもよい」「義務なら参加する」と答えたことについて、「参加が6割を超え、ほっとしたのが正直なところ」と本音も。市民には「1人だけで責任を負うのではなく裁判官も含めた9人で結論を出す。自信を持って参加してほしい」と呼びかけた。
新潟県弁護士会が延期決議を採択するなど準備不足を理由に一部に反対論も出ているが、「民主主義の世の中で反対論が出るのは当然。最初から100点満点で始められるとは思っていない。あと1年頑張れば態勢は十分整う」と述べた。(日本経済新聞)
「理解得るため全力」だって?
どういうものか理解はしている。
うまく行きそうにない制度だから賛同できない・反対だってんだよ、理解してないわけじゃない。
(無論、法律の専門家じゃないので何から何まで隅から隅まで全部理解していると言うわけじゃない、大意をという意味で。)
-----
| | 法律 | comments(0) | trackbacks(0) | pookmark |
スポンサーサイト
| スポンサードリンク | - | - | - | pookmark |
Comment
name:
email:
url:
comments:
Trackback
http://aiearth.jugem.jp/trackback/2501
4 7 10 13 16 19 22 25 28 31 34 37 40 43 46 49 52 55 58 61 64 67 70 73 76 79 82 85 88 91 94 97 100 103 106 109 112 115 118 121 124 127 130 133 136 139 142 145 148 151 154 157 160 163 166 169 172 175 178 181 184 187 190 193 196 199 202 205 208 211 214 217 220 223 226 229 232 235 238 241 244 247 250 253 256 259 262 265 268 271 274