スポンサードリンク
無料ブログ作成サービス JUGEM
人気ブログランキング くつろぐ ブログ王
■ Mobile
qrcode
←prev entry Top next entry→
自宅で弟を包丁で刺して重傷を負わせた18歳の少年
大津家裁は7彦根市内自宅(11)を包丁刺し重傷負わせたとして、殺人未遂容疑家裁送致された当時高校3年の少年(18)を初等中等(第1少年院送致とする保護処分決定した。
決定理由小野裕信裁判官は「大学受験失敗したことから包丁やのこぎり持ち出し暴れた」と動機を指摘。
帰宅した無防備突発刺し、「30カ所以上負わせる残忍な犯行で殺意容易認められる」とした。
そので、少年には強いストレスかかった際に攻撃生じるなどの資質問題あり専門による長期間指導必要判断した。
決定よると、2月16午後〜同10ごろ、自宅殺意持っ背中などを包丁で刺した。(京都新聞 http://www.kyoto-np.co.jp/shiga/article/20160408000001)

大学受験に失敗し落ち込んだとしても人を傷つける正当な理由にはならない。
少年法反対。
| 愛アース | 社会 | comments(0) | trackbacks(0) | pookmark |
スポンサーサイト
| スポンサードリンク | - | - | - | pookmark |
Comment
name:
email:
url:
comments:
Trackback
トラックバック機能は終了しました。
4 7 10 13 16 19 22 25 28 31 34 37 40 43 46 49 52 55 58 61 64 67 70 73 76 79 82 85 88 91 94 97 100 103 106 109 112 115 118 121 124 127 130 133 136 139 142 145 148 151 154 157 160 163 166 169 172 175 178 181 184 187 190 193 196 199 202 205 208 211 214 217 220 223 226 229 232 235 238 241 244 247 250 253 256 259 262 265 268 271 274