スポンサードリンク
無料ブログ作成サービス JUGEM
人気ブログランキング くつろぐ ブログ王
■ Mobile
qrcode
←prev entry Top next entry→
川崎の国際戦略拠点、慶大の新タウンキャンパス
最先端の研究機関集まる川崎川崎の「殿町国際戦略拠点キングスカイフロント」に、慶応大拠点殿町タウンキャンパス」が開設された。
周辺施設との連携窓口なり共同研究促進するのが目的
に「長寿」に関する研究取り組み人材育成のとしても活用する
同大今月1日、川崎生命科学環境研究センターに、タウンキャンパス事務所開設
再生医療身体機能低下した動き補助する「ロボットスーツ開発ビッグデータにした医薬品開発など、今後企業などと進める研究役立てる
市は同大企業などを結びつける役割果たす
同大タウンキャンパス新川崎川崎)、鶴岡山形鶴岡市)に次いで3か所
2000年に開設された新川崎では、電気自動車光ファイバー分野で、研究成果上がっいるいう
11日には同センターで、同大と市による連携協定締結行われ、清家慶応義塾は「殿町最先端の研究技術集積している
共同研究を通して)学生研究としての資質高めてほしい」(読売新聞 http://www.yomiuri.co.jp/science/20160412-OYT1T50020.html)

批判する人もいるかもしれないが・・俺は最初から寿命を延ばす医療には賛成できない。
ただ寿命が伸びるほど幸せだとは思えないから。
今でさえ高齢化社会と言われ、現役世代の負担が重く社会福祉や年金など社会システムの存続が危うい。
寿命と言う限られた短い時間だからこそ、個々の人生は限りなく貴重で尊く輝く。
もし、技術的に何百年、何千年も生きることができるなら人生の希薄化だ。
時間の価値は低下してしまう。

俺は医学や薬学も含む科学全般の進展、技術の発展を願ってはいる。
だから医学や医療技術、薬学や創薬分野の進歩を願っている。
医学や医療の目的は「健康寿命を延ばす」に尽きると思う。
怪我や病気を治したり、健康回復や維持、麻痺や障害の機能回復など健やかに天命を全うできる助けとなるよう。
結果的に生存期間は延びるかも知れないが、それはもともと持っているポテンシャル(寿命)を最大限に近づけただけのこと。寿命を伸ばしたわけではない。
長寿命化の研究は勿論やっていただくべきであり全く反対しない。
でも仮に技術的に可能になったとしても、最初から長寿命ありき・ひたすら寿命を長くするという目的のみの医療行為には反対だ。
| 愛アース | 科学技術 | comments(0) | trackbacks(0) | pookmark |
スポンサーサイト
| スポンサードリンク | - | - | - | pookmark |
Comment
name:
email:
url:
comments:
Trackback
トラックバック機能は終了しました。
4 7 10 13 16 19 22 25 28 31 34 37 40 43 46 49 52 55 58 61 64 67 70 73 76 79 82 85 88 91 94 97 100 103 106 109 112 115 118 121 124 127 130 133 136 139 142 145 148 151 154 157 160 163 166 169 172 175 178 181 184 187 190 193 196 199 202 205 208 211 214 217 220 223 226 229 232 235 238 241 244 247 250 253 256 259 262 265 268 271 274