スポンサードリンク
無料ブログ作成サービス JUGEM
人気ブログランキング くつろぐ ブログ王
■ Mobile
qrcode
←prev entry Top next entry→
少年法、早期撤廃を!
川崎市の多摩川河川敷で昨年2月、中学1年の上村(うえむら)遼太さん=当時(13)=が刺殺された事件で、傷害致死罪に問われた元職人の少年(19)の裁判員裁判第3回公判が23日、横浜地裁(近藤宏子裁判長)で開かれた。元職人の少年は「絶対に切り付けていない」と事件への関与を否定。リーダー格の少年(19)=懲役9年以上13年以下の不定期刑が確定=が上村さんをカッターナイフで切り付けたことについては、「止めようとして『やめておけ』『マジでやるのか』と言ったが、やめなかった」と述べた。
元職人の少年はリーダー格の少年から切り付けるよう指示され、カッターを差し出されたが、「受け取っていない」と強調。「カッターは自分のかばんに入れていたものだが、リーダー格の少年が現場にかばんごと持っていった」と述べ、リーダー格の少年が「元職人の少年も切り付けた」と証言していることに対して「嘘をつかないでほしい」と反論した。
遺族の意見陳述で上村さんの父親は「息のある遼太を放置した。通報していれば助かったかもしれない。あの場にいた3人を許さない」と語気を強め、母親は「遼太を返して」と声を震わせた。(産経新聞 http://www.sankei.com/affairs/news/160523/afr1605230027-n1.html)
人の未来を奪っておいて、自己保身にばかり終始しやがって。
てめぇらだって、カッターでちょこっと手を切ってしまっただけでも痛いだろ?
人を傷つけ死に至らしめることがどんなに苦しいかわからないはずないだろが。
3人とも極刑が妥当だと思う。
クソガキども!
| 愛アース | 法律 | comments(0) | trackbacks(0) | pookmark |
スポンサーサイト
| スポンサードリンク | - | - | - | pookmark |
Comment
name:
email:
url:
comments:
Trackback
トラックバック機能は終了しました。
4 7 10 13 16 19 22 25 28 31 34 37 40 43 46 49 52 55 58 61 64 67 70 73 76 79 82 85 88 91 94 97 100 103 106 109 112 115 118 121 124 127 130 133 136 139 142 145 148 151 154 157 160 163 166 169 172 175 178 181 184 187 190 193 196 199 202 205 208 211 214 217 220 223 226 229 232 235 238 241 244 247 250 253 256 259 262 265 268 271 274