スポンサードリンク
無料ブログ作成サービス JUGEM
人気ブログランキング くつろぐ ブログ王
■ Mobile
qrcode
スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

| スポンサードリンク | - | - | - | pookmark |
←prev entry Top next entry→
裁判員との接触リスクは排除されなければならない
福岡地裁小倉支部であった殺人未遂事件裁判裁判をめぐり被告指定暴力団工藤幹部(40)の知人とみられる複数裁判かけていた問題で、地裁支部裁判から辞任の申し出受け、7日解任手続きとっことわかった。
地裁支部や被告弁護よると、4から辞任申し出があり、地裁支部解任認めたという。
地裁支部は4について、かけられ裁判どう明らかにしていない。
今後裁判新た選任して審理をし直すか、裁判員を除外して裁判官だけで判決出す判断する見通し
裁判は、裁判が職務を行うこと困難場合辞任申し立てられる定めいる
解任で裁判のうち4欠けることになり補充裁判含めても補えない。
司法関係は「新たに裁判選任しても審理おら心証分からない。
裁判をやり直すことになるのではないか」とみる
問題なったのは、北九州昨年知人刺したとして殺人未遂問われた幹部裁判裁判
5月12結審し、16日に判決言い渡される予定だった。
被告の知人とみられる地裁支部近くで、審理終え複数裁判に「よろしく頼みます」といった趣旨言葉かけため、地裁支部判決期日取り消す決定をしていた。(朝日新聞 http://www.asahi.com/articles/ASJ68465JJ68TIPE00R.html)
裁判時も裁判員の面が割れないように(傍聴席から素顔を見せないように)すべきではないか。
っていうか・・そもそも裁判員制度に反対。
| 愛アース | 法律 | comments(0) | trackbacks(0) | pookmark |
スポンサーサイト
| スポンサードリンク | - | - | - | pookmark |
Comment
name:
email:
url:
comments:
Trackback
http://aiearth.jugem.jp/trackback/27916
4 7 10 13 16 19 22 25 28 31 34 37 40 43 46 49 52 55 58 61 64 67 70 73 76 79 82 85 88 91 94 97 100 103 106 109 112 115 118 121 124 127 130 133 136 139 142 145 148 151 154 157 160 163 166 169 172 175 178 181 184 187 190 193 196 199 202 205 208 211 214 217 220 223 226 229 232 235 238 241 244 247 250 253 256 259 262 265 268 271 274