スポンサードリンク
無料ブログ作成サービス JUGEM
人気ブログランキング くつろぐ ブログ王
■ Mobile
qrcode
←prev entry Top next entry→
死刑執行、迅速に!
石巻3人殺傷事件の最高裁判決後、元少年の○○被告(24)の弁護団は16日、東京都内で記者会見し、「結果の重大性だけで死刑を選択した。司法の役割を放棄した判決だ」と上告棄却を批判。守屋克彦弁護団長は「少年事件に対する厳罰化の傾向が進むのでは」と懸念を示した。
主任弁護人の草場裕之弁護士は「一、二審の事実認定と矛盾する間接事実がたくさんあると主張したが、最高裁は全く言及せずに棄却した」と指摘。「死刑になりたくないわけではなく、自分の認識と異なる事実認定が納得できずに上告した。この判決は受け入れられないのではないか」と被告の心中を推し量った。
一方、一審で裁判員を務めた30代の男性会社員も16日、仙台市内で報道陣の取材に応じ、「裁判員裁判で決まったことを、最高裁が認めたことは良かった」と語った。「死刑は加害者側の家族、友人が悲しむことになるので難しい問題だと今でも思っている。だが、やったことに対する罰としては極刑が相当だと評価している」と話した。
「14、15歳であろうと、人の命を奪うような重い罪には大人と同じ刑で判断すべきだと思う」。男性は一審判決後の会見でそう話していたが、今も気持ちは変わらないとした上で、「少年法は重くすべきだ」と語った。
刑が執行されたら、被害者らの墓に手を合わせるつもりだといい、「最初から関わった者として、結果を見定めて報告したい」と述べた。(時事通信)

○○被告の裁判員裁判で裁判員を務めた30代の男性会社員が16日、産経新聞の取材に応じ、「思い悩んで出した結論が認められた。民意が反映されたと思う」と胸中を明かした。被告には「自分の犯した罪、被害者、その家族に向き合ってほしい」と語った。
1審で弁護側は、更生の機会を与えるという少年法の趣旨を強調したが、被害者家族の無念を考えれば、少年の枠にとらわれるべきではないと考えるようになった。一方、被告の母親が「大切な息子なんです」と涙ながらに証言する姿に、どんな結論を出しても苦しむ家族がいることも思い知らされたという。(Yahoo!ニュース 産経新聞 http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20160617-00000107-san-soci)

>弁護団は16日、東京都内で記者会見し、「結果の重大性だけで死刑を選択した。司法の役割を放棄した判決だ」と上告棄却を批判
→はぁ?司法の役割を果たしたからそういう判決になったんだろ。

>弁護団長は「少年事件に対する厳罰化の傾向が進むのでは」と懸念を示した
→懸念には及びません。それが国民の総意。

>一、二審の事実認定と矛盾する間接事実がたくさんある
→事実はもっと凶悪だったという事か?

>この判決は受け入れられないのではないか」と被告の心中を推し量った。
→あのな、思えるだけまだましだろ。思えもしなくなった若い人を二人もないものにしておいて。

>「裁判員裁判で決まったことを、最高裁が認めたことは良かった」と語った
→裁判員の判断が尊重されてよかったですね。

>「14、15歳であろうと、人の命を奪うような重い罪には大人と同じ刑で判断すべきだと思う」
→まったく同感。

>「少年法は重くすべきだ」
→同感というか考えが近い。少年法は原則として要らない撤廃すべき。残すとして6歳以下の幼児限定。

>弁護側は、更生の機会を与えるという少年法の趣旨を強調
→更生なんてするかっつの。更生した%テージ示してみろよ。夢と言うか現実から乖離した理想過ぎるんだよ。そもそも少年法の存在が悪だ。

>被告の母親が「大切な息子なんです」と涙ながらに証言
→勝手なこというなよ。言えた立場か?
「大切な」若い女性2人を殺し、若い男性には肺に穴が開くほどの重傷を負わせ、しかもその罪を自分の子分に押し付けようとした。
そもそも事の発端が・・
『元交際相手と被告人との間に娘がいたが、「別れを切り出すたびにダンベルで殴られたり首を絞められたり、たばこの火を押しつけられたりした」と男のDVに苦しみ、12回も警察に相談していました。
事件当日には警察署に被害届を提出することになっていました。』・・だろ?

法律と言う未熟なシステム上、親に責任が及ばないかも知れないが。
俺はそのようなケダモノを育ててしまった親は責任重大だと思う。
生まれた時点で悪人ではなかっただろうが育てた結果があれだろ?
逆に親が如何に重罪人でもその子供は何ら責められるべきでないと思う。
道理を考えれば明解。
テメェサイドの都合ばかり主張してんじゃねぇよ。

一刻も早く死刑執行がなされることを祈るばかり。
| 愛アース | 法律 | comments(0) | trackbacks(0) | pookmark |
スポンサーサイト
| スポンサードリンク | - | - | - | pookmark |
Comment
name:
email:
url:
comments:
Trackback
トラックバック機能は終了しました。
4 7 10 13 16 19 22 25 28 31 34 37 40 43 46 49 52 55 58 61 64 67 70 73 76 79 82 85 88 91 94 97 100 103 106 109 112 115 118 121 124 127 130 133 136 139 142 145 148 151 154 157 160 163 166 169 172 175 178 181 184 187 190 193 196 199 202 205 208 211 214 217 220 223 226 229 232 235 238 241 244 247 250 253 256 259 262 265 268 271 274