スポンサードリンク
無料ブログ作成サービス JUGEM
人気ブログランキング くつろぐ ブログ王
■ Mobile
qrcode
スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

| スポンサードリンク | - | - | - | pookmark |
←prev entry Top next entry→
食物アレルギー
(以下、個人的なメモに付き内容の正確性は一切保証できません。)

免疫の過剰反応の病状のひとつ。
免疫系は、免疫寛容という一種の学習によりゼロ(出生時)から形成されていく。
食べる前に何らかの理由で皮膚から食べ物成分が吸収されてしまった食物(成分)に対して食物アレルギーを発症する危険性が。
アトピー皮膚炎発症している人が食物アレルギー発症する可能性高い?関連性あるかも?

種々の研究結果などより現時点では、アレルゲンとなる可能性のある食物(牛乳、小麦、卵、落花生)を皮膚ではなく口から先に摂り正常に調で吸収されるとその食物についてはアレルギーにならず、食する前に湿疹などで荒れた皮膚に付き吸収されてしまうとアレルギーとなるらしいとのこと。
荒れた皮膚ではバリアが低下して付着した食べ物の成分が体内に取り込まれやすい。
つまり、最初から最後までアレルギー候補食物を拒否する(避ける)のではなく、むしろ離乳食のできるだけ早い時点で食べさせた方がその食物についてのアレルギー発症リスクが低下する。

※アナフィラキシーショックを起こすと命にかかわる場合もあるので少しでも不安なら早めに専門医に相談。

アナフィラキシー:全身症状。
アナフィラキシーショック:急性で全身性、かつ重度のアレルギー症状。呼吸困難となる場合もある。
食物経口負荷試験:どの食物をどれくらいまで食べられるか確認する試験。
| 愛アース | 備忘録・いろいろ | comments(0) | trackbacks(0) | pookmark |
スポンサーサイト
| スポンサードリンク | - | - | - | pookmark |
Comment
name:
email:
url:
comments:
Trackback
http://aiearth.jugem.jp/trackback/28880
4 7 10 13 16 19 22 25 28 31 34 37 40 43 46 49 52 55 58 61 64 67 70 73 76 79 82 85 88 91 94 97 100 103 106 109 112 115 118 121 124 127 130 133 136 139 142 145 148 151 154 157 160 163 166 169 172 175 178 181 184 187 190 193 196 199 202 205 208 211 214 217 220 223 226 229 232 235 238 241 244 247 250 253 256 259 262 265 268 271 274