スポンサードリンク
無料ブログ作成サービス JUGEM
人気ブログランキング くつろぐ ブログ王
■ Mobile
qrcode
←prev entry Top next entry→
北海道開発局の天下り3団体、3年間で202億円独占受注
国土交通省北海道局長らによる官製談合事件発覚した北海道開発局の発注事業で、開発OB天下る公益法人団体が2007年度まで、道路や河川改修工事設計などの補助業務を独占的に受注していたことが開発局の資料などでわかった。
07年度までの年間だけで団体の受注総額は202円。
内部資料よると、団体は「内部留保」の名目少なくとも26円の剰余金抱えており、天下り先に巨額の公金がプールされただ。
この公益法人北海道河川防災研究センター、北海道道路管理技術センター財団法人と、社団法人北海道開発技術センター。
198290年、開発OBなどが札幌市内設立歴代開発局長OB理事長や理事天下り職員OBが多数を占める
3団体の財務資料では、業務は開発発注事業がほぼ100%。
道路河川改修工事設計現場監督など、本来行う業務で、開発局は「高い公共性が求められる」とて少なくとも05年度から06年秋までは補助業務をすべて3団体に随意契約発注していた。(読売新聞)
だから、「公益法人」とか「社団法人」と称する中途半端な法人=特殊法人など要らないんだよ!どうせ、実際の工事は下請けに丸投げなんだろ?存在する必要がないのではないか。
| 愛アース | 政治・行政 | comments(0) | trackbacks(0) | pookmark |
スポンサーサイト
| スポンサードリンク | - | - | - | pookmark |
Comment
name:
email:
url:
comments:
Trackback
トラックバック機能は終了しました。
4 7 10 13 16 19 22 25 28 31 34 37 40 43 46 49 52 55 58 61 64 67 70 73 76 79 82 85 88 91 94 97 100 103 106 109 112 115 118 121 124 127 130 133 136 139 142 145 148 151 154 157 160 163 166 169 172 175 178 181 184 187 190 193 196 199 202 205 208 211 214 217 220 223 226 229 232 235 238 241 244 247 250 253 256 259 262 265 268 271 274