スポンサードリンク
無料ブログ作成サービス JUGEM
人気ブログランキング くつろぐ ブログ王
■ Mobile
qrcode
スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

| スポンサードリンク | - | - | - | pookmark |
←prev entry Top next entry→
2013年柏の強盗殺人事件、窃盗罪にとどめた1審判決を破棄
千葉県柏市で2013年2月、乗用車を盗み、制止しようとした男性(当時31歳)をボンネットから振り落として殺害したとして、強盗殺人罪などに問われた無職○○被告(31)の控訴審判決が10日、東京高裁であった。
藤井敏明裁判長は、窃盗罪の適用にとどめて懲役6年(求刑・無期懲役)とした1審・千葉地裁の裁判員裁判判決を破棄し、審理を同地裁に差し戻した。
1審は、「盗んだ乗用車を運転していたのは被告」とする仲間の男2人(有罪確定)の供述について「虚偽の可能性を否定しきれない」などと判断した。これに対し、高裁は供述の信用性を認め、被告が運転していたと認定。同地裁の裁判員裁判で、被告に殺意があったかどうかを判断し、量刑を決める必要があるとした。(読売新聞 http://www.yomiuri.co.jp/national/20160810-OYT1T50102.html)
裁判員制度、早くやめた方がいい。
| 愛アース | 社会 | comments(0) | trackbacks(0) | pookmark |
スポンサーサイト
| スポンサードリンク | - | - | - | pookmark |
Comment
name:
email:
url:
comments:
Trackback
http://aiearth.jugem.jp/trackback/29160
4 7 10 13 16 19 22 25 28 31 34 37 40 43 46 49 52 55 58 61 64 67 70 73 76 79 82 85 88 91 94 97 100 103 106 109 112 115 118 121 124 127 130 133 136 139 142 145 148 151 154 157 160 163 166 169 172 175 178 181 184 187 190 193 196 199 202 205 208 211 214 217 220 223 226 229 232 235 238 241 244 247 250 253 256 259 262 265 268 271 274