スポンサードリンク
無料ブログ作成サービス JUGEM
人気ブログランキング くつろぐ ブログ王
■ Mobile
qrcode
←prev entry Top next entry→
東南アジアでジカ熱が拡大、妊婦は渡航控えるべき
南米で流行するジカジカウイルス感染症)が、東南アジアでも広がり始めた。
日本企業多く進出するシンガポールでは、8月27国内感染確認され、31までに感染は計82拡大
タイでも約100感染判明し、予防対策の強化が求められている
シンガポール中心アルジュニード地区
ジカ流行地域への渡航ない女性(47)の感染受け保健省が同地区建設現場働く外国労働らを検査したところ、集団感染判明した。
記者集合住宅も多い地区訪れると、ジカへの注意喚起殺虫散布知らせ掲示板などで告知されていた。
ある住民女性は「国家環境職員が訪ねてきて、花壇などで発生する水たまり作らないよう指導受けた」と不安げな表情語った。
30には、新たに26感染分かり地域も拡大
都市国家シンガポール人口密度高く急速感染拡大が懸念される
保健国内すべて妊婦に、発熱などがあれば無料検査受けるよう呼びかけた。
シンガポール日本大使館よると、約37000在留邦人含め、これまでに日本人感染報告ないという。
東南アジアは気候にも媒介する感染多く過去にもジカ感染あった。
ロイター通信よると、タイでは国内10で約100人、ベトナムは3カンボジアは7インドネシアは1感染が確認され、感染拡大実態明らかなりつつある
検査態勢不十分さから、専門は「診断や報告は実態下回っいる」と警告する
日本厚生労働省は、アジア地域では、インドネシアフィリピンシンガポールタイベトナムをジカ流行地域指定(8月29時点)。
妊婦や妊娠可能ある場合は、可能限り渡航控えるよう呼びかけいる
ジカ症状は発熱やの痛み、発疹などだが、同じく媒介するデング熱などよりも軽いとされる
ただ、有効な治療がなく、妊婦ジカに感染した場合、胎児が小頭になる可能ある
交渉での感染報告されている
東南アジア製造など日系企業拠点広がり邦人観光多いだけに、今後の感染一層拡大が懸念される。(産経新聞 http://www.sankei.com/world/news/160831/wor1608310055-n1.html)
感染が広がらないでほしいと願うが厳しい状況のようだ。
妊娠されている女性はどうか渡航をお控えください。
| 愛アース | 医学・医療・健康 | comments(0) | trackbacks(0) | pookmark |
スポンサーサイト
| スポンサードリンク | - | - | - | pookmark |
Comment
name:
email:
url:
comments:
Trackback
トラックバック機能は終了しました。
4 7 10 13 16 19 22 25 28 31 34 37 40 43 46 49 52 55 58 61 64 67 70 73 76 79 82 85 88 91 94 97 100 103 106 109 112 115 118 121 124 127 130 133 136 139 142 145 148 151 154 157 160 163 166 169 172 175 178 181 184 187 190 193 196 199 202 205 208 211 214 217 220 223 226 229 232 235 238 241 244 247 250 253 256 259 262 265 268 271 274