スポンサードリンク
無料ブログ作成サービス JUGEM
人気ブログランキング くつろぐ ブログ王
■ Mobile
qrcode
←prev entry Top next entry→
インクジェット印刷で電極、極めて薄い「太陽電池」開発
福島大共生システム理工野毛(のげ)教授(57)を中心とした研究チームインクジェット印刷で電極描く手法で、新聞紙より薄いさ53ミクロン(1ミクロンは1000分の1ミリ)の太陽電池開発世界初めて成功した。
携帯電話自動車の屋根、建築物など曲面持つ幅広い分野の活用視野に3商品目指す
野毛が5福島大定例記者会見発表した。
一般太陽光発電太陽電池には200ミクロン(0.2ミリ程度さのシリコン基板使われている
研究チームは、家庭プリンターと同じ、インクを吹き付けるインクジェット印刷電極描い太陽電池を作ること成功した。
ミクロン以下まで薄くすれば、曲げることできる
新聞紙さは約60ミクロン
から電力へと変換効率上げるため裏面電極付けた。
太陽電池に必要な電極付ける従来半導体作製と同じ手法が用いられていた。
この手法だと、太陽電池薄い作製中に割れしまう問題あった。
現時点での変換効率は10.7%にとどまっおり研究チーム現在普及している太陽光発電と同等変換効率「20%」を目指し今後改良を続ける
研究チームよると、過去に30ミクロンの太陽電池ドイツ発表されているが、インクジェット印刷用い薄い太陽電池作製したのは世界いう
野毛は「薄くすること軽くなり、価格を下げることにもつながる
将来には一般住宅太陽光発電にも活用できればいい」と話した。
研究には、郡山再生可能エネルギー研究所置く産業技術総合研究所(茨城県つくば)の協力ている。(Yahoo!ニュース 福島民友新聞 http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20161006-00010015-minyu-l07)

多彩な場所や物に使えそうで、用途や設置対象が広がりそう。
もしかして低コストなのかな?もしそうならなおさら良いのだが。
今後は変換効率の向上に期待。
| 愛アース | 科学技術 | comments(0) | trackbacks(0) | pookmark |
スポンサーサイト
| スポンサードリンク | - | - | - | pookmark |
Comment
name:
email:
url:
comments:
Trackback
トラックバック機能は終了しました。
4 7 10 13 16 19 22 25 28 31 34 37 40 43 46 49 52 55 58 61 64 67 70 73 76 79 82 85 88 91 94 97 100 103 106 109 112 115 118 121 124 127 130 133 136 139 142 145 148 151 154 157 160 163 166 169 172 175 178 181 184 187 190 193 196 199 202 205 208 211 214 217 220 223 226 229 232 235 238 241 244 247 250 253 256 259 262 265 268 271 274