スポンサードリンク
無料ブログ作成サービス JUGEM
人気ブログランキング くつろぐ ブログ王
■ Mobile
qrcode
スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

| スポンサードリンク | - | - | - | pookmark |
←prev entry Top next entry→
裁判員に声掛け脅迫、有罪判決・福岡地裁
指定暴力団工藤会(北九州市)系組幹部の裁判員裁判をめぐり、裁判員に声をかけて脅したとして、裁判員法違反(威迫・請託)罪に問われた男2人の判決が6日午後、福岡地裁であった。中田幹人裁判長は「裁判員制度の根幹を揺るがしかねない」として、会社員○○被告(41)に懲役1年執行猶予3年(求刑懲役1年)、元○○組員の○○被告(41)に懲役9カ月執行猶予3年(求刑懲役1年)をそれぞれ言い渡した。
2009裁判制度始まってから、裁判違反での有罪判決初めて
起訴よると、2昨年5月10地裁小倉支部知人幹部の初公判傍聴
閉廷近く路上で40女性裁判に、中村被告は「あんたら裁判やろ」「覚えとるけね。よろしくね」、楠本被告は「もうある程度決まっとるんやろ」などとかけ裁判有利審判するよう脅したり頼んだりしたとされる。
公判検察は「怖く眠れなかった。被告質問質問できなかった」とする女性裁判供述調書読み上げ、「裁判に大きな不安恐怖与えた。裁判制度根幹揺るがす」と指摘した。
中村被告公判起訴内容認めた。
楠本被告弁護は「裁判大変やね」とかけ程度で、請託意図なかったとし、無罪訴えた。
幹部公判では、かけあっ補充含む裁判計5人が辞退。地裁支部は裁判員を除外して裁判官だけで審理を再開し、実刑判決を言い渡した。(朝日新聞 http://www.asahi.com/articles/ASK161TNBK16TIPE001.html)

有罪は当然。
同様の事件が繰り返されることのないように極めて重い刑罰に処すべきだと思うのだが、執行猶予付きでは心配。

ってか、裁判員制度自体に反対する。


| 愛アース | 社会 | comments(0) | trackbacks(0) | pookmark |
スポンサーサイト
| スポンサードリンク | - | - | - | pookmark |
Comment
name:
email:
url:
comments:
Trackback
http://aiearth.jugem.jp/trackback/33879
4 7 10 13 16 19 22 25 28 31 34 37 40 43 46 49 52 55 58 61 64 67 70 73 76 79 82 85 88 91 94 97 100 103 106 109 112 115 118 121 124 127 130 133 136 139 142 145 148 151 154 157 160 163 166 169 172 175 178 181 184 187 190 193 196 199 202 205 208 211 214 217 220 223 226 229 232 235 238 241 244 247 250 253 256 259 262 265 268 271 274