スポンサードリンク
無料ブログ作成サービス JUGEM
人気ブログランキング くつろぐ ブログ王
■ Mobile
qrcode
←prev entry Top next entry→
終末期ケア実態把握、がん遺族調査へ
がん患者終末療養実態把握するため厚生労働省が約2万遺族を対象としたの大規模調査を2017年度から始める
終末患者家族適切ケア受けたかや、医療介護サービス利用状況などを把握し、がん患者療養環境改善つなげる
調査は、国立がん研究センター委託して実施する
対象は全国のがん患者遺族約2万想定し、人口動態統計死亡から抽出する
は、がん抱える患者精神つらさを和らげる緩和ケア」を受け医療だけではなく介護サービス活用することによって、療養生活伴う苦痛困難減らす体制整備目指しいる
終末病院から自宅帰る患者増え治療選択迷ったり、緩和ケア療養生活支えるサービス十分提供されていなかったりするケースある
研究調査(14年度)によると、身体苦痛精神苦痛緩和十分にされていない患者が3〜4占めた。
これまでも、がん患者終末に適切な緩和ケア受けたかどうかを尋ねる遺族調査あったが、対象一部病院限定されておりがん政策検討するがん対策推進協議から「実態把握できていない」と指摘されていた。…(毎日新聞 http://mainichi.jp/articles/20170112/k00/00m/040/083000c)

個人的には緩和ケアの充実を進めてほしい。
自宅で最期もいいが家族への負担が気掛かり。
| 愛アース | 医学・医療・健康 | comments(0) | trackbacks(0) | pookmark |
スポンサーサイト
| スポンサードリンク | - | - | - | pookmark |
Comment
name:
email:
url:
comments:
Trackback
トラックバック機能は終了しました。
4 7 10 13 16 19 22 25 28 31 34 37 40 43 46 49 52 55 58 61 64 67 70 73 76 79 82 85 88 91 94 97 100 103 106 109 112 115 118 121 124 127 130 133 136 139 142 145 148 151 154 157 160 163 166 169 172 175 178 181 184 187 190 193 196 199 202 205 208 211 214 217 220 223 226 229 232 235 238 241 244 247 250 253 256 259 262 265 268 271 274