スポンサードリンク
無料ブログ作成サービス JUGEM
人気ブログランキング くつろぐ ブログ王
■ Mobile
qrcode
スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

| スポンサードリンク | - | - | - | pookmark |
←prev entry Top next entry→
裁判員判決軽視・・裁判員裁判やめろ!
神戸市長田区で2014年9月、小学1年の女児=当時(6)=が殺害された事件で、殺人と死体損壊・遺棄、わいせつ目的誘拐の罪に問われた無職○○被告(50)の控訴審判決が10日、大阪高裁であった。樋口裕晃裁判長は「計画性がないことは重視すべきで、生命軽視の態度が甚だしく顕著とは言えない」と述べ、死刑とした一審神戸地裁の裁判員裁判判決を破棄し、無期懲役を言い渡した。殺害された被害者が1人で、裁判員裁判の死刑判決が覆されたのは3件目。過去2件は強盗殺人で、いずれも東京高裁が死刑を破棄して無期懲役とし、最高裁で確定している。
一審判決は、動機の身勝手さや殺害方法の残虐性を挙げ、生命軽視の姿勢が甚だしいとして、被害者1人でも死刑が許容されると判断した。
樋口裁判長は、わいせつ目的で誘拐したと認定したが、発覚を免れるため殺害したことは「非難を格段に高めるとは言えない」と判断。殺害方法について「残虐性が極めて高いとした判断に賛同できない」と述べた。
さらに「声を掛けた時点で殺害を具体的に計画していたとは言えない」と指摘。非難の程度は弱まり、死刑が許容されるとは言えないと結論付けた。裁判員裁判の量刑判断を覆したことには「尊重すべきだが是正せざるを得ず、制度の趣旨を損なうものではない」と付言した。
判決によると、君野被告は14年9月11日、長田区の路上で「絵のモデルになってほしい」と女児に声を掛け、わいせつ目的で誘拐。同区の自宅アパートで首をロープで絞め、包丁で刺し殺害し、遺体を切断して自宅近くの草むらに遺棄した。(時事通信 http://www.jiji.com/jc/article?k=2017031000219&g=soc)

おいおい、どうしてこのような身勝手で残虐極まりない事件を起こした奴が死刑じゃないんだよ??
『「非難を格段に高めるとは言えない」』って何?『格段に高める』までもなく最悪でしょ。
『死刑が許容されるとは言えないと結論』・・なんで?
『「尊重すべきだが是正せざるを得ず、制度の趣旨を損なうものではない」』・・尊重もしていないし、制度を否定するものだ。
法曹界ではなく一般の国民の感覚を導入するという目的のはずなのに・・ないがしろにして・これじゃ存在する意味ないでしょ?
凶悪事件の場合に国民は厳罰を求めているんだよ。
それは何故か・・次に同様の凶悪事件が起きることの無いよう犯罪抑止・治安維持を求めているから。
それが反映されなければ、何のための裁判員制度なの?
もともと反対の声が多かった。
被告に関係するヤクザに威圧されたケースもある。
裁判員になった人の精神的肉体的負担は大きい。
その上、苦労して導いた判決をあっさり覆される・・そんな制度にいったいどんな意味があるの?

| 愛アース | 法律 | comments(0) | trackbacks(0) | pookmark |
スポンサーサイト
| スポンサードリンク | - | - | - | pookmark |
Comment
name:
email:
url:
comments:
Trackback
http://aiearth.jugem.jp/trackback/35670
4 7 10 13 16 19 22 25 28 31 34 37 40 43 46 49 52 55 58 61 64 67 70 73 76 79 82 85 88 91 94 97 100 103 106 109 112 115 118 121 124 127 130 133 136 139 142 145 148 151 154 157 160 163 166 169 172 175 178 181 184 187 190 193 196 199 202 205 208 211 214 217 220 223 226 229 232 235 238 241 244 247 250 253 256 259 262 265 268 271 274