スポンサードリンク
無料ブログ作成サービス JUGEM
人気ブログランキング くつろぐ ブログ王
■ Mobile
qrcode
スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

| スポンサードリンク | - | - | - | pookmark |
←prev entry Top next entry→
米子強盗殺人、1審破棄し2審で無罪判決
鳥取県米子市で2009年9月、以前働いていたホテルで支配人に暴行して現金を奪い、6年後に死亡させたとして、強盗殺人罪に問われた同市の無職○○被告(59)の控訴判決で、広島高裁松江支部は27日、懲役18年とした1鳥取地裁裁判裁判判決破棄し、無罪言い渡した。
つがむらあきよ裁判は「1判決には事実誤認ある」と述べた。
石田被告は、09年9月29日、店長務めことがあるホテル事務所に侵入し、支配人の男性(当時54)の打ち付けて、ひも状のもの絞め現金奪ったとして、14年に逮捕、起訴された。
男性は意識不明状態続き15年に死亡した。
石田被告一貫して否認しており裁判では状況証拠評価争点なった。
16年7月の1判決は、ホテルには釣り銭の千円用意され、石田被告が事件翌日被害金額(約26万8000円)に近い230の千円自分名義口座入金していたことなどから有罪認定
金品奪う目的否定し、殺人窃盗適用した。
控訴判決で、裁判長は「石田被告直前までホテル勤務しており、釣り銭として大量の千円札を自分持っている必要否定することできず、被害そのものだと裏付ける証拠ない」と指摘
にも犯行可能だった人物いるなどとした。
そのうえで、状況証拠による立証には、被告犯人でないと合理説明できない事実関係含まれること必要とし、「これに至らない間接事実いくつ積み上げても、犯人立証には足りない」と述べた。
石田被告判決拘置松江刑務所松江市)から釈放され、「やっていないことを証明しろ言われても、自分から出せる証拠なく不安だったが、無罪信じていた」と話した。
鳥取県警の松岡宏治・捜査1次席は「物的証拠が乏しいなか、捜査は尽くした。逮捕に問題はなかったと考えている」と述べた。…(読売新聞 http://www.yomiuri.co.jp/national/20170327-OYT1T50118.html)

まず、冤罪はあってはならない。
又、一審は裁判員裁判だったのかな?素人の裁判員責めるなよ。
裁判員の判決は上告審で覆されることが多く軽視されている。
法曹関係者でなく法的知識もなく判断する訓練もされていないそもそもが奇怪な裁判員制度などという欠陥制度を直ちに廃止するべきだ。

もし被告が無実だとすると真犯人はまだのうのうと生きているのか・・誰のせい?
| 愛アース | 法律 | comments(0) | trackbacks(0) | pookmark |
スポンサーサイト
| スポンサードリンク | - | - | - | pookmark |
Comment
name:
email:
url:
comments:
Trackback
http://aiearth.jugem.jp/trackback/36050
4 7 10 13 16 19 22 25 28 31 34 37 40 43 46 49 52 55 58 61 64 67 70 73 76 79 82 85 88 91 94 97 100 103 106 109 112 115 118 121 124 127 130 133 136 139 142 145 148 151 154 157 160 163 166 169 172 175 178 181 184 187 190 193 196 199 202 205 208 211 214 217 220 223 226 229 232 235 238 241 244 247 250 253 256 259 262 265 268 271 274