スポンサードリンク
無料ブログ作成サービス JUGEM
人気ブログランキング くつろぐ ブログ王
■ Mobile
qrcode
スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

| スポンサードリンク | - | - | - | pookmark |
←prev entry Top next entry→
軽視するなら、裁判員制度やめてしまえ!
宮崎市のアパートで平成25年、交際相手の女性=当時(27)=を殺害したとして殺人や死体損壊・遺棄などの罪に問われた無職、○○被告(31)の控訴審判決で、福岡高裁宮崎支部(根本渉裁判長)は27日、求刑を超える無期懲役とした一審裁判員裁判判決を破棄し、懲役25年を言い渡した。
被告側は「殺害はしていない。一審判決には事実誤認がある」と無罪を主張していた。
検察側の求刑は懲役25年だったが、一審判決は「市民感覚に照らして不当に軽い」と判断した。
一審判決によると、被告は同居していた女2人と共謀。女の自宅で25年7〜8月、無職、沢木友美さんを暴行し、8月15日に被告らが沢木さんの顔をタオルでふさいで窒息死させた。その後、3人で遺体を切断し、遺棄した。共犯の女2人は、懲役12年と懲役5年の刑が確定している。…(産経新聞 http://www.sankei.com/west/news/170427/wst1704270050-n1.html)

無論、冤罪はあってはならない。
しかし、共犯も二人いるのだからかなり真実に近づけているのでは?
合理的な立証も進んでいるでしょ。

そこで裁判員が判断したものをどうしてそうも軽々と覆すの?
『「市民感覚に照らして不当に軽い」と判断』って、そもそも裁判員裁判って市民感覚を導入することが目的だったんでしょ?

その場しのぎだな。
法曹界の方が矛盾している!

だったら、裁判員制度などという無駄が愚策はとっととやめてしまえ!
| 愛アース | 法律 | comments(0) | trackbacks(0) | pookmark |
スポンサーサイト
| スポンサードリンク | - | - | - | pookmark |
Comment
name:
email:
url:
comments:
Trackback
http://aiearth.jugem.jp/trackback/36311
4 7 10 13 16 19 22 25 28 31 34 37 40 43 46 49 52 55 58 61 64 67 70 73 76 79 82 85 88 91 94 97 100 103 106 109 112 115 118 121 124 127 130 133 136 139 142 145 148 151 154 157 160 163 166 169 172 175 178 181 184 187 190 193 196 199 202 205 208 211 214 217 220 223 226 229 232 235 238 241 244 247 250 253 256 259 262 265 268 271 274