スポンサードリンク
無料ブログ作成サービス JUGEM
人気ブログランキング くつろぐ ブログ王
■ Mobile
qrcode
←prev entry Top next entry→
残ると好ましくない不要iPS、効率良く除去可能に
再生医療で問題となる不要なiPS細胞(人工多能性幹細胞)を効率良く除去する化合物を開発したと、京都大iPS細胞研究所の斉藤博英教授(生命工学)らのグループが19日、米科学誌セル・ケミカル・バイオロジー(電子版)に発表する。iPS細胞から神経や心筋などの目的の細胞に変化させた場合、一部のiPS細胞は変化しきれずにそのまま残る。この細胞を移植すると腫瘍になる可能性があるため、再生医療の課題の一つとされている。
グループが開発した化合物は、iPS細胞の表面にあるたんぱく質に結びついて集まり、iPS細胞にダメージを与える性質がある。
実験で、iPS細胞と心筋細胞を混ぜ、化合物に1時間さらすと、10%を占めていたiPS細胞が0・4%に減った。心筋細胞には影響がなかった。
また、iPS細胞と心筋細胞をマウスの精巣に移植すると、8個の精巣のうち7個に腫瘍ができたが、化合物を加えてから移植すると腫瘍が全くできなかった。斉藤教授は「化合物は簡単に作製でき、コストも安い」と話している。(読売新聞 http://www.yomiuri.co.jp/osaka/news/20170519-OYO1T50002.html)

>8個の精巣のうち7個に腫瘍ができたが、化合物を加えてから移植すると腫瘍が全くできなかった
→素晴らしいですね。
iPS使って治療できたとしてもがんで苦しむことになれば辛いですよね。
安全性の向上ですね。
| 愛アース | 科学技術 | comments(0) | trackbacks(0) | pookmark |
スポンサーサイト
| スポンサードリンク | - | - | - | pookmark |
Comment
name:
email:
url:
comments:
Trackback
http://aiearth.jugem.jp/trackback/36699
4 7 10 13 16 19 22 25 28 31 34 37 40 43 46 49 52 55 58 61 64 67 70 73 76 79 82 85 88 91 94 97 100 103 106 109 112 115 118 121 124 127 130 133 136 139 142 145 148 151 154 157 160 163 166 169 172 175 178 181 184 187 190 193 196 199 202 205 208 211 214 217 220 223 226 229 232 235 238 241 244 247 250 253 256 259 262 265 268 271 274