スポンサードリンク
無料ブログ作成サービス JUGEM
人気ブログランキング くつろぐ ブログ王
■ Mobile
qrcode
←prev entry Top next entry→
核融合発電へ一歩前進、プラズマ温度1億2千万度を達成
核融合を利用した発電目指し研究続ける融合科学研究所岐阜土岐市)は9発電必要条件一つプラズマ温度1達成したと発表した。
研究前進だが、実用めど立つのは今世紀半ば以降なるいう
融合発電は、原子核同士を超高温で超高圧状態にして無理やりくっつけることで、原子核変える生まれる膨大エネルギー利用する
これ太陽中心起きいる反応と同じで、人工起こすには、超高温高密度プラズマ持続作り出す必要ある
融合は、今年3月から重水素使っ実験開始
温度上昇妨げる不純物除去や、プラズマ乱れ抑えるなどし、プラズマ温度が1電子密度が1立方センチあたり13状態を0・1以下作り出すこと成功した。…(朝日新聞 http://www.asahi.com/articles/ASK895DBJK89OIPE01D.html)

まだまだ遠い道のりになるだろうけど一寸だけ前進。

高速増殖炉の実用化は遠のいているように思う。
果たしていつの日にか『核融合』人類の手で実用化する時がくるのだろうか・・?
| 愛アース | 科学技術 | comments(0) | trackbacks(0) | pookmark |
スポンサーサイト
| スポンサードリンク | - | - | - | pookmark |
Comment
name:
email:
url:
comments:
Trackback
http://aiearth.jugem.jp/trackback/37678
4 7 10 13 16 19 22 25 28 31 34 37 40 43 46 49 52 55 58 61 64 67 70 73 76 79 82 85 88 91 94 97 100 103 106 109 112 115 118 121 124 127 130 133 136 139 142 145 148 151 154 157 160 163 166 169 172 175 178 181 184 187 190 193 196 199 202 205 208 211 214 217 220 223 226 229 232 235 238 241 244 247 250 253 256 259 262 265 268 271 274