スポンサードリンク
無料ブログ作成サービス JUGEM
人気ブログランキング くつろぐ ブログ王
■ Mobile
qrcode
←prev entry Top next entry→
精神障害者による犯罪被害を防ぐには
川崎市高津区の東急田園都市線溝の口駅でホームにいた会社員の男性(45)が何者かに線路上に突き落とされた事件で、神奈川県警が近く殺人未遂容疑で、同市内に住む男を逮捕する方針を固めたことが4日、捜査関係者への取材で分かった。男は20代後半とみられ、精神疾患があるといい、県警は刑事責任能力の有無も含めて詳しい経緯などを調べる。
捜査関係者によると、男は1日午前8時ごろ、同駅の上りホームで、同区在住の男性に体当たりして線路上に突き落とし、殺害しようとした疑いが持たれている。男性は自力ではい上がり、けがはなかった。
同8時15分ごろに駅員が110番通報して発覚。ホームの防犯カメラには、長袖のTシャツに黒っぽいズボン姿の男が後ろから小走りで男性に体当たりし、走り去る様子が写っていた。その後、駅の南口改札を通り抜けて構外に出ていく様子も確認された。
捜査関係者によると、駅周辺の街頭の防犯カメラ画像などから、男の自宅が同市内にあることが判明。男は事件後も同駅を訪れていた。男性は男と面識がなく、直前に口論などのトラブルもなかった。男性は県警の調べに「無言のまま、いきなり押された」などと説明していた。…(産経新聞 http://www.sankei.com/affairs/news/171005/afr1710050004-n1.html)

何の関係もない知らない奴に突然殺されたんじゃ成仏もできないだろうな。

少年犯罪に対しては近年法改正などで多少は厳しくなってはきたように思える。
しかし、通常の犯罪の容疑者についてもだが現行の法制度は加害者側擁護のスタンスが強すぎる。
精神疾患があるから人を殺しても不起訴だ、裁判やっても無罪だ・・という法制度が果たして社会的正義なものだろうか。
当該事案の45歳男性はたまたま無傷だったが死んでいても不思議でないケース。
相手が精神障害者だったから殺されたけど罪に問えませんでした・終わり・ で被害者側が納得できるか?できるはずないだろ。被害者にとっては加害者がVIPだろうと精神障害者だろうと同じこと、到底納得できるはずがない。

法的な裁きを受けないのなら、せめて、粗暴もしくは凶悪傾向のある精神病患者には社会で凶悪事件などの悪事を犯すことの無いようにきちんと隔離された空間で管理されるべきだ。
自由は権利だが他人の自由を奪うリスクが高い場合は制限されても致し方ないと思う。

| 愛アース | 法律 | comments(0) | trackbacks(0) | pookmark |
スポンサーサイト
| スポンサードリンク | - | - | - | pookmark |
Comment
name:
email:
url:
comments:
Trackback
トラックバック機能は終了しました。
4 7 10 13 16 19 22 25 28 31 34 37 40 43 46 49 52 55 58 61 64 67 70 73 76 79 82 85 88 91 94 97 100 103 106 109 112 115 118 121 124 127 130 133 136 139 142 145 148 151 154 157 160 163 166 169 172 175 178 181 184 187 190 193 196 199 202 205 208 211 214 217 220 223 226 229 232 235 238 241 244 247 250 253 256 259 262 265 268 271 274