スポンサードリンク
無料ブログ作成サービス JUGEM
人気ブログランキング くつろぐ ブログ王
■ Mobile
qrcode
スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

| スポンサードリンク | - | - | - | pookmark |
←prev entry Top next entry→
それにしても裁判員・・
裁判員制は残念ながら施行されてしまったが、個人的には一貫して反対だ。
昨夜の日本テレビ系「サプライズ」の中の映像で足利事件の冤罪被害者・菅家利和さんが裁判官にはまだ謝られていないとおっしゃっていた。
最高裁への上告の際には新しい方法のDNA鑑定での再鑑定を申請したものの棄却されたらしい。
人間だから間違いも起こす、故意の事件や悪事はまったく別次元の問題だが、過失と言う意味で。
間違ったことをしたら謝るのが当然だろ。
多くの人は幼稚園くらいの年代までにはそのように教えられていると思う。
それもしない(できない?)とは、裁判官の中にこそ普通の人間性を欠如した一般的な感覚から乖離した人たちが多いのではないのか?
確かに司法試験を通ったので法律関連知識があるのだろうし記憶力もいいのかもしれない。でも、その他の社会常識や感覚、思考・判断力が必ずしも高いとは言い切れない。
そもそも司法関係者がその他の人達より上位的な上から目線的なところが鼻について既にむかつくのだが。
司法制度に市民感覚を取り入れたいと言う趣旨・目的で裁判員制が始まったんだと聞いた風に記憶している。
裁判員制はどっちみち一審(地方裁判所)だけでしょ、二審以降は専門家だけで進むわけだし。
国民の側に無用な負担を強いり様々な問題点を内包する制度を存続するより、司法関係者こそが一般的な知識や感覚を身につけるべきではないか。
その為に中学生じゃないけど、スーパー、八百屋、魚屋、大工、清掃員、下水管掃除、工場ライン、農業、配達員、書店、事務、データ入力、工事作業員、営業、農業、漁業、引越し屋、居酒屋・・・等職場体験を数年やるとかしたいいんじゃないの?
体験期間を考慮してある程度人員が増えてしまうのは仕方ない。
でも、裁判員制で要する膨大なコストほどじゃないんじゃないの?
| 愛アース | 政治・行政 | comments(0) | trackbacks(0) | pookmark |
スポンサーサイト
| スポンサードリンク | - | - | - | pookmark |
Comment
name:
email:
url:
comments:
Trackback
http://aiearth.jugem.jp/trackback/3953
4 7 10 13 16 19 22 25 28 31 34 37 40 43 46 49 52 55 58 61 64 67 70 73 76 79 82 85 88 91 94 97 100 103 106 109 112 115 118 121 124 127 130 133 136 139 142 145 148 151 154 157 160 163 166 169 172 175 178 181 184 187 190 193 196 199 202 205 208 211 214 217 220 223 226 229 232 235 238 241 244 247 250 253 256 259 262 265 268 271 274