スポンサードリンク
無料ブログ作成サービス JUGEM
人気ブログランキング くつろぐ ブログ王
■ Mobile
qrcode
←prev entry Top next entry→
裁判員裁判・・やめるべきではないか
山形地裁は7日、強制性交致傷問われて6日に初公判行われた裁判裁判の裁判員と補充裁判員の辞任相次ぎ欠員ため、裁判期日取り消したと発表した。
同地裁で裁判員欠員による期日取り消しは初めて
発表によると、裁判では裁判員6人と補充裁判員2人が選任されたが、裁判員2人と補充裁判員1人が辞任を申し出た。
補充裁判員は1日、裁判員2人は5、7日付で辞任がそれぞれ認められ解任された。
3人はいずれも女性という
裁判員では、重い疾病けがによって裁判所行けない場合や、父母葬式などほか日程では行えない用務ある場合などは辞任の申し立てできる定められているが、山形地裁は3人の辞任の理由について「裁判員への配慮」として明らかにしていない。
裁判は7日に結審し、8日に判決言い渡される予定だった。
山形地裁は「今後審理の予定は未定」とし、裁判員を補充して審理を続けるか、初公判からやり直す検討するという。…(読売新聞 http://www.yomiuri.co.jp/national/20180208-OYT1T50047.html)

裁判員裁判という制度が上手く行っているとは思えない。
やはり、廃止にするべきだと思う。
| 愛アース | 法律 | comments(0) | trackbacks(0) | pookmark |
スポンサーサイト
| スポンサードリンク | - | - | - | pookmark |
Comment
name:
email:
url:
comments:
Trackback
http://aiearth.jugem.jp/trackback/39752
4 7 10 13 16 19 22 25 28 31 34 37 40 43 46 49 52 55 58 61 64 67 70 73 76 79 82 85 88 91 94 97 100 103 106 109 112 115 118 121 124 127 130 133 136 139 142 145 148 151 154 157 160 163 166 169 172 175 178 181 184 187 190 193 196 199 202 205 208 211 214 217 220 223 226 229 232 235 238 241 244 247 250 253 256 259 262 265 268 271 274