スポンサードリンク
無料ブログ作成サービス JUGEM
人気ブログランキング くつろぐ ブログ王
■ Mobile
qrcode
←prev entry Top next entry→
本庶佑氏にノーベル医学・生理学賞
スウェーデンカロリンスカ研究所は1日、2018年のノーベル医学生理学を、免疫抑制するタンパク質発見し、がん免疫治療オプジーボ」の開発つなげ京都大特別教授の本庶佑ほんじょ・たすく(76)ら2氏に授与すると発表した。
免疫を抑える働き阻害することでがんを治療する画期的な免疫療法確立し、がん治療に新た開い功績評価された。
受賞テキサス立大ジェームズ・アリソン博士
日本人のノーベル賞受賞は2年ぶりで計24人。
昨年カズオ・イシグロ氏ら外国含め計27人となった。
医学・生理学賞は大隅良典氏に続き計5人。
現在の抗がんは、がん細胞直接攻撃するタイプの薬が大半占める
これに対し本庶氏は、がん細胞が人の免疫から逃れ生き延びる仕組み阻止し、免疫細胞の攻撃力を高めて治療する全く新しいメカニズムの薬を開発した。
このタイプの薬は「免疫チェックポイント阻害薬」と呼ばれ、一部のがんに劇的効果確認されており、がん治療を一変せる新薬として近年世界注目集めいる
本庶氏は平成4(1992)年、免疫を担う細胞の表面あるPD−1」というタンパク質を見つけたと発表。
マウス使っ実験で、がん細胞への免疫を抑えるブレーキとして働いていることを突き止めた。
このタンパク質に対する抗体をマウスに投与したところ、ブレーキが外れたことで免疫が強まり、がんの増殖抑えられることを確認。
小野薬品工業大阪)が臨床試験行い、26年にオプジーボを発売した。
既に世界60カ国以上承認されている。
が承認した治療対象当初皮膚がんの悪性黒色だったが、その後肺がん胃がんなどに拡大
他の多く種類のがんでも臨床試験が国内外行われており、将来はがんの標準的な治療一つとして普及期待されている。…(livedoor ニュース http://news.livedoor.com/article/detail/15384389/)

素晴らしい!
きっと獲ると思っていました。
おめでとうございました!🎊👏👏👏👏👏
| 愛アース | 医学・医療・健康 | comments(0) | trackbacks(0) | pookmark |
スポンサーサイト
| スポンサードリンク | - | - | - | pookmark |
Comment
name:
email:
url:
comments:
Trackback
http://aiearth.jugem.jp/trackback/40352
4 7 10 13 16 19 22 25 28 31 34 37 40 43 46 49 52 55 58 61 64 67 70 73 76 79 82 85 88 91 94 97 100 103 106 109 112 115 118 121 124 127 130 133 136 139 142 145 148 151 154 157 160 163 166 169 172 175 178 181 184 187 190 193 196 199 202 205 208 211 214 217 220 223 226 229 232 235 238 241 244 247 250 253 256 259 262 265 268 271 274