スポンサードリンク
無料ブログ作成サービス JUGEM
人気ブログランキング くつろぐ ブログ王
■ Mobile
qrcode
スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

| スポンサードリンク | - | - | - | pookmark |
←prev entry Top next entry→
盲腸をとったらパーキンソン病になるリスク減?
盲腸虫垂)を切除した人は、神経疾患パーキンソンかかりにくい――。
そんな分析米国などの研究チーム発表した。
160万人以上データ解析したところ、盲腸手術受けた人の発症リスクは、盲腸のある人より約20%低くなる傾向あったという
ただ、現時点で、発症予防ための盲腸切除までは勧めていない。
科学サイエンス・トランスレーショナル・メディスンに論文を発表した。
…盲腸手術を受けた人は、そうでない人に比べて、生涯の発症リスクが約19・3%低下
10万人あたりの発症比べると、年間約0・4人少なかった。
特に農村では盲腸がない人は、ある人に比べて25・4%も発症リスクが下がっていた。
パーキンソン病のリスクを上げるとされる農薬ふれる機会多いこと影響しているらしい。
のデータからは、発症の30年以上に手術を受けた人は、それ以外の人に比べて、発症が平均約3・6年遅れる傾向も判明した。
パーキンソン病は、細胞特殊たんぱく質蓄積されて発症するとされる。
近年の研究で、盲腸には、このたんぱく質の材料となる物質たまっていることがわかってきているという。
かつては「無用長物」「とってもとらなくても関係ない」などと言われた盲腸だが、近年、正負両面から注目されている。
免疫働き保つ効果や、取り除くことでがんの発症リスクが上がるなど、健康よい影響を与えているとする見方もある。(朝日新聞 https://www.asahi.com/articles/ASLC555C1LC5ULBJ00X.html)

傾向はありそうだけど、賛否両論あって、どうやら単純に取っちまえば良いというものでもなさそう。
| 愛アース | 科学技術 | comments(0) | trackbacks(0) | pookmark |
スポンサーサイト
| スポンサードリンク | - | - | - | pookmark |
Comment
name:
email:
url:
comments:
Trackback
http://aiearth.jugem.jp/trackback/40367
4 7 10 13 16 19 22 25 28 31 34 37 40 43 46 49 52 55 58 61 64 67 70 73 76 79 82 85 88 91 94 97 100 103 106 109 112 115 118 121 124 127 130 133 136 139 142 145 148 151 154 157 160 163 166 169 172 175 178 181 184 187 190 193 196 199 202 205 208 211 214 217 220 223 226 229 232 235 238 241 244 247 250 253 256 259 262 265 268 271 274