スポンサードリンク
無料ブログ作成サービス JUGEM
人気ブログランキング くつろぐ ブログ王
■ Mobile
qrcode
←prev entry Top next entry→
ハイレグブームは難しい気がする
股間鋭い切れ込み回り大胆露出した「ハイレグ水着は、1980〜1990年代初頭に女性たち圧倒的支持て、「バブル景気」の象徴としても記憶れる
男性グラビアでは、杉本かとうれいこ岡本夏生飯島直子らが鋭角のハイレグ水着を纏い競っていた。
ハイレグは「ハイレッグ」の意味で、一般には腰骨さまで切れ込みがある水着を指す
技術的には切れ込みはどこまでも入れること可能だが、当然切れ込みを深くするほどシック(股間部分)が細くなっしまい問題生じしまう
…「1982年に始めたハイレグはまだ切れ込みが浅かったのですが、年を経るごと角度どんどん鋭角になりました。ピークは1990年前後です。1991年には腰骨のの高さまで切れ込みのある水着が販売されていました。当時それくらいの切れ込みがない売れなかったんです(笑い)」当時、ハイレグ商品売り上げの6占めたという
「景気が良いミニスカート流行る」というがある。
好景気では女性のの露出が増え不景気だと減るというものだ。
バブルのハイレグの流行これ一致していた。
そしてバブル崩壊、ハイレグ人気は1994年には終焉迎えた。
ブーム再興には、まずは景気低迷からの脱却前提条件になります。現在ムード払拭してからになりますが、積極的にメディアなどでハイレグを取り上げもらえば、に景気を刺激して社会活性できるかもしれません。ハイレグは平均的な日本人女性の体型でもから見れば脚を長く見せられ視覚的にも健康的な女性の美しさを強調できます。いる人にも元気与えますから期待したいです」(丸田)3月にハイレグ女王呼ばれたグラドル川崎あや引退した。
新たな女王が生まれるにはぜひとも日本を元気づける存在になってもらいたい。…(livedoor ニュース https://news.livedoor.com/article/detail/18335039/)

当時、そんなにもハイレグって多かったのか!?
生では見たことなかったなぁ..残念ながら。
ハイレグの再興って今年の夏はまだ自粛マインドだから難しい気がするけどな。
川崎あやさんかわゆかったなぁ引退は残念、でも歳は取らないわけにもいかないから仕方ないけどね。
早くコロナが収まってセクシー水着美女だらけのビーチに行き目の保養したいものだ(動機不純でスンマセン)
| 愛アース | 社会 | comments(0) | - | pookmark |
スポンサーサイト
| スポンサードリンク | - | - | - | pookmark |
Comment
name:
email:
url:
comments:
4 7 10 13 16 19 22 25 28 31 34 37 40 43 46 49 52 55 58 61 64 67 70 73 76 79 82 85 88 91 94 97 100 103 106 109 112 115 118 121 124 127 130 133 136 139 142 145 148 151 154 157 160 163 166 169 172 175 178 181 184 187 190 193 196 199 202 205 208 211 214 217 220 223 226 229 232 235 238 241 244 247 250 253 256 259 262 265 268 271 274