スポンサードリンク
無料ブログ作成サービス JUGEM
人気ブログランキング くつろぐ ブログ王
■ Mobile
qrcode
←prev entry Top next entry→
俳優・渡哲也さんが死去
呼吸疾患療養だった俳優哲也さん8月10日午後6時30分に肺炎ため死去した。
78だった。
所属事務所石原プロモーションが14日、発表した。
昭和の大スターがまた1人、引き取った。
1941年12月28日、島根安来町(現・安来市)で生まれ兵庫淡路町で育った。
高校卒業上京し、進学した青山学院大では空手道部在籍した。
もともと航空整備志望していたが、故・石原裕次郎さんに憧れ一目会いたいと訪れ日活撮影スカウトされ、64年に日活入社
翌65年に映画あばれ騎士」で主演デビュー飾った。
初対面の石原さんにあいさつをした時、握手とともに激励言葉もらっこと感動
後に自ら後輩たちに対して同じよう振る舞うようになった。
68年に第1公開された「無頼シリーズ最初代表作となったが、71年に日活を退社
石原さんを慕って石原プロモーションに入社した。
73年には歌手として「くちなし」を発表。
約150万売り上げるヒットなり翌年NHK紅白歌合戦にも出場した。
華々しい活躍で、闘い続け生涯でもあった。
74年のNHK大河ドラマ海舟」は肋膜炎のため途中降板
75年の映画「大脱獄」は高倉さん、菅原文太さんとの共演決まっていたが、渡さんの体調不良のため実現しなかった。
91年には直腸がん患った。
悪化していた石原プロ経営立て直すため、76年からはテレビドラマにも本格進出
同年開始の主演作「大都会」シリーズ、79年オンエアスタートの「西部警察」はサングラス似合うダンディー姿国民人気呼んだ。
87年に石原さんが52歳のさで死去した後、後継社長就任
2011年に退任するまで、弟分ひろしとともに若手の「石原軍団育成
2015年6月急性心筋梗塞緊急入院
約1か月後に退院リハビリを続け、11月には仕事復帰果たした。
最後の仕事は2020年6月に行われた宝酒造の日本松竹梅」の50周年記念した新CMよろこびお伝えして50年〜の共演〜」ナレーション出演
2021年1月16日の石原プロ解散踏まえ、32年間続けたCMを勇退
石原裕次郎さんとテレビCM“初共演”で有終の美を飾っていた。
最後の師弟タッグが実現したCMでは、京都東福寺光明院和服の裕次郎さんと渡さんが酒を酌み交わす
渡さんがおちょこに「よろこびとは?」としみじみ問うと、裕次郎さんが酒をおいしそう鳴らし飲み干し、「飲むことよ!」と渋い答えていた。
渡さんが守ってきた石原プロは、2021年1月16日、設立の日に解散することが決まっている
裕次郎さんの「死んだら即会社たたみなさい」という遺言を最後に渡さんは遂行した。
渡さんは石原プロ解散に関して、役目終えて一安心した様子だったという
唯一無念は、石原プロの最後を見届けられなかったことだろう。
昭和、平成と石原プロを支えた二枚看板たち。
昭和の大俳優2人は、天国を手にし、までの苦労語り合っているに違いない。…(livedoor ニュース https://news.livedoor.com/article/detail/18735079/)

昭和の巨星、大スターが逝ってしまわれました。
多くの作品で楽しませていただきましたが
印象深かったのは西部警察かなぁ。
裕次郎さんの「俺が死んだら即会社をたたみなさい」という遺言・・裕次郎さんがそんな遺言をのこされていたのか。会社の行く末を案じていたのかな。
裕次郎さん、弟の渡瀬恒彦さんと久しぶりに松竹梅で…

ご冥福をお祈りいたします
| 愛アース | 社会 | comments(0) | - | pookmark |
スポンサーサイト
| スポンサードリンク | - | - | - | pookmark |
Comment
name:
email:
url:
comments:
4 7 10 13 16 19 22 25 28 31 34 37 40 43 46 49 52 55 58 61 64 67 70 73 76 79 82 85 88 91 94 97 100 103 106 109 112 115 118 121 124 127 130 133 136 139 142 145 148 151 154 157 160 163 166 169 172 175 178 181 184 187 190 193 196 199 202 205 208 211 214 217 220 223 226 229 232 235 238 241 244 247 250 253 256 259 262 265 268 271 274