スポンサードリンク
無料ブログ作成サービス JUGEM
人気ブログランキング くつろぐ ブログ王
■ Mobile
qrcode
←prev entry Top next entry→
楽しいキャンプに招かざる客が
…北アルプス玄関上高地長野松本市)の小梨平キャンプ今月上旬クマ襲われた都内の50代女性…「テントごと強い引きずられた」などと当時状況語った。
女性を襲ったとみられるクマは13日に捕獲されたが、再発防止整うまでキャンプ場は閉鎖れる
女性は8月8日から23日の日程で上高地を訪れ徳本峠などのハイキング楽しむつもりだった。
小梨平キャンプ場で山仲2人と合流し、それぞれ1人テントを設営した。
8日午後6時ごろ就寝したが、同11時半ごろ、テントが何者かに引っ張られるのを感じ覚ました。
真っ暗相手動き速くなり、「助けください」と叫んだ。
やがて、動きが止まり、テントのに大きな立ち上がるのが見えた。
その直後、テントが一瞬うち引き裂かれた。
うめくよう聞こえひざに強い衝撃を感じた。
テントを張っすぐ近くトイレ建物あったが、その横の小道を強い力でテントごと建物のまで引きずられた。
距離にして15〜20メートルもあった。
その後、テントからはい出たが、周囲は真っ暗で静か
動いいいのか? まずいのか?」。
悩みながらも起き上がっ低くして走り、トイレに逃げ込んだ。
逃げる、クマのが見えたように感じた。
大きな印象残っいるいう
「クマに襲われたので、仲間のテントまで付き添ってください」とトイレで助けを求めた。
事故から15分くらい過ぎていた。
上高地の診療応急処置受け、松本市立病院搬送された。
最初かまれたと思ったが、ひっかかれたような約8センチ裂傷が2あり縫合手術を受けた。
PCR検査陰性だったので、安心した。
仲間が、クマに奪われたザック衣類などを回収してくれた。
レトルトカレーなどのパック裂かれ、きれい食べられていたという。
女性は「クマに恨みはなく、むしろ申し訳ないと思う地元の人は『続き食料不足だったはず』という。人間の食料の覚えたクマとの共存難しい聞いた」…(livedoor ニュース https://news.livedoor.com/article/detail/18767673/)

怖かっただろうね。
ケガはしたが命がご無事だったのは幸いだったのではないか。

>人間の食料の味を覚えたクマとの共存は難しいと聞いた
→そうだろうね。駆除など対処なされるまでは警戒が必要でしょうね。
木造など家ならまだしも熊を相手にテントじゃひとたまりもない。
| 愛アース | 社会 | comments(0) | - | pookmark |
スポンサーサイト
| スポンサードリンク | - | - | - | pookmark |
Comment
name:
email:
url:
comments:
4 7 10 13 16 19 22 25 28 31 34 37 40 43 46 49 52 55 58 61 64 67 70 73 76 79 82 85 88 91 94 97 100 103 106 109 112 115 118 121 124 127 130 133 136 139 142 145 148 151 154 157 160 163 166 169 172 175 178 181 184 187 190 193 196 199 202 205 208 211 214 217 220 223 226 229 232 235 238 241 244 247 250 253 256 259 262 265 268 271 274