スポンサードリンク
無料ブログ作成サービス JUGEM
人気ブログランキング くつろぐ ブログ王
■ Mobile
qrcode
←prev entry Top next entry→
傷をつけても・即回復・する自己修復プラスチック開発
大阪大学などの研究チームは、自然修復でき高い強度持つプラスチック開発したと発表しました。
こちらは、その自己修復プラスチックでコーティングしたシャーレです。
硬いハケこすると傷ができますが、すぐ元通りに。
強度を従来より3以上高め実用向け大きく前進したといいます。
このようちぎれても・・・くっつければ元通りに。
理論も傷をつけたり、壊したりしても、姿戻るといいます。
強度も落ちることないということです。
こちらが、自己修復のメカニズム表しアニメーションです。
プラスチックを壊したとき内部で何が起きいるかというと、黄色わっかのをした「ホスト」と呼ばれる分子と、の形をした「ゲスト」と呼ばれる分子が分離します。
この時、ホストとゲストの分子そのもの破壊されません。
そのため、プラスチックを再びくっつけると、ホストとゲストが元通りに結合し、強度を損なうことなく修復されるということです。…(Yahoo!ニュース https://news.yahoo.co.jp/articles/6d8d7e43d13b6f0b63513dd734ef063d355f181b)

スゲェ!
強度が落ちないのも良い
実用化されれば使途は広いのでは?



| 愛アース | 科学技術 | comments(0) | - | pookmark |
スポンサーサイト
| スポンサードリンク | - | - | - | pookmark |
Comment
name:
email:
url:
comments:
4 7 10 13 16 19 22 25 28 31 34 37 40 43 46 49 52 55 58 61 64 67 70 73 76 79 82 85 88 91 94 97 100 103 106 109 112 115 118 121 124 127 130 133 136 139 142 145 148 151 154 157 160 163 166 169 172 175 178 181 184 187 190 193 196 199 202 205 208 211 214 217 220 223 226 229 232 235 238 241 244 247 250 253 256 259 262 265 268 271 274