スポンサードリンク
無料ブログ作成サービス JUGEM
人気ブログランキング くつろぐ ブログ王
■ Mobile
qrcode
←prev entry Top next entry→
新型インフルエンザ、5〜14歳は半数感染か
新型インフルエンザ感染した割合が、514歳では約50%に上る計算なることが、国立感染症研究所感染研)が算定した推計患者数などから分かった。
厚生労働省は「学校集団生活を送る年代で、感染機会が多いためではないか」とている。
感染研全国5000カ所の医療機関受診したインフルエンザ患者数から全患者数を推計しており、22日までの累計患者数は推定1075人。
大半が新型インフルエンザられ、内訳0〜4歳が95人、5〜9歳が285人、10〜14歳が309万人、1519歳が168人。
全体の約80%を20未満占め514歳が特に多い
一方、総務省6月現在の人口推計では、59歳の人口は572人、1014歳は597人。
単純計算すれば、5〜14歳では全体の約50%が感染し、病院受診したことになる。(時事通信)
低年齢層の方が高感染率・・・低年齢だとより免疫がないということと、学校と言う感染し易い環境が影響しているのだろう。
でも、既に半数が感染したならその子等は免疫ができていて再度罹ることは基本的に無いだろうし流行が終息に向かって行くと言うか感染者数の増加率が下がってくるのではないか。・・見方として甘いか?
| 愛アース | 医学・医療・健康 | comments(0) | trackbacks(0) | pookmark |
スポンサーサイト
| スポンサードリンク | - | - | - | pookmark |
Comment
name:
email:
url:
comments:
Trackback
トラックバック機能は終了しました。
4 7 10 13 16 19 22 25 28 31 34 37 40 43 46 49 52 55 58 61 64 67 70 73 76 79 82 85 88 91 94 97 100 103 106 109 112 115 118 121 124 127 130 133 136 139 142 145 148 151 154 157 160 163 166 169 172 175 178 181 184 187 190 193 196 199 202 205 208 211 214 217 220 223 226 229 232 235 238 241 244 247 250 253 256 259 262 265 268 271 274