スポンサードリンク
無料ブログ作成サービス JUGEM
人気ブログランキング くつろぐ ブログ王
■ Mobile
qrcode
←prev entry Top next entry→
もう道路はいらない
betteroneはド田舎に生息している。
よく道路族の国会議員が「地方にはまだまだ道路が足りない」などといっている。
本当にそうなのか?
しかし、破綻寸前の国家財政のもとコストパフォーマンス的には全く見合わず
当該地域の住民が必ずしも欲していない道路をつくるのは疑問だ。
例えば、ある地方で、元々広い国道(国道以外だったかも?)があり、それで十分こと足りているところに、並行して走る自動車道を作った。
沿線の住民はわざわざ金を払って自動車道を利用するパーセンテージは低い。
住民の自動車道建設を希望する声は少なかったという。
住民が望みもしないのに巨額の資金を投入して建設
しかも、維持コストは延々と支払わなければならない
・・・これを無駄といわずなんという。

確かに田舎は交通がちょ〜不便だ。しかし、全国どこでも東京のように快適な交通環境を整備できるはずがない。田舎に居てそれを希望する人は東京なり他の都会に移住すべきだ、全国を東京並のレベルにできるはずがない。
人口減少時代に突入した日本だが地方の減少率は特に大きく、道路を作っても利用度はますます低くなるだろう。

勿論地方でも本当に必要な道路は作るべきだ。
だが、無駄な(利用価値の低い)道路はもう要らない。

道路族の国会議員にとっては道路が必要なのではなく
道路工事が必要なのだろう。
癒着密着関係にある業界が仕事が欲しいということ。
見返りに、選挙協力、政治献金、パーティ券購入、自身や親族企業関連へのリターン、・・・

政党助成金出してやってんだから
政治献金全面禁止すべきだと思う。
国会議員よもっと国民の側を見ろ。
少子化対策が必要とかいう割には母子家庭への援助(助成?)切り下げされるようだし
もっと福祉関連や有効な方面にカネ使えよ。
| | 政治・行政 | comments(0) | trackbacks(0) | pookmark |
スポンサーサイト
| スポンサードリンク | - | - | - | pookmark |
Comment
name:
email:
url:
comments:
Trackback
トラックバック機能は終了しました。
4 7 10 13 16 19 22 25 28 31 34 37 40 43 46 49 52 55 58 61 64 67 70 73 76 79 82 85 88 91 94 97 100 103 106 109 112 115 118 121 124 127 130 133 136 139 142 145 148 151 154 157 160 163 166 169 172 175 178 181 184 187 190 193 196 199 202 205 208 211 214 217 220 223 226 229 232 235 238 241 244 247 250 253 256 259 262 265 268 271 274