スポンサードリンク
無料ブログ作成サービス JUGEM
人気ブログランキング くつろぐ ブログ王
■ Mobile
qrcode
スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

| スポンサードリンク | - | - | - | pookmark |
←prev entry Top next entry→
卵子老化のメカニズムを特定、米・医科大
年齢上がると女性が妊娠しにくくなる「卵子の老化」の原因を、ニューヨーク医科大突き止めたと発表した。卵子もとなる「卵母細胞」のDNAが傷ついた際、その修復能力が衰えていた。不妊治療に役立つ成果とて注目される。13日付の医学誌サイエンストランスレーショナルメディシンに掲載される。チームは、生後11〜12カ月のマウスと、生後4〜5週の若いマウス卵母細胞の遺伝子を比較。高齢のマウスほど、傷ついDNAを修復する4遺伝子の働きが低下していることを発見した。また、4遺伝子のうち、乳がんの発症を抑える「BRCA1」を人工的に失わせたマウスは、通常より半分しか卵母細胞を作れなかった。さらに、この遺伝子に異常がある24人(平均34.8歳)の血液検査から、卵巣中の卵母細胞のを推計すると、異常のない60人(同36.3歳)に比べ半分程度に減っていたという。チームは「発見を生かして卵母細胞のDNAを修復できれば、卵巣の老化速度を遅らせることもできるかもしれない」としている。(毎日新聞)
科学技術的にはいつか可能になるのかも知れないが、本来はそれくらいの年代に子どもを産み育てるのが自然の摂理ということだろう。
| 愛アース | 科学技術 | comments(0) | trackbacks(0) | pookmark |
スポンサーサイト
| スポンサードリンク | - | - | - | pookmark |
Comment
name:
email:
url:
comments:
Trackback
http://aiearth.jugem.jp/trackback/8432
4 7 10 13 16 19 22 25 28 31 34 37 40 43 46 49 52 55 58 61 64 67 70 73 76 79 82 85 88 91 94 97 100 103 106 109 112 115 118 121 124 127 130 133 136 139 142 145 148 151 154 157 160 163 166 169 172 175 178 181 184 187 190 193 196 199 202 205 208 211 214 217 220 223 226 229 232 235 238 241 244 247 250 253 256 259 262 265 268 271 274