スポンサードリンク
無料ブログ作成サービス JUGEM
人気ブログランキング くつろぐ ブログ王
■ Mobile
qrcode
島津製作所と東北大、呼気でコロナ検査 実用化目指す
島津製作所東北大学は16日、新型コロナウイルス感染有無などを呼気から判定できる技術開発したと発表した。
呼気に含まれる成分を約5分で採取し、島津分析装置解析する
から検体を採取する方法比べ患者ストレス少なく結果得るまでに約1時間済む
臨床研究進め早期実用目指す
島津と東北大は呼気に含まれる微粒子エアロゾル」を採取するデバイス使い質量分析計呼ばれる精密な分析装置で解析する。
新型コロナの感染の有無を判定するほか、ウイルスのたんぱく質なども分析でき重症リスクの感染の感染有無も判定できるという
今後、島津と東北大は臨床研究を進めて早期に医療機器としての申請を目指す。
ただ共同研究を進める東北大の赤池孝章教授は実用化の時期について「まだ一般な技術として普及するのは時間がかかる」としている
島津は分析機器大手
新型コロナの発生以降、感染症対策プロジェクト立ち上げて新型コロナ向けの新技術開発に注力している。…(日経新聞 https://www.nikkei.com/article/DGXMZO65109180W0A011C2000000/)

患者の負担少なく、短時間で、重症化リスクまでわかるとは凄く画期的。
是非、早期の実用化をお願いします!
| 愛アース | 科学技術 | comments(0) | - | pookmark |
4 7 10 13 16 19 22 25 28 31 34 37 40 43 46 49 52 55 58 61 64 67 70 73 76 79 82 85 88 91 94 97 100 103 106 109 112 115 118 121 124 127 130 133 136 139 142 145 148 151 154 157 160 163 166 169 172 175 178 181 184 187 190 193 196 199 202 205 208 211 214 217 220 223 226 229 232 235 238 241 244 247 250 253 256 259 262 265 268 271 274