スポンサードリンク
無料ブログ作成サービス JUGEM
人気ブログランキング くつろぐ ブログ王
■ Mobile
qrcode
生活習慣の改善などが認知症予防に繋がる可能性
…認知症の3件に1件は、生活習慣など生涯を通じて脳の健康のために意識的に行動することで予防できる――。英医学誌ランセットにこのほど掲載された研究が指摘した。
研究では、低学歴や聴力の低下喫煙運動不足リスク要因として挙げいる
研究結果今月ロンドン開かれている国際アルツハイマー会議AAIC)で発表された。
2050年には世界中で認知患者が1億3100万人に達する可能ある
現在は4700万人が認知だと推計されている
論文の筆頭著者務めたユニバーシティー・コレッジ・ロンドンのジルリビングストン教授は、「認知人生後半診断れるものだが、異変通常年もから始まっいる」と話す
すぐ行動すれば、認知患者家族生活大きく改善できるし、それ社会全体将来変えることなる世界各地専門24人による研究基づいてまとめられ今回論文は、認知症の予防には生活スタイル大きく影響する指摘している
研究では、人生過程使うことによって蓄えられる認知予備」が、損傷した時にも、いかに機能維持するのに貢献するかを調べた。
中等教育修了しないのは大きなリスクで、論文著者たちは、大人なっても学び続けれの「予備」を増やせる可能高い述べいる
また、中年聴力低下すると、周囲から通常受け取るたくさん情報られなくなり社会にも孤立し、うつなる可能高まる
これも認知リスク要因としては予防可能だという
研究もう一つの大きな指摘は、心臓良いことにも良いというだ。
禁煙運動健康体重の維持、高血圧糖尿治療全て血管病気がんだけでなく、認知症のリスク低下にもつながる
研究たちは、食事アルコール摂取認知及ぼす影響については十分データ反映させられなかったとしつつも、両方とも重要要素なり得る述べた。
アルツハイマー協会研究責任者、ダグ・ブラウン博士は、「回避不可能というわけではないが、認知症は21世紀最大死因なる勢いだ。我々全員がリスクを認識し、生活スタイルを改善し始める必要がある」と語った。…(Yahoo!ニュース https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20170720-40664963-bbc-int)

>低学歴や聴力の低下、喫煙や運動不足を主なリスク要因として挙げている
→ふーん、やはり学歴が関係あるのか。

>人生の過程で頭を使うことによって蓄えられる「認知的予備力」が、脳が損傷した時にも、いかに機能を維持するのに貢献するかを調べた。
中等教育を修了しないのは大きなリスクで、論文の著者たちは、大人になっても学び続ければ脳の「予備力」を増やせる可能性が高いと述べている
→大人になっても学び続けることは認知症予防の観点からも良さそう。

聴力も・・耳の遠いお年寄りも多いからね。

できることならば、かかりたくない病気だね。(罹りたい病気なんてないか)
| 愛アース | 科学技術 | comments(0) | trackbacks(0) | pookmark |
4 7 10 13 16 19 22 25 28 31 34 37 40 43 46 49 52 55 58 61 64 67 70 73 76 79 82 85 88 91 94 97 100 103 106 109 112 115 118 121 124 127 130 133 136 139 142 145 148 151 154 157 160 163 166 169 172 175 178 181 184 187 190 193 196 199 202 205 208 211 214 217 220 223 226 229 232 235 238 241 244 247 250 253 256 259 262 265 268 271 274