スポンサードリンク
無料ブログ作成サービス JUGEM
人気ブログランキング くつろぐ ブログ王
■ Mobile
qrcode
月から流出する炭素、初観測
大阪大などの研究チームは、探査かぐや」の観測で、月の表面全体から宇宙空間流出する炭素捉えたと発表した。
月には炭素はほとんど存在しないと考えられてきたが、成果は月の誕生過程見直しつながる可能もある。
論文は7日、科学サイエンス・アドバンシズ掲載れる
月の起源は、原始地球火星サイズ天体衝突し、現在の地球と月が誕生したとする「巨大衝突」が有力。
月は衝突時に高温なっため、炭素のよう揮発性物質は蒸発し、ほとんど存在しないと考えられてきた。
大阪大の横田勝一郎教授らは、日本の月周回探査機「かぐや」が搭載していたプラズマ観測装置データ解析
月の表面全体から炭素イオンが流出していること分かった。
流出場所によって異なり高地よりも「」と呼ばれる過去火山活動噴き溶岩固まっ部分多かった。
シミュレーションの発達により、どのような巨大衝突で現在の地球や月が誕生するかの研究が進められている。…(gooニュース https://news.goo.ne.jp/article/jiji/nation/jiji-200507X469.html)

というか、地球上でこれほどまでに豊富な炭素が月には殆ど存在しないと考えられていたことが意外だった。
「かぐや」の成果ですね。
| 愛アース | 科学技術 | comments(0) | - | pookmark |
4 7 10 13 16 19 22 25 28 31 34 37 40 43 46 49 52 55 58 61 64 67 70 73 76 79 82 85 88 91 94 97 100 103 106 109 112 115 118 121 124 127 130 133 136 139 142 145 148 151 154 157 160 163 166 169 172 175 178 181 184 187 190 193 196 199 202 205 208 211 214 217 220 223 226 229 232 235 238 241 244 247 250 253 256 259 262 265 268 271 274