スポンサードリンク
無料ブログ作成サービス JUGEM
人気ブログランキング くつろぐ ブログ王
■ Mobile
qrcode
ウェアラブル脳スキャナー、神経疾患治療に大変革か
英国科学らが21日、頭部装着可能次世代スキャン機器開発したとの研究論文発表した。
新たに開発された機器は、ヘルメットようかぶることでき、脳スキャンを実行でも患者自由動けるため子ども高齢者の神経疾患治療に大変革もたらす可能あるいう
うなずきストレッチといった自然動作さらにラケットピンポン打つといった動き最中でも、患者の脳活動調査初めて可能にしたこの技術について、科学者らは大きな期待寄せいる
現在の「脳磁図MEG)」と呼ばれる脳スキャン技術では、脳の磁場測定するために用いられるセンサー絶対近いマイナス269度の超低温維持する必要があるため、大がかり冷却技術が不可欠なる
装置重量通常500キロ前後及び、患者は生成される脳画像乱れないように完全静止した状態保たなくてはならない。
幼児パーキンソンなどの運動性疾患のある人の場合では、の静止状態を長時間保つことが難しく、患者の脳スキャンをMEGで行うことには困難伴うことが多い
ロンドン大学ユニバーシティーカレッジUCL)と英ノッティンガム大学(UniversityofNottingham)の研究チームが開発した最新の脳スキャン機器は、最先端の「量子」脳センサーを用いることで冷却を不要にした。
これは脳走査技術における2つの大きな飛躍示している。
一つは、頭皮表面直接装着できることだ。従来よりはるかに脳の近くスキャナー(測定)を接近せることができるので、られる脳信号増える」と、ノッティンガムマシュー・ブルックスMatthewBrookes教授説明する。
そして「もう一つは、非常軽いことだ。これによりスキャナーを頭皮の表面に置くことができる被験者はスキャン実行中に頭を動かすことができる」と続けた。…(AFP http://www.afpbb.com/articles/-/3168309)

同分野の研究の進展に大きく貢献しそう。
| 愛アース | 科学技術 | comments(0) | trackbacks(0) | pookmark |
4 7 10 13 16 19 22 25 28 31 34 37 40 43 46 49 52 55 58 61 64 67 70 73 76 79 82 85 88 91 94 97 100 103 106 109 112 115 118 121 124 127 130 133 136 139 142 145 148 151 154 157 160 163 166 169 172 175 178 181 184 187 190 193 196 199 202 205 208 211 214 217 220 223 226 229 232 235 238 241 244 247 250 253 256 259 262 265 268 271 274