スポンサードリンク
無料ブログ作成サービス JUGEM
人気ブログランキング くつろぐ ブログ王
■ Mobile
qrcode
JAXA、ISSから超小型衛星を放出する事業を三井物産など2社に開放
宇宙航空研究開発機構JAXA)は29日、国際宇宙ステーションISS)から超小型衛星放出する事業三井物産と宇宙利用ベンチャースペースBD(東京中央)に開放すると発表した。
超小型衛星はインフラ監視通信向け世界需要広がり年間約300投入されている
衛星を載せ打ち上げるロケットビジネスへの国内外企業参入相次ぐなか、宇宙空間にもビジネスの舞台広がってきた。
宇宙飛行若田光一JAXA理事は「民間ならでは発想独自のビジネスにつなげもらいたい」と語った。
超小型衛星はさが100キログラム以下で、1トン超える従来の衛星よりはるか小さい
カメラ民生部品進化し、億円かかっ製作も数億円で済む
JAXA国産ロケットで打ち上げる以外に、2012年から日本の無人輸送こうとり」や米国の無人輸送機に積んでISSに届け、日本の宇宙実験「きぼう」の装置で宇宙空間に送り出している。
きぼうからは、フィリピンブラジルといった国々国内大学地球観測など向けに作った28基を投入してきた。
今後は、JAXAが有償で放出してきた事業を2のビジネスに委ねる
JAXAは輸送や宇宙での作業には関わるものの、放出事業は国際協力目的などに限る方針だ。…(日経新聞 https://www.nikkei.com/article/DGXMZO31099390Z20C18A5000000/)

日本の宇宙開発事業にも民営化の流れと言う事か。
有益で夢があることだけど、事業の採算制ではどうなのかな。


| 愛アース | 科学技術 | comments(0) | trackbacks(0) | pookmark |
4 7 10 13 16 19 22 25 28 31 34 37 40 43 46 49 52 55 58 61 64 67 70 73 76 79 82 85 88 91 94 97 100 103 106 109 112 115 118 121 124 127 130 133 136 139 142 145 148 151 154 157 160 163 166 169 172 175 178 181 184 187 190 193 196 199 202 205 208 211 214 217 220 223 226 229 232 235 238 241 244 247 250 253 256 259 262 265 268 271 274